スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妥協ライン

どこらへんからポケモンの個体値吟味を妥協するか、昨日話題に出ました。

自分の基準では

必要な個体値が6つ中5のときは

最低ライン・・・必要平均個体値26

目標ライン・・・必要平均個体値28

って感じです。この前のヒードランとかは、必要平均が26だったから、本当に妥協ラインのギリギリ。

めざめるパワー吟味とかが必要だったら、もうちょっと妥協ラインを緩めるとは思いますが、それでも26未満のポケモンは多分使わないでしょう。

個体値が6つ中6つ必要な場合でも同様です。今使ってるユキノオーの個体値は

26-31-24-31-31-31

ですね。


これが、時間のあるときの妥協ラインで、時間がないときは最速だったら即妥協したりします。

前の駒祭で、とくぼうの個体値が3のヘラクロスとかも使ったことありますしww
ダブル用のクロバットとか、1年以上愛用しているくせに、最速であるということ以外一切個体値を調べていません。

こうしてみると、如何に初期の頃に個体値にいい加減だったかよく分かります。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

@

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。