スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガブリアス育成論[シングル]

ガブリアスのシングル用育成論 ルール

シングル6to3、Lv50
ねむり一体制限
アイテム、ポケモン被り禁止

・HGSS使用アリアリシングル
・HGSS使用Lv50以下戦+ラティオス禁止
・バトレボ使用アリアリシングル
・バトレボ使用Lv50以下戦+ラティオス禁止

の4つのルールのうち、どれを想定しているかはあえてぼかして書くが、強調する必要があるときは強調する事にする。



【基本解説】

破壊力のみに注目したら、DS版以降の環境で常に最強の座を守っている。

主力技の「げきりん」が半減しにくい上に、タイプ一致「じしん」で鋼タイプの弱点もつけるために、非常にとめにくいのである。

鋼でかつ地面無効のエアームドやドータクンでさえも、交代際に「つるぎのまい」を打たれると、「ほのおのキバ」で二確圏内になってしまう。

かといって、ドラゴンが等倍では安全に受けることは困難。防御特化スイクンでさえも『こだわりハチマキ』「げきりん」で高確率で二発で落ちる。

攻撃範囲が広い上に「つるぎのまい」まで持っているので、破壊力についてはずば抜けているのである。

加えて何故か耐久もおかしい。

HP種族値はスイクンどころかルギアより高く、防御種族値はラグラージより高い。
更に、特殊耐久はミロカロスの「れいとうビーム」を中乱数にする程度にはある。

そして一番狂ってるのはその素早さ。素早さ100族をあざ笑うかのような種族値102。こいつのせいで素早さ種族値100以下のポケモンの出番が減り、種族値105以上のポケモンの需要が増したといっても過言ではない。

【特徴】

こうげき
「げきりん」は[ようき]の全振りでも、無振りスターミーでさえ低乱数。ほぼ倒せないと思ってよい。

ぼうぎょ
無振りならメタグロスの『メタルコート』「コメット」「バレット」で中乱数以上で落ちる。

とくぼう
ミロカロスの「れいとうビーム」で中乱数で落ちる


メタグロスの『メタルコート』「コメット」「バレット」なんて超威力のものを持ち出される時点で、化け物だけど……
「れいとうビーム」が高乱数ですらないっていうのも恐ろしい。

だけど、決して全てのこうげきを耐えて、並程度の相手を一撃で倒すこうげきがあるわけではないということだ。

ガブリアスを使う上では、「げきりん」は一発ではたいした威力がないことなどはしっかり認識しよう。

中乱数程度なら調整すれば確定に変えることが出来るので、自分で調べてみていろいろ試す事をオススメする。

また、ボーマンダに比べるとかなり攻撃よりのポケモンである。ボーマンダで調整する場合は{いかく}を生かした受けに出しやすい調整をすることがしばしばだが、ガブリアスはとにかく攻めに重点が置かれたポケモンだ。

そのため、調整するにしてもボーマンダなどとは違い、ガブリアスが攻めやすくなるための調整などを考えていく事になる。



【育成方針】

ガブリアスは基本的に素早さに+補正をつけて最速にすべき。そうでないなら、ガブリアスを使う意味がないと言ってもいいほどだ。『こだわりスカーフ』でも同様。

ガブリアスは種族値100以下のポケモンに先手をとれることが強みで、『こだわりスカーフ』の場合はなおさらだ。
もしガブリアスが『こだわりスカーフ』持ちで[ようき]最速なら、相手が『こだわりスカーフ』を持っていても種族値100以下には必ず先手がとれるので、かなり安心して動ける。
逆に、[いじっぱり]にでもしようものなら、相手に抜かれる可能性が出てきてビクビクしながら動く羽目になる。

ガブリアスは攻めに関連した努力値配分を意識すべきだとは言っているが、それは単にこうげきを上げろといっているのではない。
すばやさを上げる事の方がガブリアスの攻めの観点から言うと重要度が高いのだ。



【技】

1゜とても大事な技

・「げきりん」

必須技に近い。半減しづらく威力の高い強力な技.。

こうげき165近辺:ずぶといハピナス程度のポケモンを二確
こうげき170 メタグロスの『メタルコート』「コメット」「バレット」耐えを二確
こうげき182(最大):耐久をおさえたミロカロスを二確

