スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続報

もうバグノム手放したので試すことができませんが、バグノムが普通に潜れるようになったらしいです。

公式アナウンスとかも何もないんでなかったことにしたいんでしょうね。

バグノムで潜れないのきちんと体験しといたんで、得した気分ですw
スポンサーサイト

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

速報

BW2産のアグノムだとwifiに潜れないと言う噂があったので確かめてきました。

結果

ポケモンに 問題が あるため
参加できませんでした

が出ました。本当だったようです。

一応問題ある要素を考えると、日付を2000年にしていた過去産って要素
ぐらいなんですが、他のポケモンは日付関係なくもぐれているので、
多分関係ないでしょう。

他の人も遭遇している現象ですし。

いやはや、他の人がアグノム以外試しても引っかからなかったそうなので、
多分アグノムだけなんでしょうね。

少なくとも、僕がBW2産のアグノムで潜ろうとしたら潜れなかったことは本当です。

また他の人の話になりますが、DPt産のアグノムなら潜れるそうです。
流石にどう考えてもバグなので、さっさと直してほしいですね。
(直せるか分かりませんが)

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

ARサーチャー

ARサーチャーについて。

とりあえず自分が知っている所だけ書いてみると、

・BW2でボルトロストルネロスランドロスがFC出来る。
そのFCはBW1から連れてくる個体でも大丈夫。

・だがそのFCにはFCランドロスが必要

・FCしたボルトロストルネロスランドロスは交換不可。
そのため、交換以外の方法でFCランドロスを自力で調達
する必要があるが、それはARサーチャーでやるしかない。

・ARサーチャーはSDカードに、ポケモン送る前をバックアップして
復元することで、同じポケモンを何回でも何人にも送れる

・しかし、準伝説禁止伝説に該当するポケモンは、一つのセーブデータ
につき一回しか送れない。データリセットすればまた送れる。

・また、受け取った瞬間強制セーブなので、個体値厳選するにも
一回にかけるしかない。

・ただのFCボルトロスとかならBW1で厳選したのを持ってきてFCすれば
いいが、ボルトロストルネロスランドロスの「隠れ特性」版は、
ARサーチャーで取ってきた個体でしか存在しない。

・そのため、ボルトロストルネロスランドロスの隠れ特性は厳選困難で
負けん気トルネロスが強いけどレアなポケモンに。

・厳選する場合は、チェレンまでをRTAしながらやることに。

・また、ランドロスを送った後に、四世代のDSポケモンを差してプレイすると、
それぞれのパッケージポケモンが出てくる。

それも隠れ特性であって、現状ARサーチャー以外手に入れる手段がない。


とのことです。手に入るポケモンが非常に強力なのですが、余りにも厳選の
仕様が糞すぎます。

テレパシーパルキアとか欲しいんですけど、これはちょっとやる気が中々起きないですねぇ。

コメントレス

>あいるさん

フォルムチェンジの略です。

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

プレイ日記2

ヒウンのアーティ戦後のプレイ日記


書き忘れてましたが、戦闘は いれかえ じゃなくて かちぬき
でやってます。

時間の節約もそうですけど、 いれかえ ってCPUに一方的に不利な条件だから
好きじゃないんですよね。

アーティをマリルリだけで倒して砂漠へ。

適当に進んだ後にリゾートデザートへ。

自分はアイテム色々調べる担当なので、ここのダウジングも全部やるつもりだったので、相当時間食ったw


砂嵐でマリルリが削られるのが面倒ですね。

とはいえ、やたらと休憩ポイントがあるので時間はあるけど苦労はしないで突破。

やたらとかけらが貰えたけど、今にして思うと同じ時間だけミッションやってた方が明らかに効率いいなーw

そんでライモンへ。

いきなり前作で滅多に会えないキャラに会えたw

アニメにも出てるし人気もあるキャラなので、とりあえず顔見せだけは全員にしとく形なのでしょうか?

