スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行かなかったけどジャンプフェスの話し

当日の朝にやたら行列があると聞いて行く気がなくなったジャンプフェスでも、一応構築だけは用意してたから、少しだけ紹介

ラティアス
(メガ)ジュペッタ
オニゴーリ
スイクン

負けても全然問題ないけどそれなりにみんな用意してくる場だと思ったので、シングルで強いポケモン代表の(むらっけ)オニゴーリをダブルで使ったらどうなるのかせっかくだから試してみようかと思って準備してました。


オニゴーリは起点を作りやすいシングルが一番得意なポケモンでありますが、シングルのオニゴーリに対する印象を聞くと、

使ってない人:運要素が大きく安定しないが運がよければ苦手な相手も倒せる
使ってる人:勝てるポケモンには確実に勝てて安定するが苦手な相手には負ける得手不得手のはっきりしたポケモン

とこれまでのところなっているのが非常に面白いポケモンだと思ってみています。

ほかのルールだと(シングルに比べて起点作りがしにくいせいもあり)運要素が大きくなるみたいなので、どんなもんなのかいつかどこかで試したいと思っていました。

というわけでオニゴーリ入りを適当に用意して適当に遊ぶのでいいやと思っていたのですが、一応それ以外にも構築を作る上でアイデアがあって、むしろそっちの方が今後の構築作りに役立ちそうなので明記しておきます



フリーズドライ

大変有名なことですがフリーズドライが対雨パだと非常に通りやすくて強い技となっています。
今のところ雨相手はそこまで極端な対策をしなくてもどうにかなると思っていますが、そうでもないと判断したらフリーズドライ持ちの採用をこれまで以上に積極的に検討することになるだろうと思っています。

フリーザーやラプラスが代表ですが、オニゴーリもフリーズドライが追加されてて、こおりのいぶきよりはフリーズドライのほうがどのルールでもいまは便利だろうと思っています。



スキルスワップ

これまでのポケモン対戦で、「ドラゴンゲー」「アイテムゲー」「天候ゲー」などとそのときのはやりを下に揶揄されることが度々ありましたが、六世代は一言で言うと「特性ゲー」だと思っています。

『メガシンカで種族値が上がっても100上がるだけではアイテムを持った600族に勝てないので、メガシンカをきちんと強くするには(メガシンカポケモンがアイテムを持てないので)特性を強くしなくてはいけない』

というメガシンカのデザイン上の意図があると予想していますが、それとスキルスワップが非常に噛み合っていると思っています。

それにボーマンダやサーナイトに先制してスキルスワップを打てると嬉しいので、いたずらごころでのスキルスワップを何パターンか試してみたいと思っています。

また、オニゴーリへのハイパーボイスや親子愛のダメージ、及びオニゴーリ無視で腹太鼓を積むマリルリなどの存在を考えると、みがわりもちや積み技持ちと並べると有効なのでは??と妄想したりもしました。



積み技

5世代のローテで学んだことですが、追い風やトリックルームや壁などで全体展開しているときに、それを無視して積み技を使うという選択肢もあり、それだと相手が補助技を使うタイミングで積み技を使えて得になるし、終わったら畳み掛けられるというのがあります。

追い風が流行っているところに追い風を持ち込んで追い風ミラーで戦うのが不毛に思えたので、それ以外の方針から崩せないかいくつか考えている時に、ローテを思い出して積み技でどうにかならないかも検討しようと思いました。


むらっけ持ちについては、まもるとみがわりが積み技となるので、追い風ターンを凌ぎながら自然に能力をあげられて面白いのでは?と思いまして、オニゴーリを思いついたのはこの3がきっかけです。


以上です。当日面倒で行かなかった上に、構築のアイデアも「検討する」といった手探り段階のものばかりですが、こんな感じでのんびりマイペースに考えていくのは続けていきたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

@

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。