・「りゅうせいぐん」

タスキ持ち、スカーフ持ちではなるべく持たせたい。とくこうを上げてラティオスやガブリアスを一撃で倒せるようにするとかなり使いやすくなる。

徐々に使用率が上がってきた技であり、かなりとくこうに努力値を割いてこの技を持たしている人も多いということは知っておくといい。

持たせた場合のとくこうは、

100 無補正無振り
108 無振りボーマンダ一確
109 むじゃきガブリアス一確
122 無振りガブリアス一確
127 無振りラティオス一確
132 全振り

が目安。109か126辺りにして使うといい。108の場合だが、ボーマンダが耐久に振ってると耐えられる事があることは注意。
ボーマンダが振っている場合まで考慮してとくこうを上げるなら、いっそのことラティオスを倒せる127近辺まで上げる方がいいだろう。

「げきりん」より「ドラゴンダイブ」より気軽に打てる技なので、C252振りして持たせてより打ちやすくするのもあり。


・「じしん」

抜いているガブリアスは極めて稀。メタグロスとバンギラスに大ダメージを与えられる素晴らしい技。

こうげき164:HP252メタグロスを『シュカのみ』こみで二確=『こだわりハチマキ』で一確

が持たせた場合の大事な目安

・「つるぎのまい」

補助技であるが、重要性から敢えてこの位置で紹介させていただく。

迂闊に「げきりん」や「じしん」読みで交換するとこれをされる。無償で使われたら目も当てられない結果が生まれるだろう。

ガブリアスは「つるぎのまい」で受けループを突破することが期待されることも多い。というか、役割があまり多くないガブリアスの貴重な役割ともいえる。

だが、「りゅうせいぐん」を持たせてこうげきを下げた場合は意義が減るので、「どくどく」などに変えたほうがいいこともある。


2゜大事な技技



・「みがわり」

いろいろ便利。砂嵐状態だと極悪。
タスキやスカーフ持ちの使い勝手がいいため、そこまで所有率が高いわけではないが、『ひかりのこな』や『いのちのたま』と併用されると大変。


・「ほのおのきば」

「つるぎのまい」をするとドータクンなども突破できるようになるので、「つるぎのまい」持ちの場合は入れたい。
『こだわりハチマキ』持ちの場合も、ドータクンに与えるダメージが「だいもんじ」より高くなるので、入れる価値が出てくる。エアームドには大してきかないので、エアームド用の「だいもんじ」とドータクン用の「ほのおのきば」のように『こだわりハチマキ』持ちの場合は選択の余地が出てくる。
とはいえ、現環境でどちらが多いかは明らかなので、命中率も考えて『ハチマキ』の場合はこちらが選ばれる事が多いか。

なお、ドラゴン技+炎技で種族値600以上の伝説禁止ルールでは、全てのポケモンに等倍ダメージがとれる。二タイプでこれが出来るのは他にゴースト+格闘だけである。


・「だいもんじ」

鋼対策。ハッサムが流行っているなら入れる価値は高くなる。
また、とくこうを上げたガブリアスの場合、メタグロスにも打ちやすいわざとなる。

とくこうに振った場合は優先度がかなり上がる。

・「どくどく」……ソーナンス対策。ガブリアス自体そこまでソーナンスに弱いわけではないが、ソーナンスに安定行動があるのは嬉しい。
特にスカーフ持ちではソーナンスとかちあったときのために、入れざるを得ないときがあるかもしれない。

またこうげきを下げたガブリアスには、「つるぎのまい」より有効なこともそれなりにある。

「じしん」読みでグライオンなどが来そうなタイミングで使えたりもするが、ドラゴン技半減の鋼タイプに効果がないので、こうげきに振った場合は「つるぎのまい」で十分。



3゜その他の技


・「ドラゴンクロー」「ドラゴンダイブ」

小回りが利くことを重視するなら「りゅうせいぐん」の方が使いやすいので、採用するなら『いのちのたま』『こだわりハチマキ』持ちのようにこうげきを高くしたいアイテムを持っているときにしたい。