まぁ人気があるキャラにあってない人がたくさんって言うのもへんな話なので、顔見せがあったのはいいんじゃないかと思います。

謎のサラリーマンとの観覧車イベントとか、謎のライブキャスター受取とかやりながら、ライモンジム。

ライモンジムってこれ要するにただの一本道なんじゃないかと思いながら進む。

流石に電気弱点はマリルリには荷が重かったので、久しぶりにジャノビーの出番。
といっても、宿り木一発撃って仕事終了ですけどw

ジャノビーでガン待ちして無事クリア。

そして先に進む。

早くも 空を飛ぶ が手に入って、マメパトと死闘をしながらゲットした甲斐があったというものです。

ホモドエに行く途中に、トリプルバトル。

トリプルバトルをシナリオでやるのは面白くていいと思います。

面倒なのは、

・戦闘に使うポケモンを置いているけど、本当はこいつはトリプルだと真ん中に置きたいポケモンなので、いきなりトリプル挑まれたら面倒

ってことぐらいでしょうか。

シナリオだけでMOVEの大切さが分かるのはよかったと思います。


そんでホモドエ

マーケットにモーモーミルクが打っているので喜んで買い。回復アイテムはここでこのとき買い占めたモーモーミルクと、道中拾ったアイテムだけでクリアまで間に合いました。

モーモーミルクのコスパは異常

あとさっき倒した奴が今度は町の中でローテーションバトルを挑んでくる。

シナリオでローテやると、メインキャラの技連打で押し切って勝つと言うことになりがちで、これが
逆にローテやってない人のローテへの理解のたすけになるんじゃないかと思ったので、トリプルより
ローテの方がシナリオ採用の意義があったと思います。

シナリオでローテやると

・相手より素早いキャラで
・相手のどのキャラが来ても大ダメージが来る攻撃で

相手を倒すことが多くなると思いますが、こういうのを
追い風などの素早さ補助 竜の舞など積み技 拘りアイテムなど
を使って作っていくのがローテで大事なことなので、シナリオ
でローテのただのじゃんけんじゃない所が実感できるのは、
いいことだと思います。

