スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H=B+D

よく、ポケモンの耐久は

H=B+D

のときが最も効率がいいと言われます。

理由は、

4xy= {(x+y)^2-(x-y)^2}

という恒等式があるので、そこで

x=HP
y=防御+特防

として、性格補正がかかってなくて一定の努力値しか振らない場合は、

H+B+D=一定 (=Kとおく)

というのが成り立つので、

4(HP*防御+HP*特防)={K^2 -|HP-防御-特防|^2}

となるから、|HP-防御-特防|が小さいほどHP*防御+HP*特防が上がるからです。

さて、なら実際に

HP > 防御 + 特防

となっているポケモンで、他に優れた配分がないかということを考察してみます。

ローブシンに耐久努力値を260振るときを考えるとします。

H252
B4
D4

振りだと、

HP 212
防御 116
特防 86

HP*防御 = 24592
HP*特防 = 18232

となります。

ここで、

HP 196
B 36
D 28

とすると、

HP 205
防御 120
特防 89

となり、

HP*防御 = 24600
HP*特防 = 18245

となり、数字上は物理耐久、特殊耐久ともわずかながら下の振り方の方が優れています。

また、砂ダメージなどの定数ダメージも、下の方がダメージは少ないです。

下の振り方も、 HP < 防御 + 特防 となってはいますので、興味がある人はもっと
効率のいい努力値配分がないか研究してもいいのではないでしょうか。


ローブシン、ランクルス、カビゴンあたりは、H252振りだと HP > 防御 + 特防 となる
ポケモンなので、このようにH252振りより数字上は勝っている配分がある可能性が高いです。


この話自体は有名なのですが、実際に数字上の物理耐久、特殊耐久とも優れた具体例を載せているのは
見たことが無かったので、今回記事にしてみました。


コメントレス

> i love sazandora さん

僕の場合は趣味でやっているような感があるので、これぐらいやったほうがいいかというと怪しいものがありますがw

それでも、手を動かしてダメージ感覚を養うのはいろいろ役に立つと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

ここまでの感想

あんまり数やってませんけど、各ルールごとの対戦の感想。


シングル

テクニシャンキノガッサ 解禁されたりしたけど、それでも変化の内容は
一番少ないんじゃないかな?

テクニガッサは、鉢巻ローキック二発でラティオスが落とせたりとか、
珠舞ローキックでグロスが落とせたりとか夢いっぱいですが、
すんなり構築に入るポケモンとは思えないので、今の段階ではよく
分からないというのが本心です。

それよりも、バシャーモがダブルチョップを習得したのが驚きました。
自分で確かめたわけじゃないけど、これ本当に覚えるんですよね?
何故もう手に入らない課金ポケモンを強化したのか。。。

地味に熱風トルネロスが、ジュエルアクロバットでラティオスを倒せて、
熱風でハッサムを倒せるキャラなので、上手く構築できないか試したいです。

ダブル

普通に

手助けニョロトノ、FCランドロス、FCボルトロス

辺りが強そうに見えて、実際使うと想像より更に強いって
恐ろしいスペックでした。

FCランドロス追加が特にやばい上に、元々の対戦人口も多いので、
しばらくはFCランドロス入りを詰めるのや、FCランドロスをメタるのが
熱くて今やると面白いかもしれません。

これだけ見ると霰トリパとか強そうに見えますけど、実際組むとなると
どうなるかなってところでしょうか。
FCランド試したときは、霰トリパ相手でもFCランドが頑張って勝って、
FCランドすげーで終わってしまいました(

しばらくはネットでもいろんなFCランドロス入り構築が見れるはずなので、
個人的にも楽しみにしています。

ローテ

ちくでんボルトロス、型破りドリュウズ

という何とも強いキャラが出て、ダブルより更に環境変化が激しいです。

例えば、

水ロトム+ヒードラン
クレセリア+ジバコイル

みたいな組み合わせは、ドリュウズで壊滅します。

水ロトムの汎用性というのを消し去り、ローテにおいて
重要度が高かったジバコイルをガンメタしたようなポケモン
が追加されたので、中々難しくなりそうです。

型破りドリュウズが強いと言うのが他のルールの人にはピンと来づらいかも
しれませんが、ローテではスカーフ持たせて、じしん、つのドリル、じわれ
を適当に打っているだけd十分強いです。

