スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーマンダその11

2゜「りゅうのまい」持ち

[サンプル]


[ようき]@『ヤチェのみ』

HP171
こうげき180
ぼうぎょ101
とくぼう114
すばやさ159

げきりん
じしん
だいもんじ
りゅうのまい



[解説]

二発でメタグロスを倒せないのは論外なので、「じしん」を持たせる場合はこうげき180近辺。

鋼がきても逃げなくてもいいように、「じしん」「だいもんじ」は両方欲しい。

すばやさが低いと、相手のスカーフボーマンダに「りゅうのまい」使用後に返り討ちにあう可能性があるので、できるだけ素早くしたい。

が、問題は特殊耐久を調整しないと、スターミーの攻撃を耐えない事である。

『ヤチェのみ』の場合の方針は、

素早さを強化重視
・こうげき180
とくぼう114
すばやさ159

耐久強化重視
・HP190
こうげき179
ぼうぎょ101
とくぼう103
すばやさ151

この二つの方針が基本方針となる。

もしくは、

[むじゃき]@『きあいのタスキ』

S最速
A180程度に調整
残りぼうぎょ

という方針がある。ボーマンダの特殊耐久はガブリアスと比べて寂しいものがあるので、特殊氷は半減しても痛いからと割り切って、物理耐久とすばやさを強化することを選ぶ方針である。
ガブリアスと違って、『ヤチェのみ』よりいいかもしれない。


持ち物が『ヤチェのみ』『きあいのタスキ』でない場合だが、特殊耐久調整をしないで、完全に攻撃重視でいくことになる。勝てる幅が狭くなるので注意。

『いのちのたま』は反動ダメージの問題で、ヘラクロス相手に自滅する可能性が高く、「りゅうのまい」を狙っても活躍できずに倒れる事が多いだろう。

『りゅうのプレート』なら悪くないかもしれないが、『ヤチェのみ』を持たせて、サンダース、ゴウカザルなどを起点に出来るようにする方が、「りゅうのまい」の場合はよいだろう。

一応、

[ようき]@『いのちのたま』

げきりん
だいもんじ
りゅうのまい
みがわり

のような型もあることはあるが、余りにも「りゅうのまい」を狙える機会が少ないのではないかと思う。

この場合は、グライオン相手に「ハサミギロチン」を一発避ける事を前提にボーマンダを出して、一気に崩すといった使い方になる。
「こおりのキバ」を持たれていると返り討ちにあうので、やはり怖いといえば怖いが……


サンダース、ゴウカザル相手は相手が逃げると決め打つ場合は、この限りではないが、かなり怖いことには変わりない。

テーマ : ポケットモンスタープラチナ - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

@

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。