といっても、相手も上手かったら絶対じゃんけん気味にはなってくる
んですけどねw 


でジム戦

アクアテールがないマリルリでも適当に恩返しで突破。マリルリつえー。

そしてここでようやく じならし の技マシンget。
更に、PWTで、アクアテールをウロコ使って思い出させて、マリルリが大幅強化を達成。

といっても、結局アクアテールの命中が不安すぎて、あんまりアクアテール打たないで終わったんですけどね。

多分アクアテール思い出させなくても、そんなには困らなかったと思います。
あるならあるで、勿論便利ですけど。

まぁ地ならしが手に入ったので喜んで先に進む。

適当にイベント消化してたら、PVであったらしき場面に遭遇。

ここでPVだとウインディがいたけど、自分の手持ちにもガーディがいるんで、
ちゃんとゲームの進め方とある程度リンクしたPVだったなーって感心してみる。

そんでまた適当に進む。

古代の抜け道取って下水道に行ったついでに、何となく日付いじったら
冬だと水がなくなることが判明。こういうの調べるの面倒だなー。。。


戻って6番道路。

波乗り貰えるので、一旦波乗りで宝漁り。

マリルリが波乗り覚えるからここでも便利

おんがえし
アクアテール
じならし
なみのり

という基本構成が完成。

マリルリの場合は地ならしと波乗りどっちがいいか結構微妙なところもあるんですけどねw

でまぁ、また適当に進む。

やたらとトリプルとかローテーション好きな人が増えてるなーwって思いながら進む。

ローテーションで初手威嚇してくるのは面倒だからまじで辞めてほしい。

ローテで威嚇食らってデメリットがあるのに、初手で出すのなんてどうせバンギラス
と物理ノオーぐらいなんだから。


電気穴突破して、フキヨセ。

相変わらずフウロちゃんのジムが、人を殺しにきているようなジムww

なんて危険なジムなんだ……

ジム自体は適当におんがえし打ってクリア。

その後はタワーオブヘブンにいって、博士からようやく、幸せタマゴげっと。

とりあえずマリルリにこの後幸せタマゴ持たせッきりにしました。

ジャノビーにジャローダに進化してもらって、怪力使えるようになってほしいので、一旦
学習装置でジャノビー育成。

それが終わったら、一応ガーディを火炎放射覚えるまで学習装置で鍛えて、
ウインディに石進化。


ただ、これがよく考えたら戦略ミスですね。

噛み砕く覚えてから進化させるべきでした。

これからやる人は注意しましょう。

一旦ここで終わり。

折角のネタなので、クリアするまでの日記は数日に分割して書きます。

一気に書くとMPの消耗がやばいんで。。。。





テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

初回クリア

大体25時間で初殿堂入り。

ものすごくゆっくりやったんで、かなり長めにやっても、初回殿堂入りは25時間ぐらい
で終わるって目安になるんじゃないかと思います。

ダウジングで行けるところは全部調べながらやったので、これが一番時間食った原因でしょうね。

パーティはクリア時点でマリルリlv95が主力。

四天王戦は15分ぐらいで回復アイテムもモーモーミルク一回使っただけでクリア。

簡単にプレイする上でのコツみたいなことを気付いた範囲で書くと

・序盤が一番難しい。おんがえし、やつあたりに頼りたい。
・ヒウンでヒウンアイスが12個買えて、その後グルメマニアに1個2000円で売れる。
・ヒウンでおまもりこばんを取る
・スプレーに金をかけまくっても金は余る。
・ホドモエのマーケットで、モーモーミルクが買えて、回復アイテムはモーモーミルクが一番効率がいい。
・しあわせタマゴが手に入ったら、おまもりこばん無視してしあわせタマゴをエースに固定。エース強化した方が
結局回復アイテムも使う必要減るし、早く終わる。

あたりが、どうやればいいのかって人へのコツになるんじゃないでしょうか。

今回は敵が強いので、二体以上育てるにしても、

エース:しあわせタマゴ
サブエース:学習装置

で育てるぐらいでいいと思います。

マリルリずっと使ってましたけど、タマゴのお陰で途中からダンジョンもマリルリ一体で余裕になってました。



マリルリ自体の感想に移ると、恩返しがとにかく強かったです。また、BWから手に入れた地ならしも便利。

敵に、モロバレルとかホイーガとかデスカーンみたいな、接触技をトリガーにして発動する特性持ちがしばしばいるので、じならしがあると安心できます。

基本的に

おんがえし
滝登り (手に入るまではアクアテール)
じならし
なみのり

な構成になるでしょうね。地ならしがあるお陰で、ブルンゲル(貯水だと水ノーマル無効になるポケモン)にも打点が入るので、やりやすかったです。

マリルリが後半はチャンピオンの手持ちまで含めても、おんがえし一撃で倒せたので大変楽でした。

おんがえしってPP20ですけど、PP20の技で敵を一撃で倒せるってのは結構ありがたいですからね。

一線から退いたジャローダについては、フラッシュを覚えるから案外役立ちましたw

ただ、今回は(キュレムがパッケージのことから予想すべきだったんですが)相手に氷ポケモンの割合も案外いたので、ジャローダは逆風だった気がします。

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

プレイ日記1

フラゲしないで、ポケセンの公式配送で購入するホワイトでプレイすることに。

が、案外来るのが遅いww


12:40ごろに来たけど、これだと適当に近くのゲーム屋で買う方が早かったかなー。
なお、運送業者は佐川でした。

途中までの簡単なプレイ感想。調査している内容とかはここには載せません。
そういうのは極限の方でまとめてみてもらって、こっちだと感想とかを見てもらう
って今回はしようと思ったので。(いつもそうするとは限らないんですけど。)

なお、自分はダウジングとかでアイテム色々調べたりしてるんで、進行は極めて遅いです。

全ての建物に入って、全ての人に話しかけて、ダウジングで何か拾えないか一通り調べてから進んでるので。

クリアも日曜の夜とかになるんじゃないでしょうか?



