スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーマンダその13

【使い方】

ここまでの説明で使い方も説明してあるので、簡単にまとめると、役割が少ないことと、タイマンが意外と弱い事。
及び、役割を果たす前には倒れてはいけない事。

また、「げきりん」が追加されたが、ボーマンダにとってはかなりリスキーな技で、早めに調子に乗って使っていると、役割を果たす前に死ぬことが多いことは注意しよう。

耐久に振れば相手の攻撃を耐える機会も多く、行動回数を一回は確保できる事が多いので、『こだわりスカーフ』の場合は、その防御性能を十二分に生かすことを目標としよう。

耐久を高めていた場合でも、ガブリアスも「りゅうせいぐん」を持たせるなど、ボーマンダが強力であるがゆえに対策を練られている場合が多いことは意識して、常に警戒しておく方がよい。

「りゅうのまい」持ちの場合は、どのポケモン相手に「りゅうのまい」をするかの判断が大事。
「りゅうのまい」をする対象を選ばないと、完全に出す機会を失う事がありえる。

一番簡単なのは死に出しだ。

サンダースVS自分のギャラドス

という構図からギャラドスが倒されても、こちらの『ヤチェのみ』ボーマンダが「りゅうのまい」をする機会があると思えば悪くない。

「りゅうのまい」が出来る機会というのはそう多くは無いので、しっかりと想定しよう。
味方がミスをした場合でも、「りゅうのまい」ボーマンダを出せば保険が利く構築などが理想だが、難しい。

例:メタグロスVSガブリアスで、『こだわりハチマキ』「じしん」でメタグロスが倒れたけど、ボーマンダが出てくる。などなど。






【対策】

まず、「れいとうビーム」を持っているポケモンは、無振りボーマンダ一確調整のとくこう120近辺を確保しよう。
これは絶対だ。

ハピナスでとくこう無振り「れいとうビーム」持ちのような場合は、いっそ「ふぶき」を持たせてボーマンダを倒せるようにした方がましなぐらいだ。


ボーマンダは、使っている側からすると型が分かっているからタイマンがそこまで強くないが、型が分からない相手からするとタイマンの相手が非常に面倒くさい。

以前は「げきりん」がなかった為に、[ひかえめ]「りゅうせいぐん」を耐える調整をしたサンダースがいい対策になったのだが、「げきりん」の追加でそうもいかなくなった。

他にも、『オボンのみ』を持ったハピナスは交代で出しても安定した対策になっていたのだが、現在はそうもいかない。

純粋な一対一で勝てるポケモンは少なくないので、なるべくタイマンで有利なポケモンをあつめるといいだろう。
汎用性重視だと、

特殊スカーフ二刀流ガブリアス
『いのちのたま』ボーマンダの「だいもんじ」耐えメタグロス
ミロカロス
スイクン
ハピナス
カビゴン
「りゅうせいぐん」「げきりん」使用後のハッサム死に出し
『こだわりスカーフ』スターミー、アグノム
『きあいのタスキ』持ち全般
ユキノオー
マニューラ
マンムー

などがある。『こだわりスカーフ』スターミーもアグノムも「トリック」取得のお陰で中々面白い。

「りゅうのまい」が怖いなら、ユキノオーなど「こおりのつぶて」持ちで後始末が出来るようにするといいだろう。

テーマ : ポケットモンスタープラチナ - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

@

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。