スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保守

本当はローテの構築解説でも書こうかと思ったけど、微妙に冬コミに載ってるせいで書くのを躊躇したので、適当なメモ。最後にちょっとだけそれを載せてしまいますが。

何を書こうかと思ってたけど、今回は先制のツメの使い方について少しだけ書いてみます。

1.みがまも

シングルでみがわり+まもるの無限系に対して、先制の爪を持たせることで崩せるようになります。

零度スイクンの爪冷凍ビームでグライオン対策とかだと、お願い零度祈願とかも出来ます。

2.周りのポケモンとの兼ね合い

ダブルでも成り立つけど、どっちかっていうとトリプルの話。

トリプルやダブルの方が、シングルよりも先制の爪を持たせて積極的に殴っていくメリットが増えます。

例えばトリプルの爪グロスについて。

トリル下で、相手の場にユキノオーがいたとします。
こちらには爪グロス

この状況だと、メタグロスは爪持ちに関係なくユキノオーを殴りに行きます。

で、ここで爪が発動すると、メタグロスだけでなくて、メタグロスの周りにいるキャラも被弾回数が抑えられて、体力が得をします。

トリプルでは一回の発動で、自分だけでなく周りのポケモンのHPも得をするような場面がつくりやすいので、この場面のメタグロスのような、”爪があってもなくても殴っていく”ようなキャラに持たせておくと、一戦を通してみた時に案外得をすることがあります。

なお、こういう持論を掲げたあとに爪グロスを使ったら、最後に雨グドラに爪アムハン当てないと勝てないところで爪アムハン当てて勝ったので、そういうお願い効果ももちろん強いです。

3.捨てるポケモンにとりあえず

ダブルトリプルGSでモロバレルに爪を持たせておくと、捨てるタイミングでとりあえず胞子撃っとくと胞子が一回余分に打てたりしたんですが、これはイバンのみの登場で影が薄くなった使い方です。

4.ローテ

1に似てますけど、

トゲキッス

に強いキャラに持たせておくと、スカーフキッス相手に行動できる可能性が一気にあがります。

といっても、有効に使うのはどうするかというと、一回キッス相手に動けたらその一回でアドバンテージがうみやすいキャラに持たせたいところ。


結論としては、零度スイクン(追い風持ち)に持たせておくと、キッスに先制爪追い風が狙えるほか、カイリキーに爪零度が狙えたり、そもそも爪零度という最後の手段も残ります。

そのため、一部の構築だと爪スイクンがごく自然に入ります。

一部の構築の例は、冬コミのゲー研が出した11号に、私の爪スイクン入り構築が載っているので、そちらをご参照ください。

スポンサーサイト

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

プロフィール

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。