とりあえず開始。

最初のポケモンはツタージャということになっていたので、ツタージャで開始。

ただ、草ポケって嫌な予感しかしなかったwww


基本的に敵が使うポケモンって、草ポケに相性悪いんですよね。

XXXXXX団の使う敵に相性がいいかどうかって言うのはポケモンのシナリオで大切なこと
なので、草ポケは辛いイメージが大きいです。



この予感すぐ当たるんですけどね

で、ツタージャで開始。

なんかやたらテンションが高いライバルとかが出てきながら、ベルがいきなり出てきた
あたりで続編だということを実感。


最初のツタージャ見たら、HP20のせっかち。性格も悪くないし、HP個体値が極端に低いと言うこともなし。

まぁこれなら大丈夫だろうってことでとりあえずぶっぱ。


で、ライバル倒して19番道路に行ったあたりから、ツタージャが不穏な行動を始める


ツタージャ初戦 vs ミネズミlv3

1T

ミネズミ

にらみつける

2T

ミネズミ

体当たり急所 残りHP 4/22

で、一戦目から息も絶え絶えで、雑魚戦とは思えない消耗をしてしまった。

うん、きっと運が悪かっただけだよね。と思って切り替えて進むことに。


でまぁ、ポケモンの序盤らしく、タウンマップとかのお届けイベントとかそういうのを
適当に消化消化。

そんでサンギ牧場に行く。

ここまではモンスターボールで何も取ってなくて、ツタージャ単騎です。

サンギ牧場

そろそろ何か捕まえてもいいかなーと思ってたら、野生でルリリとかリオルが出てくる!

両方とも対戦ではワンチャンあるけど中々使われないって感じのポケモンだったので、
いい機会だからこいつら使ってみようかなと思いました。

今回はルリリを使うことに。

リオルは隠れ特性が出たら普通にGSとかで使われそうなので、対戦で自分が使う可能性が
低い方はルリリだと思ったので。

(リオルはいたずらごころでのこのゆびとまれが唯一出来るポケモンで、リオル+カイオーガの並びで、相手の猫だまし全く気にしないでこの指とまれ+潮吹きが出来る)


陽気力持ちルリリっていう中々いいのを一発で捕まえられたけど、ルリリの初期技に物理技がないww

ルリリはタイプノーマルだから、泡とかあっても困るんだけどww

で、次に出てきたのがマメパト。空を飛ぶためにキープを試みる。

マメパトせんのマメパトの行動

1T

かぜおこし急所 24ダメージ

2T

特にダメージ貰わない行動

3T

かぜおこし急所 残りHP1


このツタージャ駄目だ

ということで、マメパトというツタージャメタの強ポケを何とか捕獲して先に進む。

他にもやたらと急所貰うツタージャで、普通にきずぐすりが足りなくて困ってくる。




サンギ牧場の奥にプラズマ団がいて、ボス戦かと思ったら技マシンくれるだけで終わり。

ここで、「やつあたり」という神技マシーンをげっと。


「やつあたり」は、なつきどベースで、

(255-なつき度)×0.4

で技の威力を計算するので、なつき度0のポケモンが使えばなんと威力102。

対戦とかだと、他のロムで育成したカビゴンとかに、即やつあたり覚えさせて実戦投入したりするのも、
第四世代ではよく見られました。

これで、ルリリに超強力なメイン技があることになりました。

ルリリの間はタイプがノーマルなこともプラスに。


そんで、色々あってヒオウギに戻ってジム戦

おーチェレンだ。ノーマルのジムリーダーっていうから、アルセウスとか
使ってくればいいのに。

と思いながらバトル。まぁキズぐすりとか使いながらも普通に勝つ。

それで、クリア後に「おんがえし」というまたまた神技マシーンゲット。

序盤で使い放題の おんがえし やつあたり がそろうって神すぎる。

おんがえしの技の威力は、

なつき度 * 0.4

で決まるので、ちょうどさっきのやつあたりと合わせると、

おんがえし+やつあたり=102

という式になります。(実際は最低威力が1なので、103になったり、端数処理で101になったりすることもありますが。)

