スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローテのおはなし

ブイズカップ
(詳細はリンク先で)

ということで、気軽に参加できそうな大会なので折角なのでローテの簡単な紹介記事を書いてみようと思います。

1)ローテは後手から間に合う対策が強い

ローテは「じゃんけん」とも揶揄されるルールですが、その分読み合いの回数を少なくしたり有利な読み合いをつくりやすくした構築は、「じゃんけん」の回数が減って勝率向上に直接作用するルールとも言えます。

それを前提として、ローテでは

しんぴのまもり <<< いやしのすず

のように、後手から間に合う対策の方が強いです。

後手から間に合う対策はターンのムダが確実に起きないからですね。

そのため、タスキブルンゲルの「トリックルーム」でカイリューの「りゅうのまい」対策をするという光景も見られるルールで、ユクシーは「トリックルーム」「いやしのすず」と揃っていて非常に優秀なポケモンとなっています。

実は自分はサンダースはローテで普通にガチパに採用したことがあって、そのときは迷わず「いやしのすず」を採用しています。

2) あくび

ローテで「あくび」強いんじゃないかって最初は思うのですが、案外強くありません。

まぁ色々な理由はありますが、「ちょうはつ」「みがわり」持ちを補助役の前で動かすのに、シングルと違って“交換”のステップを踏まなくていいことや、狙いの相手に「あくび」を当てることを考えるなら、素直に狙い以外の相手に半減されても強いジュエルで殴ったほうが早いとかがあります。

今回のブイズルールは特殊なので何とも言えない部分はありますが、いやしのすずサンダースやマジックミラーエーフィがいることから、あまり使いたくないですね。

3) こだわりアイテム

ローテのこだわりアイテムは強いです。

シングルと比べて強い面と弱い面を説明します。


・強い面

例えばシングルでメガネボルトロスが「かみなり」を打ったとして、そこにガブリアスが交換出てきたら、ボルトロスが交換するあいだにガブリアスに何かしらの行動を無償で許すことになります。これは“こだわりアイテムのリスク”です。

ところが、ローテならガブリアスに一回は無償で行動を許すものの、この後交換しなくてよいことが大きな違いです。つまり、“こだわりアイテムのリスク”でじゃなく、存在するのが“電気技のリスク”になっているのです。

もちろんガブリアスがいる場で電気で固定したことにはこの後リスクがついてきますが、こだわりアイテム持ちが不利対面をしたとしても、そのあとの交換にターンがかからないため、“こだわりアイテム持ちの不利対面からの起点”という現象が起きなくなります。

そういう意味で起点を作らせにくい分戦いやすいとも言えますが、次に逆に起点になる点を説明します。


・弱い面

ローテで誰もが最初は強いと思うポケモンのハチマキナットレイを例に説明します。

簡単のため調整配分はしないで、HAナットレイを前提に説明します。

こいつはドラゴンと水に鋼と水の大打点で殴れてそれだけ見ると強いですが、相手が

カイリュー+キングドラ
カイリュー+水ロトム

のようになると、キングドラはメガネハイドロ二発でナットレイを倒せるため、キングドラを倒すために「パワーウィップ」を打つことになります。後者はロトム相手に「パワーウィップ」を打ったときのことをまず考えてみてください。

しかし、どちらの場合もこのあとカイリューをフリーで動かすことになってしまいます。

ハチマキナットレイは打ち分けできないことのリスクがかなり大きいポケモンなので、扱いは相当難しく初心者にはあまり使いやすいポケモンとは言えません。

ですが、ローテのこだわりアイテムのデメリットを感じやすいという意味で教育的なポケモンなので、初心者の人には一回使ってみてほしいとも思ってます。


)4 一貫性 と 役割 と 範囲と耐性の一致

上と同じようなのでは、型破りドリュウズが『こだわりハチマキ』「じしん」でラティオスを一撃で倒せるため、ラティオス+ヒードラン(風船でない)の並びに強くて、使いやすそうにも見えます。

しかし、ドリュウズのメインウェポンの「じしん」がサンダー、ボルトロスに入らないせいで、一回「じしん」でこだわったらドリュウズがこいつらの対策として機能しなくなります。

そのため、ハチマキドリュウズを一時期使っていた自分は、電気に弱い構築になっていることに気づいて構築の大幅な見直しを迫られた経験があります。

(以下ドリュウズ以外のポケモンは適当に選んだものなので、細かいツッコミはお許しを)

そもそもドリュウズだと、メインウェポンの「じしん」でなく「いわなだれ」「アイアンヘッド」「おんがえし」でサンダー、ボルトロスを殴る必要があるので、ボルトロス+ブルンゲルみたいな組み合わせが相手にいると、嫌な読み合いになって本当にローテが「じゃんけん」に近づいてきます。