・「ストーンエッジ」

2倍でも等倍「げきりん」とダメージはあまり変わらない。
「げきりん」より動きやすいことがメリットだろう。
入れても悪いわけではない。

・「ねごと」

技スペースが余るこだわり系だと、とりあえず入れてもよい。十分役に立つ

・「なみのり」

カバルドンやグライオンが嫌いならどうぞ。
こうげき165程度にした二刀流スカーフだと、HP252グライオンが高乱数二発になるので、一応選択する価値はある。

てか、相手の二刀流ガブリアスが「なみのり」で役割破壊してきたら、もうその試合負けでもいい(_

・「めざめるパワー電気」

ギャラドスピンポイント。が、必要ない。『ソクノのみ』を持たれていると無理。

・「つばめがえし」

ヘラクロスピンポイント。
スカーフ型に採用されることがある。

【育成】

ガブリアスの努力値配分は、アイテムに大きく依存する。
アイテムに分けて、方針と例を載せていこう。

1゜『きあいのタスキ』or『ヤチェのみ』の場合

【育成例】

『きあいのタスキ』か『ヤチェのみ』を持たせて、

[ようき]
AS252

げきりん
じしん
ほのおのきば
つるぎのまい

正直これで十分。個体値が足りなくていろいろ調整できそうもないなら、これを使うのでよい。耐久を抑えたミロカロスを「つるぎのまい」「げきりん」で一発で倒せるので、この型の場合はこうげきを大きく落とす必要はない。

タスキの場合で調整するのなら、

むじゃき@タスキ
S252
とくこう109、126
残りこうげき

げきりん
りゅうせいぐん
じしん
つるぎのまいorだいもんじorどくどく

辺りがよくある調整。こうげきを下げた場合は「つるぎのまい」より「どくどく」を選ぶといい。


こうげき最大では、エアームドも「つるぎのまい」「ほのおのきば」で二確圏内。
さらに、物理耐久をおさえて素早さに回したミロカロスが「つるぎのまい」「げきりん」で一確圏内に入る。

とはいえ、A252する必要がそこまで高いわけではないので、『ヤチェのみ』持ちの場合は環境によってはAに振る分をぼうぎょに回して、
メタグロスの『メタルコート』「コメット」「バレット」耐え

まではやる価値が十分にある。

また、実はそのままで『こだわりメガネ』スターミーの「れいとうビーム」は半減しても最低乱数で倒れる。

こうげきから少し努力値を回して、この程度は確定で耐えるように振ってもよい。

『きあいのタスキ』と『ヤチェのみ』のどちらがいいかだが、ユキノオーと同時採用したりユキノオーが極端に流行っているのであれば『ヤチェのみ』の方がいいことがしばしばだろう。

ユキノオーと同時に使うと、岩技読みでガブリアスを出したいときが多いので、天候ダメージ以外の面でも『きあいのタスキ』は相性が悪い。

逆にそれ以外はタスキの方がオススメ。タスキの方がいい場合が殆どだろう。
ドラゴンは非常に採用率が高いので、ミラーマッチ対策+ドラゴン対策になる『タスキ』は非常に有効なのである。

特にバンギラスが使えるルールでは、タスキは非常に有効。
なぜなら、タスキを持っていると一撃は耐えるから本来一発で落とされるライコウなどに果敢に攻める事がある。
それは攻撃を受けても問題ないから攻めるのだが、何戦に一回はそうやって無理矢理攻撃しているガブリアスが攻撃を避けてくれる。

そうやってたまたまよけた一回が響いて勝利に繋がりやすいので、タスキとすながくれの両立は強いのである。
そもそもガブリアスに二発攻撃が当たるの確率は64%しかない。
ガブリアスを捨ててバンギラスを死に出しして、最後に読み合いに持ち込めば勝てるという場面で、たまたま避けて読み合いに持ち込むことなく勝てるケースになるのも有難い。

そして、バンギラスが増えるとガブリアスが相手にも増えるので、結局ミラーマッチにも強いタスキのよさが益々光ってくる。

タスキと「りゅうせいぐん」を両方持たせたガブリアスは、バンギラスが流行っている環境でのテンプレガブリアスと言える。


2゜『こだわりスカーフ』

こうげきは170を確保するかしないか、またシュカ持ちメタグロスを二確する164近辺を確保するかで考え方が大きく異なる。
ここではシュカグロスを意識して164近辺をこうげきの最低ラインとして強く意識する。

こうげき170はかなりマニアックなのだが、どういう調整か分かるだろうか?