なので、やつあたりを使い続けて、それで使ってうちに懐いて威力が落ちてきたら、おんがえしに切り替えるという戦略が可能に。

これのお陰でようやく、ツタージャにメインウェポンが出来て、ルリリを育てるめどが立ったことに。

んで、先に進む。

タチワキでコンビナートで適当にバトルしたりするけど、これがまた敵が強い強い。

今回の敵は全体的に強いですね。野生から結構いいポケモンたくさん出てきますし。

とりあえずガーディを捕獲。

ガーディもウインディを前から対戦で使いたいと思っていたので、ちょうどいい機会でした。

ウインディとかウルガモスとか、炎ポケモンって一般でも地味に種族値高いですよね。

で適当に進めてホミカちゃんのジムに行ってみる。

毒ジムとかツタージャメタりすぎだろと思ったが、まぁどうにかなると甘い考えで入る。

全滅しましたけど

ホミカの最後のポケモンのベノムショックが強すぎて、ちょっとツタージャじゃどうにもなりませんねぇ。

とはいえ、ポケモンBWは基本的にジムの近くに、ジムをガンメタした野生ポケモンが出るので、今回もそのガンメタポケモンの コイル を使って強行突破。

流石にコイル使ったら野生でも余裕で突破しましたw

で、もういい加減ツタージャ(もうジャノビーですけど)を見限ることにして、ここからルリリを多少無理やりにでも育てることに。

しばらく、マリルに進化するためのなつき度稼ぎで、草むらとかで戦闘。ただ、全然進化しないので諦めて先に進んでいくw

ポケウッドは、最初の映画がかったるすぎてとりあえずやる気起きなかったw

ポケモンって説明が親切なのはいいですけど、親切すぎてかったるいこともあるんですよね。
ゲーム慣れしている人ってぶっつけ本番で適当にやることが多いと思ってるんですけど、
実際は慣れていない人基準に作るしかないから仕方ないんですけどね。特にポケモンみたいな
ゲームだと。

そんなこんなで次の町。

アイテムとか回収しながら、ルリリにマッサージでなつき度蓄積。これで進化しなかったらもう知らんw

と思ったら、下水道でようやくマリルになって、即マリルリに進化。

おんがえし一撃で全部の敵が死ぬから超楽ちん。

下水道にはズバットがいましたが、これが今回のジムリーダーガンメタポケモンでしょうね。

で、下水道終わってから、昔と同じくアーティ戦

マリルリでおんがえし打ってたら勝ってた。終わり。


で、ここまでが二つ目のバッジ手に入るまでのメモで、自分はこれよりは進んでますけど、ちょっとこういう
感想記事書いてたら思ったより時間食ってしまって、プレイに裂く時間が案外減ってしまうので、一旦ここで
打ちきってプレイに戻ります。

まぁ進度だけなら他の人の方が早いんで、自分の日記はこんなスタイルでいいかなと。

多分プレイブログの内容をスタッフごとに比べてみたら、性格とかの違いが見れて面白いんじゃないでしょうか。

じゃあ一旦ここで打ち切ります。

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

結局

予定自体は空けておいたのですが他の雑務に追われて、フラゲしにいくのを今回は断念。

フラゲ店舗の話しが出回ってたり、ツイッターで情報が回って一人が買ったらいろんな人が
買ったりしていたあたりが、昔とは違うなと思いました。

ポケセンの当日配送で注文したので、23日に到着ししだいやります。

プレイ内容ですけど、たまには普通のプレイ日記中心でこっちにあげてこうと思います。


なので、最初にブラックに御三家移送して、飴乱数で溜めた飴を大量放出してレベル100にしてから
始めるとか、そういうのはやめるつもりです。

なお、サイト用の調査内容みたいなのもこっちには書かないで、本当にプレイの感想だけの日記にしよーかなーって今思ってます。

たまにはそういうのもいいですよね。


・・・・・・・

折角なので、対戦に使える内容をちょっとだけ最後に書いときます。

いろんなダメージ計算機がネットにはありますが、最近一番評判が(身の回りで)
いいのが、164さんの加算ダメージ計算機です。



【ポケモンBW】 加算ダメージ計算機


他の多くのダメージ計算機と違い、

命中90%の攻撃Aと命中80%の攻撃Bを当てて、急所率込みで倒せる確率は何%か

みたいなのをいろいろ計算出来て便利です。



テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

初めての人向けあいさつ

極限攻略DBに参加することはもう複数回となってますが、極限から来た人用にまともな自己紹介とか
書いたことがなかった気がしてきたので、今回は書いてみることにします。

