スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんきょー

身内対戦会に向けてシングルをいろいろ準備している。

今回はテーマバトルだから身内メタを読むのが簡単だけど、問題は自分だけ構築の中身を完全に知られているという所だろうか。プラスマイナスで考えるとどう見てもマイナスだね。

今日はいろいろ考えながら、ソーナンスって強いくせにやたら環境に採用率が左右されるポケモンだなぁと思った。
多分採用されるところではそれなりに採用率が高くて、採用されないところだと全然採用されないと思う。

そのくせ、いるかいないかで技構成に大きく影響してくる。
ソーナンスとかトドがいないなら、ギャラドスに「ちょうはつ」とか入れないし。

(一応当たり前だけど書くと、ギャラドスの「ちょうはつ」も何となく入れるもんじゃなくて、仮想敵がちゃんとあります。)

ソーナンスは今のゲー研だとそんなに採用率が高くないけど、対策を手抜きするのが憚られるポケモン。

ソーナンスの採用率が極端に高いと、ヘラクロスの採用率は更に高いはずだから、時代を何週もしてハピナスに『きれいなぬけがら』持たせてハピグラループが有効かもしれない。
そんな環境と戦った事ないから超妄想だけど。

そんなわけでボーマンダとガブリアスの説明に、「環境によってはソーナンス対策重視で「どくどく」がありえる」みたいに一応付け加えといた。

てか、一撃技がない全ポケモンに、「環境によってはソーナンス対策で「どくどく」がありえる」って書いてもいい気がしてきた。

実際、『スカーフ』マンダは「どくどく」をソーナンス「アンコール」から交代で出てきたヘラクロスに当ててもリカバーが効くと思うと、ヘラナンス丸々対策で来て面白いかも。

問題はそんな環境がどの程度有り得るかってことか。環境によっては有り得るって書くと、何書いても嘘になりづらくて便利。

待てよ、ソーナンスって、

ソーナンスが流行る→きれいなぬけがらが流行る→ソーナンスがいなくなる→きれいなぬけがらがなくなる→ソーナンスが流行る

をキレイに循環したりするかな?
俺次の構築だとメタグロスに『きれいなぬけがら』を本気で持たせるつもりだったし。

ちょうど去年の夏コミであんぐらのカブさんにソーナンスについて聞いたけど、そのときはソーナンスの評価高くないって言われた覚えがあるし、評価も採用率もめまぐるしく移りそうなポケモンだ。

テーマ : ポケットモンスタープラチナ - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。