意味は、メタグロスの『メタルコート』「コメット」「バレット」耐え調整したガブリアスを一確するラインだ。

ガブリアスの物理耐久は調整したとしてもせいぜいその程度なので、170あれば大体のガブリアスは倒せる。

他にここでオススメしたいのが、「りゅうせいぐん」を持たせた無振りボーマンダ一確調整である。
スカーフボーマンダはガブリアスの「げきりん」を耐える調整をしていることが多いのだが、それを一確出来ることはとても大きなメリットである。

以上の調整を意識した残りの配分だが、方針は大まかに言うと

・全部火力
・耐久に振る

の二択である。

火力に振って「りゅうせいぐん」でガブリアスを一撃で倒してもいいし、耐久に振ってもいい。

ガブリアスで耐久……?と思う人もいるかもしれないが、スカーフガブリアスは非常に耐久振りと相性がいい。

例えば、ライコウやサンダースに後出しすることを考えるときに、保険として「めざめるパワー氷」耐え調整をして、読み外したときのリスクを小さくする。
ヘラクロスのハチマキインファイト耐え調整をして、「ストーンエッジ」が来なかったときのリスクを小さくするというものである。

ガブリアスと言えば交代で出しにくいイメージを持つ人が多いだろうが、耐久に振ったスカーフガブリアスは大胆に交換で出すことが可能になるのだ。

【育成例】

[むじゃき]or[せっかち]

こうげき170 努力値156
とくこう109 努力値68
すばやさ169 努力値252

げきりん
じしん
りゅうせいぐん
だいもんじ


[むじゃき]か[せっかち]かは要するにメタグロスとミロカロスどっちを警戒するかなので、適当に選ばれたし。

[ようき]、こうげき170調整で余りをとくぼう全振りにすると、ハピナスなどの「れいとうビーム」耐えが出来ることも魅力的なので、環境を自分で判断する事をオススメする。

以上が2008/11に自分が使っていたスカーフ「りゅうせいぐん」ガブリアスなのだが、時代は流れ現在では以下のような調整で使いたいと思っている。

以下のステータスは乱数調整が前提。

(i)特殊耐久重視

せっかち@スカーフ
HP185
こうげき162
ぼうぎょ103
とくこう110
とくぼう115
すばやさ169

げきりん
りゅうせいぐん
じしん
どくどく

ライコウのめざパ氷耐え
「じしん」でH195ライコウ一確
「りゅうせいぐん」で少しHPに振ったマンダ一確
「どくどく」の仮想敵はソーナンスが一番。

上の配分だと努力値に無駄が皆無。
[せっかち]だからグロスの「コメット」「バレット」が痛いので、シュカグロス二確から少し落としてHP195ライコウ一確にしてある。
何故HP195かっていうと、耐久に振ってるライコウはHP=16n+3,2,1にしていること多いから、HP197まで想定しなくていいよね。ってこと。



「りゅうせいぐん」でガブリ倒すことと、シュカグロス二確を両立することを狙う。


むじゃき@スカーフ

こうげき161
とくこう122

火力に努力値256割いた調整。ガブリアスを「りゅうせいぐん」で一確をキープすることを一番の目標にしてある。

ラティオス一確まで割いて

こうげき156
とくこう127

までやるのもオススメ。





シュカグロス二確調整近辺より攻撃を上げる[せっかち]の配分を考えると、


HP185
こうげき170
ぼうぎょ103
とくこう108
とくぼう109
すばやさ169

マンダ一確レベルの特殊攻撃を耐える程度で十分だと割り切って、ライコウのめざパを確定で耐える事を切る。

その代わり、「げきりん」でヘラのハチマキインファイト耐えクラスのガブリアス一確を確保。

特殊耐久よりスカーフガブリの配分ならこれがいいかな。

ライコウ対策緩める=攻撃を高乱数で耐える程度で妥協する。って辺りが、対策を緩めても切っているわけではないってことに繋がって好き。




シュカグロス二確をキープするなら、物理耐久に振って後出ししやすくなるのを狙うのも有効。
ってことで改めて計算。

HP184
こうげき162
ぼうぎょ127
とくこう108
すばやさ169

ヘラのハチマキインファイト耐えしながら、なるべくこうげきが164に近くなるといいなぁ配分。


こうげき170にこだわるなら、

HP184
こうげき170
ぼうぎょ120
とくこう108
すばやさ169

いじっぱりヘラのハチマキインファイトは妥協して、ようきな場合耐える耐久+アルファぐらいで済ます。



3゜『こだわりハチマキ』の場合

こうげきは165程度で十分。

意味は、HP252メタグロスを「じしん」で一確するライン。
他には、特別にやりたいものはなく、165程度を確保したら耐久面に回していってよい。

物理耐久の目安は

・ヘラクロスの『こだわりハチマキ』「インファイト」確定耐え
・メタグロスの『メタルコート』「コメット」「バレット」耐え

特殊耐久の目安は

・ミロカロスの「れいとうビーム」耐え=無振りボーマンダ一確調整の攻撃耐え
・ハピナスの「れいとうビーム」耐え
・とくぼう124程度=無振りガブリアス一確の特殊攻撃を耐えることが多い。