【HN】:@ (atmark680)

【サークルとか】:東京大学ゲーム研究会で学生の頃はポケモン班でいろんな活動してました。卒業してからもコミケの原稿とか寄稿したり、イベントに顔出したりしいてます。といっても、卒業してからはサークルの団体戦とかには顔出してなかったり、昔より大分イベントで関わる率は減ってます。

【ポケモン対戦歴】:多分5年かな? Pt出る一年前ぐらいから始めました。DPからです。

ポケモン対戦歴って言うのは、本当に 

個体値 努力値

とかを知って、その上でダメージ計算などをしてきちんと考えた構築
を作り始めてから。ってことです。

大学生活の後半から始めたぐらいなので、始めたの自体は相当遅いですね。

きっかけはゲー研の五月祭のイベントのポケモン対戦会を見ながら内容解説してもらって、
こんなにポケモンの対戦が奥が深かったのかと感心したことです。
そこで興味を持って次の駒場祭の対戦会からイベントに参加するようになって、今に至ります。

対戦がどれだけ奥が深いかは、量の面から比較的最近書いた記事で説明しますと、約一年前に自分が書いたキュウコン育成論が量の面から、一体のポケモンにこれだけ考えることが出来る(しかも文字にしている分なので、実際の思考量より遥かに少ない)って伝えるのにいい例になるんじゃないでしょうか。


長くて見てらんないって人も多いでしょうから、なるべく簡単に説明しますと、


・努力値など

簡単に言うと、敵を倒すと敵によって決まった努力値がポケモンに
入る。

入った努力値によって、ステータスがそれに応じた分だけ上がる。

また、努力値は合計で510までしか振れない。

これによって、同じポケモンでも攻撃が高かったり、防御が高かったりと言った
育成方針の幅が生まれる。

更に「性格補正」というものも存在し、一つのステータスが1.1倍になる代わりに
一つのステータスが0.9倍になるという補正もある。

これらにより、一つのポケモンのステータスも、扱う人次第で物凄く違うものになる
という認識を持つことがまず大切です。

この後は、


・アイテムや技の効果などの基礎知識を一通り覚える

・対戦で使われる可能性がある約150体ぐらいのポケモンの、ステータス、技、特性などを把握する。

・それぞれのポケモンについて、強い構成をチェックして把握する

ここまでの例

シングルの63(wifiランダムのシングル準拠のルールで考える)

カイリューは隠れ特性のマルチスケイルによって、HP満タンなら受けるダメージを半減する
ことが出来る。

そのため一回行動出来る保証はかなり高い。
そこで、「りゅうのまい」を入れたものを考える。

「りゅうのまい」を使うと攻撃素早さが1段階アップするので、相手の攻撃を
受けてマルチスケイルが潰れた後も行動しやすくなるし、最低一回行動出来る
ことを活かすとしたら、こんなに相性の良いものはない。

アイテムは、ボルトロスが[いたずらごころ]によって先制で「でんじは」
を入れてきたりすると、「りゅうのまい」を使った後も止められてしまうので、
ボルトロスを警戒して(ボルトロスが使用率がまぁまぁ高いポケモンであることが、
警戒した理由で大きなポイント)『ラムのみ』を持たせて状態異常対策をする
ことにする。

技構成は、「りゅうのまい」「げきりん」までは確定。(「げきりん」以外じゃ
「りゅうのまい」を使ってもダメージが足りない)。残りは、鋼ポケモン対策
で「ほのおのパンチ」を入れて、マルチスケイルが「ステルスロック」などで
削られたりしたり、死にかけのボルトロスに「でんじは」を打たせないことを
意識して「しんそく」も入れる。「しんそく」自体便利なので、とりあえず
入れておいて腐ることは少ない。

「りゅうのまい」をしてから動くことを前提にして、性格は素早さが上がる
陽気よりも火力が上がる意地っ張りを選ぶことにする。


これをまとめて、

カイリュー@ラムのみ

意地っ張り 努力値は攻撃と素早さに252振り

げきりん
ほのおのパンチ
しんそく
りゅうのまい

といったものがある。


(このようにアイテムや技構成や努力値配分などをまとめて、そのポケモンの「型」と言います)

