スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月中の目標

とりあえず、冬コミまでにこのブログで来年以降の対戦で必要な最低限の知識だけは公開していこう。

このブログが、役割を意識した調整がネットに公開されてないから、それを紹介する目的があるとは前に書いたと思います。
ですがそれ以外にも、ネットの既存のサイトに対戦で使われ始める新しい型が全然載ってないから、それを紹介したかったってのも大きいです。

例えば、以前載せた「ねごと」『ハチマキ』ヘラクロスでミロカロスを狩るっていうのは、本当に2008年の頭の方で使われ始めたもので、その後に

ミロカロス@たべのこし
なみのり
れいとうビーム
みがわり
まもる

とかが出てくると、ヘラクロスへの交換読みで「みがわり」。「メガホーン」が外れたらヘラクロスは一気に不利。「インファイト」が見えたらゲンガーに代えて大丈夫。
そもそも、「ストーンエッジ」以外ならボーマンダに変えて、「ストーンエッジ」ならミロカロスがそのまま戦ってどうにかなる。

って流れがあったりします。これが、たぶん今年の6月ぐらいにあった流れです。

そもそも、ヘラクロスはPPが少ないのが一番の弱点といっても過言ではないので、ヘラクロス以外の物理アタッカーは止めやすいポケモン

スイクン、ミロカロス、ドータクン

といった連中は「みがわり」「まもる」を持たせると、交換で出てきたヘラクロスがかなり嫌がるので、ある意味で役割破壊が搭載されることになります。
特にスイクンは、「さいみんじゅつ」と特性を比べてミロカロスより弱いという意見もありますが、特性のお陰でヘラクロスへの対策もより自然に内包できるので、この使い方ではスイクンの方が強いです。
ミロカロスより「みがわり」「まもる」持ちだと読まれやすいのは欠点といえば欠点ですかね。

それで、その次は「みがわり」「まもる」対策に「どくどく」いれよーぜとか、そもそも「みがわり」「まもる」って強いよなって流れが出てきたりします。

そうなると、

プテラ、マニューラ@たべのこし
どくどく
ちょうはつ
みがわり
まもる

とかいう型がうざったくなってきます。両方とも、天候ダメージを片方無効化できるので、天候パ対策にはうってつけの型二つです。それで、「どくどく」「みがわり」「まもる」が出てくると、ソーナンスが極端に足を引っ張ることになって、評判が『イバンのみ』が出てきたにも関わらず、落ちてきたと夏コミのころに聞きました。ソーナンスとか、上の型のプテラ相手に何も出来ません。

とはいえ、プテラとマニューラもメタグロス相手に何も出来ないので、他のを考えようということに。

そうなると、バレットパンチを半減できて、ハピナスの「れいとうビーム」を耐える「みがわり」があるライコウって凄くね?ってことになっていったりして、環境が発展していきます。

そうなる過程で、厨ポケにも「みがわり」「まもる」にも強いユキノオーにスポットライトが当たって、使ってみて構築バランスが悪くなるから姿が消えていく事なども自然の流れでしょう。僕の前書いたPT紹介からも読み取れる部分だと思います。


現在は、「みがわり」「まもる」以外にもヘラクロスをミロカロスが役割破壊する手法がいろいろ出てきたり、ヘラクロスの使い方もまだまだ工夫の余地があったりと、環境はまだまだ発展していくでしょう。

ただ、こういうポケモンの型の探りあいとか模索とかが、全然情報で出てないのがどうかな~って思ったんですね。

って訳で、対戦環境の基礎知識はいろいろ公開するから、みんなも考えた事いろいろ教えてねって感じです。

まぁ、最初から答えを全て書くのは好きじゃないので、考える土壌だけの提供にしていくと思います。

テーマ : ポケットモンスタープラチナ - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。