仮想敵のとくこうは

無振りミロカロス 120
ずぶといC252ハピナス 127
ひかえめC252ハピナス 139

[ひかえめ]ハピナスなども警戒するなら、無振りミロカロス耐えより振らなくてはいけない。なお、余った努力値を全振りしても、[ひかえめ]ハピナスの「れいとうビーム」を確定で耐えるのは不可能。

メタグロスを一確調整してあるのでメタグロスの『メタルコート』「コメット」「バレット」耐えにこだわる必要はないが、

こうげき165調整して、すばやさ252振り、残りHP振り

とすると、器用にミロカロスの「れいとうビーム」耐え+メタグロスの『メタルコート』「コメット」「バレット」耐え

を両立してくれる。



こうげき164
ミロカロスの「れいとうビーム」耐え

の確保後は割と自由に考えてよいが、ここでは残りを全部とくぼうに振って、[ひかえめ]ハピナスの「れいとうビーム」も高乱数で耐えるようにすることをオススメする。

乱数解析を利用して6Vのガブリアスをとってあるなら、

HP183
こうげき164
とくぼう124
すばやさ169

というガブリアスが出来て、無振りガブリアス一確の特殊攻撃を大抵耐えてくれる。

最もオススメできる調整である。

が、相手のゴウカザルやサンダースも乱数解析の利用で31-30-30-31-31-31 めざぱ氷70が使用され始めているので、残念ながら強化アイテムを持たれていたら一撃で倒されることが多い。

【育成例】

[ようき]

ステータス
197-164-118-90-105-169
努力値
108-108-20-0-0-252 (計488)

げきりん
じしん
(ほのおのきばorだいもんじorねごとorストーンエッジorつばめがえしorドラゴンクロー)から二つ。

個体値が足りなかったら、まずぼうぎょを妥協する。
だが、こうげきは妥協したくないので、孵化を頑張ろう。



4゜『いのちのたま』


【育成例】


[ようき]

AS252

げきりん
じしん
みがわり
だいもんじorつるぎのまいorかえんほうしゃ

『いのちのたま』だと攻撃全振りでHP252メタグロスが「じしん」で高乱数一発。そのため、こうげき全振りの意義が大きいので全振りでよい。

この型は普通に使うのでは、何でもこなそうとして器用貧乏になってしまう。
カバルドンと一緒に入れて砂嵐状態で場に出してこその型である。

カバルドンならともかく、バンギラス使用可能ルールでバンギラスと一緒にやってくると、いろいろ腹がたって仕方のない型。

なお、「かえんほうしゃ」でもドータクンなどに十分なダメージが入るので、安定性重視の場合はそれでもよい。


5゜『ひかりのこな』


[ようき]
AS252
『ひかりのこな』

げきりん
じしん
みがわり
つるぎのまい

悪名高い砂パ専用ガブリアス。こうげきが外れるまで「みがわり」をして、外れたら「つるぎのまい」をして一気に攻める。
対策もしにくい型で非常に困る。

使うとしたら、PT全体でまひ撒き要員を多めにするとよい。
まひ状態の相手が、砂嵐状態のガブリアスにこうげきを当てられる確率は54%だ。

露骨な対策ではゲンガーやムウマージなどの「みちずれ」でよい。

普通の構築でもこの技構成で十分強いけど、『ひかりのこな』は砂パ以外ではオススメしない。

6゜『りゅうのプレート』

ミロカロスに的を絞って、ミロカロスの「れいとうビーム」耐え、すばやさ最速、残りこうげきとすると、「げきりん」二発分でミロカロスが大体倒せる。

ミロカロスに的を絞りつつ、器用さが欲しい場合は、『こだわりハチマキ』より優先される場合がある。
『こだわりハチマキ』との違いは、メタグロスを一撃で倒せるかどうかで、そこをどう捉えるかという問題だ。

【育成例】

[ようき]

