スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁止伝説(DPt)

ディアルガ

強化:ゼクロム、ジュエル、ミュウツー対策としてのトリル、サイコブレイク半減
弱体化:ドーブルの弱体化、サルの強化、バンギドリュウズ、テラキオン

総評

ゼクロム、ミュウツーのメインウェポンが痛くないのが偉い。

トリルを張った後に、ジュエル流星群で相手の伝説ポケモンを狙い撃ちする戦い方が主流になるかもしれない。

耐久に振ったら伝説ポケモン相手にはそう簡単には落とされないが、ドリュウズ、テラキオンといった面々に弱いことは注意。

この指が弱くなったのでトリルを前提としたポケモンとして扱うのが怖くなってしまったので、HGSSのときとはやや違う動き方になるだろう。

トリルは非伝説のシャンデラ辺りに張らせて、予備のトリルを張ることができるアタッカーぐらいの位置づけがいいかもしれない。

伝説の攻撃を耐えて一矢報いることができる特徴を考えると、ドラゴンジュエルが一番相性がいいアイテムと言えるかもしれない。

全体的には、前よりやや強化といった辺りか。

パルキア

強化:ゼクロムより早い、ジュエル
弱体化:ミュウツー強化、テラキオンなどパルキアより早いポケモンの増加、サルの強化

前とそこまで変わらないが、スカーフゼクロムや眼鏡ミュウツーからなかなか洒落にならないダメージを受けるので、努力値振りの方針は、HS252ベースとなってしまった。

相手の非伝説の火力に負けないため、こちらもジュエルやメガネを持たせるのがオススメ。
隣にスカーフドーブルを置いて、大火力を積極的にけん制するのもあり。

これといった弱みがない禁止伝説という特徴は前と変わっていないが、火炎放射や波動弾を覚えてナットレイが殴れる点などは大きい。

全体的には、大火力化の進行によりやや使い勝手が落ちたことと、他の伝説の選択肢も増えたことでの少々の弱化といったところだろうか。

ギラティナ

強化:オリジンに変身するゾロアーク、対ゼクロム、追い風、フェイント・猫だまし無効
弱体化:ナットレイ、ミュウツー

ミュウツー対策にスカーフギラティナを使っても、シャドーダイブが簡単にナットレイで受けられてしまうため、隣に炎を吐けるポケモンを用意して、シャドーダイブ+何かで倒さないとだめなことには注意。

こちらも前と余り変わってない。

細かいところだと、フェイントが強いルールなので、フェイント無効なゴーストタイプは作戦が立てやすいことと、オリジンギラティナはゾロアークの変身先として最有力なので、相手にゾロアークであることを疑わせることだろうか。

隠れ特性抜きだと、メッセージが出ない禁止伝説はギラティナのオリジンフォルムだけなので、ゾロアークと組める伝説はギラティナだけである。

ナットレイには、波動弾でも持ってない限り、カイオーガと一緒に殴りかかっても無理なことには注意。

ミュウツー対策として、パワフルシャドーダイブなどを試みても面白い。

全体的には、強化といった印象。

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

@

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。