スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構築

ラストチャレンジはスタンパで行く事だけは決めて、どんなスタンパにするかを考えていた。

で、面倒くさいからロマンパベースにすることだけ確定。
理由は思考放棄。

採用する面子の決め方は、

カビゴン
メタグロス

を確定として、

ギャラドス
サンダー
ラティオス
クレセリア

から二体選ぶ事に。

今回はギャラドスとクレセリアを、メタにはったものからの都合上採用。

クレセリアはこの構成だと最も一般的な「いばる」「でんじは」クレセリア

で、

メタグロス@ラム
コメット
バレット
じしん
まもる

クレセリア@たべのこし
サイコキネシス
でんじは
いばる

ここまでは決まったけど、クレセの最後の技に悩んだ。「まもる」は必要とはとても思えないので。

今回は、

ドーブル
ヨノワール
メタグロス
カビゴン

の封印爆破パとかも強いメタ中心と思っていたので、クレセリアの最後の技は「リフレクター」。

こうすると、相手のカビゴンの「じばく」とかメタグロスの「だいばくはつ」で、クレセリアの体力は半分程度しか減らない。


てか、味方のカビゴンの「じばく」を見事に余裕を持って耐えてくれた。
さすが乱数解析利用の5Vクレセリアだ、なんともないぜ。


メタグロスとクレセリアの努力値調整は普通。

メタグロスはこうげき178近辺確保。耐久を目安まで上げる。残りすばやさ。
クレセリアはHP252、すばやさを目安まで確保。残りぼうぎょ。


残りのカビゴンはもっと普通。

ギャラドスはこの構築だと『きあいのタスキ』を持たせられたので、こうげきとすばやさに努力値をたくさん裂けた。

使い方。

クレセリアは放置しやすいので、メタグロスの「まもる」が大切。
メタグロスが相手二体を倒すぐらいのつもりじゃないと、上手く回せない。

これを本当の意味で理解したのが、最後の試合中だった。
やっぱ、もっと実戦積んでないとだめか。


弱点。

ルンパッパとかが『ラムのみ』を持って、麻痺対策してこられると困る。

相手の初手ウインディが明らかにきつい。控えに「おにび」を受けられる奴がいない。予選で当たったけどなんとか勝ててよかった。

他に「みがわり」に致命的に弱い。サンダーが減少傾向にあると読んでギャラドスにしたが、実際はサンダーが多くて苦労した。

助かったのが、相手のキングドラが全員「まもる」持ちだったこと。
キングドラは「まもる」<<<<<「みがわり」だと思っていたので、これは本当に助かった。

予選はともかく、決勝だと「みがわり」持ちポケモンが増えてくると予想していたので、運が悪くなくてもどうせどこかで辛い立ち回りを強いられて負けた気がする。


見せ合いなしだと、ギャラドスをラティオスに変えるぐらいしかまっとうな対策はない。

実際にもギャラドスよりラティオスの方がいい場面が多かった気がしないでもない。

ただ、ギャラドスをラティオスに変えると霰パとメタグロスに弱くなることには注意。

「リフレクター」があるとカビゴンがグロスから全然食らわなかったので、ラティオスでよかったのかなぁ。

実際の予選では、初手ウインディ+後発に「みがわり」サンダーな人と戦って、超苦労した。よく勝てたな……

要するに、これは対策しやすい構築です。一昔前の構築と言っても過言ではないので、これから出る人はこれぐらいの構築にはきちんと対応できるようにしましょう。

テーマ : ポケットモンスタープラチナ - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

@

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。