努力値 

A180 実数値173
D76 実数値115
S252 


げきりん
じしん
つるぎのまい
ほのおのきばorみがわり


7゜この後特に触れないアイテム


『ハバンのみ』……『こだわりスカーフ』より使いにくいのでオススメしない。ラティ系禁止のルールでドラゴンの中で最速なガブリアスは、『こだわりスカーフ』を持たせると最速のドラゴンになれる。ドラゴン対策も他のポケモンの対策も出来るようになるので、こちらの方がオススメ。

ボーマンダのこうげきを耐えても、相手の『こだわりスカーフ』ボーマンダもどうせアイテムなしガブリアスの「げきりん」耐え調整している可能性が高いので、二発目をくらって倒れるだけだ。

ラティ系を解禁したところで、半減したラティオスの攻撃で死ぬのでますます必要ない。


【使い方】

とにかく強いが、使い方を頭に入れないと無駄死にする事が多いだろう。

まず、耐性の使い方が難しい。

でんきタイプに耐性があっても、対戦ででんき技を使ってくるポケモンは、サンダース、スターミーなどが主であり、交換でガブリアスを出すのがやや怖くもある。
特に、サンダースは「みがわり」という安定行動をとられるだけで無駄死にになりかねないし、スターミーは『こだわりメガネ』「サイコキネシス」二発でそもそも死ねる上、アイテムなしの「げきりん」は一発耐えられてしまう。

炎タイプへの耐性にしても、ゴウカザルに後出しは難しい。
岩技読みでヘラクロスなどに出すのも、「インファイト」をもらうと厳しい。

耐性の活かし方だが、『こだわりスカーフ』を持たせて

・ヘラクロスの『ハチマキ』「インファイト」耐え調整して、ヘラクロスに岩技読みで出していく
・サンダースなどの「めざめるパワー氷」耐え調整して電気技読みで出していく

といった使い方をするととても使いやすい。後出ししにくいといわれているガブリアスだが、ピンポイント読みで出しやすい耐性は持っているので、こだわりスカーフ+耐久調整ガブリアスはむしろ後出ししやすいのである。

耐久調整していないガブリアスの場合は、ガブリアスのじめんタイプはメタグロスの「かみなりパンチ」とバンギラスの「でんじは」「10まんボルト」への牽制で役立つ事が多くなる。
純電気タイプへもタスキガブリアスの無償降臨ということは勿論大きな牽制にもなる。

ガブリアスは一度有利な相手と対面したらそうそう止まらない能力を持っている。そのため、岩炎電気などの技が読めたらなるべく場に出せるような育成、構築をするのも大変有効である。


具体的な構築などにも触れると、かなり物理耐久に振って『こだわりスカーフ』を持たせてユキノオーと組むのも有効。
ユキノオーの弱点の岩炎を半減できるので、バンギラスvsユキノオーにされた場合は交換が安定する。
もっとも、相手から見てもガブリアスの交換が読みやすいので、試合を左右するぐらいの読み合いになることが多いが。


持ち物が『きあいのタスキ』でない場合は、ガブリアスが少しでも場に出しやすくなる工夫をしたい。

そういう工夫をしたら、ガブリアスのように後出ししやすいポケモンに『きあいのタスキ』を持たせるのは勿体無いとまで思うようになるかもしれない。

持ち物が『きあいのタスキ』の場合はとにかく使いやすく、活躍が期待される。タイマンで負けるポケモンはとても少ない。
特に砂嵐が吹いていたら適当に死に出しして暴れるだけでも十分に活躍してくれるだろう。

相手も同様なので、相手にバンギラスガブリアスがいた場合は、相手がガブリアスを出す前にこちらがバンギラスを出すことは避けるように注意する必要がある。


タスキにしろスカーフにしろ、ガブリアスは対策しないと本当に被害が大きいポケモンであるので、大抵のPTがガブリアス対策は十分に入れているだろう。

{いかく}こみで[ようき]ガブリアスの「げきりん」を耐える、[いじっぱり]ガブリアスより早い[おくびょう][ようき][むじゃき]スカーフボーマンダなどは、ガブリアスがいるからこそ誕生した型であるともいえる。

