スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新歓用の原稿

ゲー研は大学のサークルなので、4月には新歓イベントがあります。
そこ用にポケモンの面白さを短く分かりやすく伝える原稿を載せたいんだけど、難しい。

僕からすると、ポケモン対戦は数学とかパズルの感覚で考えている。

結局何が面白いかと言うと、ただの一本のゲームなのに、無限に考え続ける事が出来るところにある。

僕は二ヶ月で30分程度しか触れていないけど、それでももうボーと考えているだけで、ある程度新しい発見は出来る程度に知識はついている。
そして、この感覚が数学に似ていると思っている。

数学の面白さが物理のそれと違うのは、物理が

「それでも地球は回っている」

に対して、数学は自分達の定義と公理から発展していったもので、いわば頭の中で進んでいくものなところにある。と本で読んだ事があるが、まさにその通り。
どこに書いてあったか忘れた事が残念だが、見て非常に感銘を受けた一文です。

考える人がいなくても地球が回る物理と数学は違う。

で、数学は定義と公理とかが頭に入っていれば、考えれば世界が無限に広がっていく。
ポケモンで、ダメージ計算式と、各ポケモンの能力値などが頭に入れば、頭の中でいくらでも発展していくのはそれと全く同じ感覚だと思う。

なので、僕はポケモン自体よりもものを考えることが好きな人間で、ポケモンという考えるにあたって格好の素材がそこにあるから考えているだけだと思っている。

だけとは言っているが、ここまで長い間考え続けられるものは他のゲームでは殆どないだろう。

こういう数学的な面白さの感覚を、ゲームで味わいたい人には、是非やって欲しいゲームだと思う。

……

みたいな内容を、新歓原稿用にアレンジしたいんだけど、これ文系の人興味ないよなと思って没にしようかというところです。

テーマ : ポケットモンスタープラチナ - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

@

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。