スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユキノオー9

ユキノオーの立ち回りだが、ユキノオーは育成時点で役割を意識する事が多いので、育成のときに意識した事をしっかり全うできるかが鍵である。

そして、ハピナスなどの突破に「ぜったいれいど」を入れている場合も多いと思うが、外れる場合を常に想定したい。

ユキノオーの「ぜったいれいど」は確かに相手への圧迫感が大きいが、ユキノオーは外したときのデメリットがグライオンのそれよりはるかに大きいので、相手が交換してきた場合に、しっかり対処できるかはよく意識しよう。

相手の交換に上手く対処しにくい構築ならば、いっそのこと「やどりぎのたね」に変えて安定感を求めるのがいいだろう。

「やどりぎのたね」も、相手に「まもる」を読まれて交代されたりするとあまり効果がないので、読まれたときのリスクまで常に意識したい。
ユキノオーの扱いでもっとも注意すべきなのは、この部分であろう。

「ふぶき」は確かに強いが、ユキノオー自身の火力は高くないので、相手に対して手数で押していく戦い方の方が向いているかもしれない。
実は特攻を最大にした「ふぶき」でさえ、[おくびょう]ゲンガーが確定で耐えてしまう。霰こみでもやや低乱数だ。

『きあいのタスキ』を持たせて耐久力の低いポケモンへの対策を担わせたつもりが、「こおりのつぶて」がないせいで相手が生き残ったという事が大いにあるポケモンでもあるので、ゲンガー、アグノム、サンダースなどを相手にしたときに、どう倒すかは育成時点でしっかり想定しておきたい。


ユキノオーは交代で出す場面が想定しやすく、かつ交代せざるを得ないときも計りやすい。
読み負けると一気に不利になることさえ意識すれば、基本的には問題ないだろう。

が、使いながらすばやさや耐久、火力についてもっと振ればよかったと思うことが多いであろうポケモンだ。


とにかく使ってみて、自分で細かい調整などを考えていきたいポケモンである。

テーマ : ポケットモンスタープラチナ - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

@

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。