それに、スターミーやアグノム程度でも「げきりん」一撃で倒すことができないせいで、印象より大分火力は無い。

ガブリアスは強いことは強いが、普通に使って易々と活躍できる時代ではないことは認識しておこう。

さて、ガブリアスの主な使い方は

・『きあいのタスキ』で対処幅を広げて、一気に相手を崩す
・こだわりスカーフを持たせて、同族対決に強くする+耐久に振って後出ししやすくする
・強化アイテムを持たせて耐久調整の裏を書く
・その他

といった具合だ。現在はタスキかスカーフが特に人気である。
耐久調整の裏を書くとは、バンギラスのアイテムなしガブリアスの「じしん」耐え調整を崩すために『いのちのたま』を持たせるといった具合だ。

どんな使い方をしてもシングル最強クラスのポケモンであることは変わらないので、自分が好きな使い方をするとよい。変わったところだと、

・相手のドラゴン対策ポケモンをガブリアスが捨て身で突破して、その後に「りゅうのまい」ボーマンダを出して、活躍してもらう

のようなものもある。『こだわりハチマキ』ガブリアスがミロカロスを突破した後にボーマンダなどを出したら、相手はかなり困るだろう。

なお相方は正直なんでもいい。何と組んでも強い。バンギラスとは相性がいいが、相手のガブリアス強化にもなるので別にバンギラス必須と言うわけではない。
メタグロスが相性がいいとよく言われるが、どうせメタグロスはガブリアスと関係なしに採用率が高いので、なんともいえない。

プラチナ前は、

ガブリアス
メタグロス
ゲンガー

の三体をまず確定にしてから構築をはじめるのでよかったぐらいだ。現在もバトレボの環境ならそうである。

バトレボ用サンプルPT

ガブリアス@タスキ
げきりん
じしん
りゅうせいぐん
つるぎのまい

メタグロス@ラム
コメット
バレット
じしん
だいばくはつ

バンギラス@スカーフ
ストーンエッジ
かみくだく
だいもんじ
けたぐり


ゲンガー@いのちのたま
シャドーボール
きあいだま
さいみんじゅつ
だいばくはつ

ソーナンス@オボン
みちずれ
アンコール
ミラーコート
カウンター


ゴウカザル@シュカ
むじゃき
HP152
ぼうぎょ97
残りとくこう

インファイト
だいもんじ
めざパ氷
とんぼがえり

このサンプルは非常にテンプレートなものである。
この程度のパに勝てるかどうかでいろいろ判断するといい。



プラチナ時代サンプルパ


ガブリアス
メタグロス
カビゴン
ボーマンダ
サンダー
ヘラクロス


プラチナはフォルムチェンジロトムがつらいので、後だし出来るようにカビゴンか、「めいそう」持ちライコウのどちらかが欲しかったりする。
ヘラクロス受けにグライオンを入れると弱点が被る上に、フォルムチェンジロトムが余裕で降臨してくるので、余りオススメはしない。

適当に即席で作ったけど、サンダーに「めざめるパワー」がないとこのパはバランス悪すぎ。サンダーはもちろんある程度耐久を強化。

受けをあんまり用意したくない最近の自分らしい考えのパ。

HGSS用サンプルパ

ガブリアス@スカーフ
メタグロス@イバン
バンギラス@メガネ
スイクン@きれいなぬけがら
ギャラドス@ソクノ
ソーナンス@オボン

ちょっと変わったパを用意してみた。スイクンの型は育成論参照。
ガブリアスは物理耐久か特殊耐久にきちんと振って、交代で出しやすくしよう。物理耐久に振ってスイクンの「エッジ」読みで出すほうがオススメ。
スイクンにソーナンスを合わされたら、バンギラスかギャラドスに変えることで一気に畳み掛けたい。


【対策】


対策は難しい。ミロカロス程度ではお互いの型によってはタイマンスタートでも突破されることがある。

ガブリアスは「つるぎのまい」「ほのおのきば」でエアームドさえ二発で落とすので、どんな硬いポケモンも3回行動されたら死ぬと思ってよい。


そのため、大事なのは

・ガブリアスより遅いポケモンは『こだわりハチマキ』実数値こうげき182での攻撃を耐えるか確かめる
・ガブリアスより早いポケモンは、『こだわりスカーフ』対策で実数値こうげき182での攻撃を耐えるか確かめる
・「つるぎのまい」をされたときの後始末用に、ガブリアスより早いポケモンを複数用意する。ガブリアスより早いポケモンには、有効な攻撃手段をしっかり持たせる。

