スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに

半年程度はどんな構築使ってるかとか全く書いてなかった気がしてきたので、久しぶりに書いてみます。

VGC2012のルールに準拠した構築(VGC2012については、一つ前の記事を参照)で、見せあいあり64の方を想定したもの。

駒場祭でダブルをやる人の練習相手になることを想定したパとして作りましたが、フレンド対戦で勝つ構築というより、VGC2012で勝つ構築を目指して作りました。

最初はもっと長く使って改良しようかと思ったんですけど、自分にはこのコンセプトで十分強い構築を作るのが無理だと思って、丸ごと解体が決まったので書いてみます。

バンギラス@ヨプ
ドリュウズ@珠
ラティアス@眼鏡
ウルガモス@ラム
モロバレル@黒いヘドロ
水ロトム@オボン

バンギラス

207-203-130-x-122-75

かみくだく
いわなだれ
けたぐり
まもる


ドリュウズ

186-205-80-x-85-140

ドリルライナー
いわなだれ
シザークロス
まもる


ラティアス

175-x-111-142-151-178

りゅうせいぐん
りゅうのはどう
サイコキネシス
トリック

ウルガモス

160-x-85-187-126-167

ねっぷう
むしのさざめき
ちょうのまい
まもる

モロバレル

221-x-134-105-101-45

ギガドレイン
キノコのほうし
いかりのこな
まもる

水ロトム

157-x-165-126-128-115

10まんボルト
ボルトチェンジ
ハイドロポンプ
まもる

実は、バンギドリュウズを作る前にBWでwifi準拠の64ダブルやった回数が10回以下っていう恐ろしいダブル素人だったんで、素人なりの試行錯誤をメインで書いてみます。

内容的には既出のものの組み合わせですし。

HGSSでは、なんと64ダブルの試合数0回ってぐらいに64ダブル触れてなかったんですけど、久しぶりにいろいろやると楽しいですね。


↓続き

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

大会いろいろ

公式大会二つについて

>VGC2012

アメリカの公式サイト

アメリカではとっくのとうに、(2011/9/頭にはルールなどが出ている)公式大会の告知があって、上のサイトからいろいろ見ることが出来ます。

いまだに細かく読んではいませんけど、アメリカでは、VGCの中に、国別の代表者が対決するWCSがあるって形みたいです。



実は11/13に地方大会があるみたいですね。11/13はゲームじゃなくて、「カードだけ」ってみたいですけど。

地方大会二つが、片方はカードで、片方はゲームって形式にでもなってるのでしょうか?

時間かけてサイト解読しないと分からなそうなことが多くて、まだ全然把握できてません。

ゲームについて、地方大会一つ、全米大会一つの後にWCSって形だとすると、日本の地方大会の数に比べると大分控えめですね。

それだけみると、日本より格段に規模が小さいですけど、面白いのは公式が「レーティング」をつけてるってところだと思いました。

VGCの各大会のところに、"k-value"って記述がありますけど、これはレーティングにおける重要度を表す指標で、k-valueがn倍になると、レート変動がn倍になるって意味みたいです。

より詳しい記述については、

公式サイトの、Ratings and Rankings FAQってpdf見ると分かります。


その他のpdfについてもいろいろ書いてあるので見てみると面白いですけど、時間かかるんでまだあんまり見てません。

ただ、こんなにpdfを真面目に作って、k-valueの設定とか計算法について書いたpdfを公式が出してるってのは、日本の株ポケより対戦自体には熱心なのだろうと思いました。

大会を探すみたいなページもあって、ここのリンク先を見てみたら、なんだか日本以外のいろんな国が大会の検索対象になっていて、欧米だとポケモンの大会がどういう扱いになっているかは非常に興味がわきました。

日本とか中国とか韓国は国別の検索候補になっていないのに、オーストラリアとかホンコンとかも検索対象になっているという。

出来たら、k-valueが設定されているVGC以外の大会を探したかったのですけど、面倒で途中で切り上げちゃいました。


VGCについては、pdfを眺めてVGCは64ダブルって記述は発見しましたけど、見せあい「あり」か「なし」かの記述は発見出来なかったです。見せあいなしも十分あり得るんで、64って記述だけじゃ何とも言えません。


日本でWCSをやるとしても、決勝はアメリカのWCSと同じルールになるはずなので、それだと予選も準じたルールって考えるのが自然なはずなので、地方大会は見せあいなし44で、代表決定戦とかからは見せあいあり64とか、そんな形になるんじゃないでしょうか。

まぁ、アメリカのゲーム大会があるのが4月だとしたら、日本もそれぐらいの時期になりそうなんで、まだまだ発表待ちですね。

>ファミ通カップ

公式のシングル大会

久しぶりの公式主催のシングル大会。

定員が3万人と、かなり多めに取っているのが凄いと思いました。

前のイッシュ限定のはすぐ定員に達したみたいですけど、3万人だと流石に十分なんじゃないでしょうか。

僕はその時期は、PS3で発売しているEXVSのネット対戦の方がずっとやりたい冬コミの作業で立てこんでいる気がするので、多分やらないと思います。

レーティングの公式大会ってBWになってからしばしばありますけど、普通の公式大会に比べてメタが変わってくるはずなので、大会のポケモン別使用率とかみたいですね。

例えば、WCSだと、ブイズパに当たる確率とルンパオーガに当たる確率が実際大差ないみたいなこと(予選一回戦でブイズパと当たる確率が結構高い)があったりするし、いわゆるテンプレみたいなパに当たる確率が大して高くなりません。

ただ、レーティングだと、「廃人になるほどたくさん潜って試合数を重ねる」ため、トーナメント形式のWCSに比べると、テンプレパみたいな割合が増えてくるのではないかと思ってます。


WCSだと、見たことあるようなパの対策ばっかりに力を入れて、予想外の構築に負けるみたいな話をよく聞くんですが、レーティング形式だとそういうことが減りそうなんで、メタを絞ることがWCSよりずっと有効かもしれないですね。

メタを予想すると、作業で勝てるパが強いと思うんで、平凡な答えですけど、

カバルドン
ドリュウズ
ラティオス
ウルガモスorバシャーモ
メタグロスorナットレイorハッサム
水ロトムorグライオンorスイクン

みたいなのが多いんじゃないでしょうか。


恐らく水ロトムやハッサムの使用率がかなり高くなって、構築単位でもカバドリュウズが使用率高そうなんで、
「めざめるパワー炎」持ちのユキノオーがかなり環境にあっているのではないかと勝手に予想しておきます。



テーマ : ポケモン - ジャンル : ゲーム

プロフィール

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。