スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の日記



第六回TGAオフ(カロスダブル)にいってきました。


今回は勝ち負けを気にしないでテーマを持っていこうと思って、

・ニャオニクスガルーラゲンガーでいく
・選出を数パターンに絞る
・選出もコマンド入力もさっさと入力する

で行ってきました。

こうした理由は、今までメガシンカはメガバンギが一番強いと思って使ってましたが、同じことばかりしてても成長しないので、何かテーマを決めて新しいことをしないとダメだと思ったので、とりあえず刺激を求めて今まであまり使ったことなかったポケモン三体でいこうと思ったということです。

あとは、wifiで連戦をする際に適した構築を作りたいと思ったので、後ろ二つを決定しました。

結果は、

・ニャオニクスガルーラゲンガー → 正直穴だらけで最初からこりゃ負けるだろうけど、ガルーラとゲンガーは出来るだけうまく使えるようになりたいポケモンだから、オフで練習して経験値にするつもりで適当にやろう。ぐらいで行ったら本当に苦手な相手に想定通りに勝てなかったってだけなので、なんというか、うん、まぁそうだよねって感想だけでした。


ただ終わったあとにニャオニクスの型選択を間違えてたことに気がついて、型を変えたらこれまで相性的にきついと思っていた構築相手にも勝てるようになったし、体感的にも構築が強くなったので、実は今回のだと実験にもなってなかったのでは?疑惑が出てきました。そのため、もうちょっとニャオニクス回して、どんな感じか調べてきます……

正直これは時間がもったいない構築の仕方なので、もっと事前に真面目に試行錯誤しろよというのが素直な反省です。

よかったところは、ニャオニクスの型を見直した時に盲点だったところに気づけたので、頭が少し柔らかくなったというぐらいでしょうか。

いじってもうちょっと構築回したいので、今回は構築紹介省きます。


・選出数パターン → 3パターンに絞ってました。ただ、今思うと絞りすぎていたので、5パターンぐらいにはしたほうがよかった気が……

構築の中身は置いておいて選出は非常に楽でした。これぐらい楽に選出できる構築を続けていきたいです。

・選出が10秒で終わることもザラでしたし、迷う余地が少ない構築にはなってました。これもよかったところです。





それでも全く構築紹介しないのもネタがなさすぎるので、少しだけ紹介。ギミックはいろいろありますが、最近15戦で決まったものしか書いてないです。


・ニャオニクスと地震


野試合でrimoさんと対戦した時に決めたのですが、

ニャオニクス→ガブで、甘えるを3回いれて、相手がガブを捨てたいという場面がありました。ここでガブはニャオニクスの隣「だけ」を殴り続けるのが理想です。ニャオニクスを倒したら、ニャオニクスが体制を整えた場に、相手がニャオニクスより強いポケモンを出してきます。

ここで、ニャオニクスの横に(積み技を持った)バンギラスを出すと、相手のガブリアスからするとバンギラスを殴る必要性ができるので、相手のガブリアスは地震を打つ必要性が出てきます。

そのため、相手のガブがニャオニクスを落としてくれやすくなる。というのを実戦できちんと決められたのはよかったです。その野試合はきちんと勝てました。

地震で倒したいポケモンを入れておくとこうなりやすいのかもしれません。

あとは、龍舞+地震があるポケモンをニャオニクスの横に置いておくと、ニャオニクスを巻き込み地震で退場させることができるので案外いいような気もしました。

・バンギラス

ほかのポケモンの勉強をするために舞メガバンギを封印してるので、代わりに

205-138-130-143-120-101@オボンのみ

いわなだれ だいもんじ れいとうビーム ロックカット

でバンギラス最近使ってます。


もっと早くしたい場面もあったものの、耐久も火力もこれ以上割きたくないので、なんか仕方ないかなって思ってます。


一度ロックカット出来ればガブリアスを縛ることが出来て便利です。

オボンのみを合わせると大体メガバンギと同じぐらいの耐久になります。

守るがないのでホイホイと採用できる型ではないですが、自分としてはかなり使いやすいバンギラスでここまでのところはお気に入りです。




この日一番楽しみだったのは、三世代シングルや三世代ダブルの実機対戦が実演されることで、見学してきました。

毎ターン択が続いて心臓には悪そうですが(見てる分には他人事なので)とても面白いルールでした。


ちょっと面白かったこととしては、

「地面が一貫している」

って誰も地震を持ってないパーティ使ってる人が言っていて、何事かと思ったら、

「まきびしが相手全員に通る」

という意味で使われてました。


なるほど、このレベルで今の世代とギャップがあるのかと思いました。

あとは04ダブル(カイオーガ、グラードン解禁GBAダブル)を見ましたが、大爆発のクソゲー度がやたら高いことが再確認できたことと、テッカニンが強かったことが面白かったです。

このルールは市民権を得ているポケモンが少ないルールらしいですが、ルンパッパやラティオスを上から殴れるのでテッカニンが強いというのを見て、メタ次第でテッカニンが普通に使われることもあるのか、とポケモンにおけるメタの大切さを再確認できました。

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

@

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。