ここからサンダー側のボルトロス+ブルンゲルについてコメントすると、ローテでは他のルールより圧倒的にタイプ相性だけから判断する“一貫性”という概念が大切になります。

簡単に言うと、相手にメインウェポンを簡単に打たせないように、今だったらじしんを易々と打たせないようにするということです。

相手に安定行動を作らせないで、「じゃんけん」になる場面をなるべく多くしていくことで、結果的に勝率は上がって行きます。

次にドリュウズ側についてコメントすると。ドリュウズは「じしん」が電気飛行に入らないために、電気飛行相手に「じしん」を打てなくなります。

そのため、シングルと違いボルトロス相手に(ドリュウズがタスキ+すなかきであったとしても)「いわなだれ」を打てばいいから、ボルトロスにドリュウズが有利とは一概に言えないのです。

「いわなだれ」は目当てのポケモン以外にあまりダメージが入らない技なので、「いわなだれ」を打たなくてはいけない時点でドリュウズはローテというルールにおいて、電気飛行に他のルールより大きく不利になっています。

これを、ドリュウズは電気飛行相手に“範囲と耐性の一致”が起きていないと言います。

範囲と耐性の一致 というのはローテで大事な概念で、要するにシングルの“役割”の概念を、目当てのポケモン以外と戦う可能性があるローテに拡張したものです。

いくつか例を挙げると、

・ガブリアスは電気飛行相手にメインのドラゴン技で殴れるので、電気技相手に範囲と耐性の一致が起きやすい

・ハチマキメタグロス vs ローブシン ランクルス モロバレル

だと、「しねんのずつき」でどれが出てきても打ち勝ちやすいので、範囲と耐性の一致が起きている。

一貫性 と 範囲と耐性の一致 の違いは、


>ランクルスにそこそこはダメージが入る
>ランクルスからあまりダメージを受けない

ということを反映していることです。

これは、必ずしも狙いの相手と戦うとは限らないローテでは、身につけたい概念です。


範囲と耐性の一致が起きるともちろん読み合いの回数は減っていきます。

上の例のような3体相手の範囲と耐性の一致が起きることは多くありませんが、少なくともハチマキドリュウズで電気飛行を狙うときに「じしん」を打たなくてはいけないみたいな、範囲と耐性の不一致は起きないように意識していきたいものです。

ローテでガブリアスが強いのは、電気無効でありながらドラゴン技という範囲と耐性の一致が起きる技を持っていることが大きな要因です。

他にも、スカーフガブリアスで相手のスカーフじゃないラティオスを倒せる場合などは、ガブリアスでサンダー+ラティオス相手に範囲と耐性の一致が起きているみたいな言い方をすることもあるので、まぁケースバイケースで結構いろいろな使われ方をします。

ここまでの内容を合わせると、こだわりアイテムは範囲と耐性の一致を引き出しやすくするアイテムなので、ローテでも強いということがわかるでしょう。

誰と戦うかわからないルールなので、出来るだけポケモンはサブ技よりもメイン技を打っていきたいのです。

5) 打ち合いと展開

さて、ここまでは正面から殴り合いの打ち合いベースの説明でしたが、ローテで大切なのは

“押してダメなら引いてみろ”

です。

打ち合いで不利なら展開。展開で不利なら打ち合い。のように、打ち合いと展開の両方を意識することが大切となります。

打ち合いは簡単に言うとそのまま殴るだけで、展開は壁とかトリルとかの全体補助や、龍の舞とかの積み技のことを指します。(他にもありますが、まぁ今回は簡単な紹介なので。)

自分が対策に行き詰まったときは、相手の打ち合いと展開のどちらに行き詰まったのかを見て、その後に打ち合いで対策するか、展開で対策するかで考えると解決策は出しやすいです。

6) げきりん と りゅうせいぐん

ローテで使いにくいのではないかと げきりん も りゅうせいぐん も言われますが、両方強いです。

特に「げきりん」はガブリアスがハチマキを持つと、半減でも強いこととガブリアスの素早さ・耐久の優秀さから範囲と耐性の一致が起きやすいです。

個人的な実感だと、ハチマキガブとメガネラティオスで打つ場合は、いきなり「げきりん」と「りゅうせいぐん」をぶっパする方が強くて、タイミングを測っていくとどんどん弱くなります。

まぁこれは打ちやすい場面だったらそりゃ強いだろうとも言えますが、「相手を削って一撃で倒すタイミングを見計らう」みたいな使い方はハチマキ、メガネだとあんまりおすすめしていません。

(また、もちろん、スカーフげきりん、メガネりゅうのはどうだと話は違ってきます)

****************

とりあえず、ざっと思いついた入門用の内容はこんなもんです。

気が向いたらブイズカップの考察も後で書きます。

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

コメント

山村正子の独り言

すごいですね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。