といったことである。これらを怠ると、相手のガブリアスの型によっては一気に抜かれかねない。しっかり意識して、手持ちにガブリアスに対して有利なポケモンがどの程度いるのか理解しておこう。

また、場合によってはどうしてもガブリアス相手に交換しなければいけないケースもあるだろう。
そういうときの受けは、相手の「げきりん」「じしん」のどちらかをピンポイントで読む必要があることは理解しよう。
ミロカロスのように、「げきりん」「じしん」両方等倍のポケモンは、タイマンでの対策にはなるが、それ以外の対策にはならない。まだ、ゲンガーを受けで出すほうがましなくらいだ。

また、「つるぎのまい」「みがわり」を考慮すると交代しないで捨てることが最善な事も多い。
ガブリアス相手は捨てることがベターという事が多くなるので、後続のタイマン性能をタスキやスカーフでカバーすることも大変大切である。

はっきりいって、ガブリアス相手に全く安全に行動することは不可能なのだ。

HGSS発売でオフ対戦でもバンギラスが解禁となり、バンギラスガブリアスのタッグの対策に困っている人も多いだろう。

ガブリアス相手は相手が行動しづらいように、はがねタイプや地面無効のポケモンをしっかり入れて、相手がどちらの技を打てばいいか迷わすことがまず基本である。そうでなかったら一気に抜かれかねない。
特に、はがねタイプのポケモンがいなかったらガブリアスが適当に「げきりん」を打っているだけで全抜きしかねないので注意。

それ以外の対策では、ハッサムを入れて、敢えてロトムなどを「げきりん」で倒させて、死に出しでハッサムを出す。その後、のんびりハッサムで「つるぎのまい」をするというやり方もある。
が、耐久を強化しておかないとそもそもガブリアスのアイテム付「げきりん」で倒されかねないことには注意。


相手のメタグロスなどを気にしないなら、

プテラ@たべのこし
ちょうはつ
どくどく
みがわり
まもる

も有効。砂嵐を利用する「みがわり」ガブリアスにも相性がよい。もっとも、メタグロスを呼びやすいので、メタグロスとガブリアスの両方に強いスイクンなどを後に入れておかないと、対策としては不十分である事は注意。

防御特化ギャラドスは、{いかく}をかけたら『こだわりハチマキ』「げきりん」を二発耐える事が出来る。ガブリアスの『こだわりハチマキ』「げきりん」を等倍で耐えるのはこいつぐらい。

なお、ガブリアスに『きあいのタスキ』を持たせるとかなり安定したガブリアス対策になるうえに、他にも汎用性が高い。


他にも、ユキノオー、マンムー、マニューラなどなどいろいろな対策ポケモンがある。
工夫すればガブリアス対策を仕込めるポケモンは多いので、自分で工夫をいろいろ考える事をオススメする。

一体のポケモンにガブリアス対策を任せるのは負担が大きすぎるので、なるべく多くのポケモンで対策を分担する事は意識しよう。

そうまでしてガブリアス対策を考えても、バンギラスと同時に採用された場合を考えると頭が痛くなってくる。

ユキノオーではバンギラスが怖くなってしまう。
ラティオスではどんな持ち物でもタスキガブリアスには勝てないし、メタグロスの「バレットパンチ」に任せるつもりでラティオスでタスキガブリアスに突っ込んでも、「りゅうせいぐん」の命中率は砂嵐中ならたった72%である。

相手にバンギラスとガブリアスを易々と使わせないために、ガブリアスとバンギラス両方に強いポケモンをしっかり採用する事も大切となってくる。

更にソーナンスまで相手が使っていると、もう大変。ガブリバンギナンスの三体が全部採用されているパは、現在のトップメタである。

対策を考えるともうかなりメタ気味な構築になってきて、汎用性のあるポケモンが中々いないことが現状だ。
特殊バンギラスまで考慮するとドータクンでも無理。

対策は例えば

ゴウカザル@シュカ
インファイト
だいもんじ
めざパ氷
とんぼがえり

HP152
ぼうぎょ97

とすると、ガブリバンギグロスナンスにタイマンで有利がつくポケモンとなる。
他にも

マンムー@タスキ
じしん
つぶて
エッジ
じわれ

は砂パ対策のテンプレである。

結局は個別の対策ではなく、全体の対策をしないといけないという話である。

テーマ : ポケットモンスタープラチナ - ジャンル : ゲーム

コメント

No title

とても参考になりました

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。