スカーフ地割れが3体全部に入るようなこともありますけど、そうなったら、
9%の確率で2体を無償で持っていきます。急所より高い確率でワンチャンを
持っていくので、序盤で大事な択を外した後のリカバーもききやすいのが
偉いと思います。

そもそも、ローテは電気無効のポケモンの需要が高いルールだったので、
この二体の追加は大きいですね。

テクニガッサはローテでも試しましたが、単体では強いけど3体の並びに
組みこむことが難しいと感じました。
ドラゴン+鋼の並びがきついことが多いポケモンなので、他2体でこの
重たい並びに対処しなくてはいけないと言うのが、辛く感じました。


トリプル

最近やってませんでしたが、

手助けニョロトノ FCランドロス

の影響がやはり強そうですね。

正直トリプルは最近全然やってなかったので、よく分からないとです;;


ガラティン君のトリプルオフ



ここで募集

がどうなるか楽しみに待っておきます。


GS

恐らく、ぶっちぎりで環境変化が大きいルール。

テレパシー ディアルガ パルキア ギラティナ
マルチスケイル ルギア
Wキュレム
レシラムの熱風追加
手助けニョロトノ
変わり者メタモン
FCランドロス

これだけでやばい。

ローテの型破りドリュウズ級の変化がディアルガパルキアだけで起きるのに、その他の要素
も大きいという物凄いことに。

ただ詳しく書くとキリがないので、逆に詳しく書くことが出来ません((

とはいえ環境変化要素の隠れ特性禁伝が、厳選困難なのが敷居を高めていて残念です。

シングルのバシャーモほど敷居が高くないものの、厳選の敷居なんて低ければ低いほど
やりやすくていいですからね。

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

BW2での努力値稼ぎ・落ちているアイテムとか

BW2での育成とかアイテムについて。

努力値稼ぎの追加ポイント

・6番道路

ポケモンブリーダー

出してくるのが、

チラーミィ 素早さ努力値1
シキジカ 素早さ努力値1

なので、ポケルス+パワーアンクルをつけると、素早さ努力値20

・迷いの森

ポケモンブリーダー

パワーリスト10回 パワーアンクル10回 何もなし3回

の3サイクルで、AS努力値252になります。

(最初勘違いして回数間違えてました。)

解説は、出してくるのが、

ハトーボー 攻撃努力値2
レパルダス 素早さ努力値2

なので、ポケルス+パワーリストをつけて一回戦うと、


ハトーボー 攻撃努力値 12
レパルダス 攻撃努力値 8 素早さ努力値4
計 攻撃努力値20 素早さ努力値4

パワーアンクルだと、

計 攻撃努力値4 素早さ努力値20

よって、

パワーリスト+パワーアンクルで、

攻撃努力値24 素早さ努力値24

と、何もなしだと、 攻撃努力値4 素早さ努力値4だからですね。


他のブリーダーはすぐ使い方思いつくのが出てきませんでした。

・アイテム

ふしぎなアメ 21個
ポイントマックス 8個
ポイントアップ 15個

が、自然保護区を除いて隅々まで歩いた結果見つかりました。
後で極限の方のマップが更新されたら、どこに落ちているか紹介しようと思います。

ハートのウロコ、かけらについては、すれ違い、ミッションの方が遥かに効率がいいので
別にいらないかなと思います。

特に今回はミッションでかけらの調達が容易で、下手したらシナリオから教え技をバンバン使える
レベルですしね。

>コメントレス

googleで検索するとここより詳しい解説が見つかるのでそこを見てください。

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

プロフィール

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。