スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果発表

オフ会の結果がここに発表されました



ここ



でまぁ、思ったことはいろいろ。

・当日のプレミと運がもっと自分にむいてたとしても、多分4-1がせいぜいな気がするから、予選突破は無理だったかなぁって思った。

・ラティオス強い。ベスト4が全員使ってるぐらいには強い。

とはいえ、ミラーがとにかくかったるいポケモンなので、初心者の自分が使ってもミラー慣れしている上手い人に不利になる気がした。

ミラーじゃ腕前差出るからなー。

・今回使った構築の反省してたら、もっとうまく使えばきちんと勝てる気がしたから、実戦経験重ねたいなーって思った。

せっかく構築作ったのにすぐ没にするのも勿体無いから、使って遊びたいですね。



粉ヒードランがガブリアスの地震を避けるとか、おこうブルンゲルがジバコイルの10万を避けるとか、そういう納得できる試合をするまではやってみたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

オフ会終わったので

ローテオフ終わったから更新。

宣伝のまま放置してたから、危うく広告が出るところだったか……


参加者の方はありがとうございました。

非対戦スタッフで参加してくれた、Ralfくん、PTOMOくんは本当にありがとうございました。



対戦とかの話題に絞ると、

とりあえずKP→当日のKP

事前に聞いていた様子より、ラティオスがすんごい多くてびっくり。

ベスト4はみんなラティオス使ってたらしい。

メタグロス使用者が4人なのに、2人が予選突破していることは地味に気になった。

しかも、そのうちLJETくんのグロスは、ラムグロスでもはや自分が考慮さえしなかったメタグロスっていうw


自分の構築紹介より、怠け者くんの構築の方がはるかに面白い→ 怠け者くんの構築。(ちなみに、時間に誰もいなかったわけでなく、入口で一旦集まってたのスルーされただけですw)


とりあえず、自分の使ってたパ。

ラティオス@メガネ CS 流星波動サイキネ波乗り
ヒードラン@粉 HS 身代わり
テラキオン@タスキ AS にどげり石化
ナットレイ@ハチマキ HA
ブルンゲル@おこう 珠サンダー10万耐え個体(リィズ産) 熱湯トリル溶ける再生
カイリュー@珠 AS 


基本的に耐久力の高くて行動回数の多いポケモンは、残飯感覚で粉と相性がいい+ローテだとピンポ技撃たれた時の対策にもなる。って理由で、粉を多めに持たせた形。

ブルンゲルは溶けるブルンゲルだったので、「急所被弾回数」を減らすという理由もあり。

積みポケ使って急所被弾が怖いっていうなら、急所喰らう確率が減るアイテムである、おこうor粉とは相性がいい。

火力上げて試合が終わる時間を短くするって方針でもいいけど、積むのを諦めてトリルすることが第一になることもあるだろうから、まぁ粉でいいかと。


全体の説明すると、

ドラゴンが強すぎるから、とりあえず鋼同士のヒエラルキーの頂点であるヒードラン入れる

だけど、ヒードランが展開が遅いポケモンだから、相手のライコウとかラティの壁貼りとかからの展開の対策をしないとだめ→壁貼ってる間にカイリューで舞うことにしよう→カイリュー入れる

次に、水岩電気抵抗と、二枚目の鋼(追い風からハチマキ逆鱗でヒードランを過労死から持ってかれることとも警戒
)という観点で、ナットレイ投入。

カイリューが展開重視で、ヒードランがやや遅めの速攻という感じなので、ナットレイは速攻重視のハチマキ。

3体眺めると、

ローブシンハッサムテラキオンヒードランが面倒で、特にヒードラン+ヒードランに弱いポケモンの並びは、相手のヒードランの大地の力が非常に安定するのが強かったので、ブルンゲルの投入。

トリルからのナットレイ展開って選択肢ができたのも、まぁよかったかなと。

あとは、ガブより遅いポケモンばっかりとか、水ポケに強いのが欲しいとか、ヒードランに強いのがブルンゲルだけってどうよとか、いろいろ鑑みて、気がついたらタスキテラキとメガネラティオス突っ込んでた。終わり。


そんな感じで、構築は考えたけど、実戦経験がだいぶ足りないまま臨んだら、自分の実力が足りなくて構築が強いとか弱いとか、そういうのを言える段階になってなくて、うーん自分には実戦経験が200戦ぐらい足りなくね? って思った。

一ヶ月でローテ200戦ってちょっとハードルが高いんで、構築もっと早めに組んで回してても、間に合ったとは思えないけど……

強いポケモンとか弱いポケモンって概念は、ある程度分かっている人が至る概念で、理解が足りない人にはそれ以前の「使えるポケモン」ってところが先に来るもんだとよく分かった。


構築上は、展開が早い遅いとか、そういうのを意識した形になってるけど、今の自分がそれを意識して組んで「見た目上綺麗な構築」に至れたとしても、「勝てる構築」には当分至らないでしょう。


ブルンゲルが溶ける積んだのに、怠け者くんのみやぶるカイリキーに、みやぶるから爪爆裂パンチで突破された時は、溶けるブルンゲルがいけないのか自分がいけないのかよく分からなくなったけど、どっちが悪いのかよく分からなかった時点できっと自分がいけないんでしょう。うん。

とはいえ、対戦いろいろ見たりして、勉強したいと思ったような点は複数あったので、せっかくなのでちょこちょこブログにでも載せてくことにします。
プロフィール

@

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。