スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年一月の小規模オフ開催の事後報告[ダブル]



オフが復活したので開催記録。

イベントページ

参加者は12名で

わたし
tstさん
imtさん
rimoさん
idikaさん
ワイルドさん
エルムさん
柚樹さん
ロマンサーさん
リバースさん
アランさん

でした。

どうでもいいけどTGA関連の人だけアルファベット系のHNに偏ってますね。

内容はポケモン(おもにダブル)について、のんびり対戦とお話するオフで、いわゆる対戦オフ会に比べるとだいぶ静かなオフ会だと思います。


ただ一日ポケモンの話をするオフ会で、この日は12時から21時すぎまでずっとポケモンの話しかしないとかそんな感じでした。

私もオフで知人といろいろ対戦するのが久しぶりで非常に面白かったです。




これだけじゃなんなので当日の構築とか自分の反省の話。

この日は、個人的に強いと思ったポケモンが、S操作から一気に倒したいポケモンや氷弱点のポケモンに偏っている気がしたので、ひかえめHCクレセリアをベースに組んでいました。

これ自体はよいと思って実際クレセリアは活躍したのですが、反省は多数

・カロスダブル最後に使ったニャオニクスギルガルドガルーラマリルリは感触が良かったのでそれベースに考えて、クレセリアギルガルドガルーラマリルリみたいなのでいけないかと思ったら、マリルリがカロスと感覚が違いすぎた。

カロスのマリルリは昔のメタグロスみたいな丸い使い方が期待できたと思うのですが、全国だと全然そんなことなくて頭をいろいろ切り替えなくちゃういけないとか、そういえばいままでこいつ採用したいと思ったこと全然なかったなと思いました。

・同じくカロスのこれ系の構築で強かったスカーフボーマンダ入れたら、いわなだれしか打たない変なポケモンになっていて再び頭を切り替える必要を感じました。

同じスカーフボーマンダでも、

173-166-118-132-90-167

という配分なら

攻撃:いわなだれで無ふりファイアロー
特攻:りゅうせいぐんでガブリアスとメガボーマンダ
物理耐久:キリキザンの珠不意打ち耐え
すばやさ:最速

となって、霊獣ランドロスより早いしスカーフサザンドラや舞う前のメガボーマンダより早いしで、使い勝手が改善された気がしました。

というか一番打つ技がいわなだれなんだから、いわなだれの威力を少しでもあげる配分考えたほうが良かったと思いました。


以上の二つの点はせっかくだから前回の延長でカロスの構築をベースに持っていこうと思ったことがミスの発端で、カロスに比べてポケモンのスペックが大幅に上がっていて、特にカロスが火力の高さに比べて全体の耐久が貧弱すぎたことを忘れていたことが一番良くなかったと思います。

カロスはマリルリやスカーフボーマンダ程度の火力でも圧力がかけられる変なルールでしたが、全国はそうはいかないのでカロスで無難な使い方が出来たポケモンをそのまま持ち込むのはやってはいけないこととよくわかりました。

・クレセリアを火力振りにしたのは大正解でしたが、技チョイスの難しさを少し感じました。
今回はまもるを採用したのですが、いままでまもるを持ったクレセリアをあまり採用してなかったので使いどころがまだ手探りでした。実際集中を受けることはそれなりにありましたし、四世代ぐらいと違ってクレセリアを集中で一気に倒すこともそう難しくない時代だと思っているので、まもるを切るか、それとも採用したままでうまく使えるよう練習するかはよく考えたいです。

持ち物のせんせいのツメは、スカーフランドロスを先制して倒したり大活躍でした。

・ほかに当日ガブリアスやギルガルドやリザードンやガルーラも使ったりいろいろ入れ替えていたのですが、構築にしても個別のポケモンにしても考えが綺麗にまとまっていないものもいくつかあるので、残りは次回のオフ報告記事でまとめてスッキリかけることに期待して、今回はこれぐらいで終りとします。


スポンサーサイト
プロフィール

@

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。