みたいな内容を、メジャーポケモンについて一通り把握する必要があります。


んで、これらを踏まえたうえで、

・実際に勝てる(と自分が判断する)構築を作る
・実際の対戦で使う

といったことをすることになります。

構築を作ると一言で言っても、ベテラントレーナーも苦労するぐらいなので難しいことです。

ここに深入りすると長くなりすぎるので今回は省略しますが、それだけ奥が深いものになっています。

対戦ゲーム全体の中でポケモンが抜けて奥が深いなんて言うつもりは毛頭ありませんが、少なくとも
ポケモン対戦は対戦ゲームとして十二分に成り立つぐらいには、奥が深いと思っています。

長くなりましたが、来ていただく方には、自分がポケモンのプレイの中でも対戦に比重を
大きく傾けたプレイヤーであって、やっているポケモン対戦が十分に奥が深いもの
であるということは、最初に書いておきたいと思ったのでこうなりました。

【公式大会とか】 WVS2010の東京B1で準優勝しました。使ったのは

ドーブル@スカーフ
ディアルガ@メガネ
ユキノオー@残飯
パルキア@ハバン

です。そのときの自分のバトルの様子を撮影した人が動画をニコニコとかにupしていた
みたいなんで、今でも多分見れると思います。

「ダークホール」を連打していると一般客からの評判がすこぶる悪くなるということが
よく分かる動画になってると思います(笑

【BWについて】 BWでも対戦はしていましたが、それ以前に比べてかけられる時間が減ってしまったので、そこまで対戦をすることはありませんでした。

離れてはいないけど、専門的に取り組んだとは言い難いって感じでしょうか?

特にシングルは去年キュウコンの個別解説を書いてから、ほとんど何もやってないに近いです。

モチベは、

GS>>>>壁>>>>ローテ>>>>>ダブル>>>>トリプル>>>>シングル

ぐらいの感じですね。GSが一番好きです。



これを書いている時点での自分のBWでの構築を書くと

シングル

ガブリアス
バンギラス
ボルトロス
ヤドラン
ウルガモス
ローブシン

ダブル

バンギラス
ドリュウズ
ボルトロス
ラティアス
ウルガモス
カポエラー

ローテ

カイリュー
コバルオン
サンダース
シャンデラ
スイクン
ランドロス

GS

バンギラス
ルギア
ホウオウ
ナットレイ

トリプル

解体したから何もなし

と言ったところです。

ボルトロスとバンギラスとウルガモスが2回出てきただけで、残りは1回しか出てない辺りが、今の対戦での
選択肢の広さを表しているのではないでしょうか。

GSは去年から変わってませんが、結局これが一番勝てたので、一つ書くとするとこれかな
って思います。

この中で一番勝てたのは勿論GSで、他とは対戦回数も勝率も抜けてる感じです。

とはいえ他のルールはやりこみが全然足りなくて、もっといい構築が作れただろうに、
対戦回数とかが足りなくてアイデアもいい調整もしないでBW2が出てしまうって感じ
ですね。

ちょっともったいないと思わなくもないんで、BW2の経験にちょっとは活かしたいですね。

【好きなポケモン】

ルギア
ディアルガ
ナットレイ
クレセリア
ウルガモス
ボルトロス
バンギラス

書いたら案外いて自分で驚きました。ルギアとディアルガはうちに大きなぬいぐるみがあります。


【今回の極限】

今回は前回よりも時間を作れた(はずな)ので、色々調べていきたいですね。

対戦に関わる要素とかもなるべく早くまとめていきたいと思ってます。


【終わりに】

思いついただけで適当に書いたらこんな感じになりました。
それでは、BW2が発売したら極限と一緒によろしくお願いします。

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

夏コミ

夏コミ受かってます

自分もちょっとだけ寄稿する予定です。

B2W2を出来るだけ反映したいですけど、どこまで出来るかですね。
プロフィール

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。