スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある程度復活

膝の炎症が治まって、歩いてもちょっとしか痛くない。やったー。

まだ数m歩くだけで重いから、それなりに強く打撲したなぁとは思いますが。

コメントいろいろありがとうございます。たまりすぎたので、土曜にまとめて返しますw




昨日とか、寝床で休みながらサザンドラをよく考えてました。あいつの評価がある程度上がった。

サザンドラって一言で言うと、

「ラティの素早さをロトム、ギャラが抜ける程度まで落として、その代わりに物理耐久を上げてグロスにタイマンで勝てるようになったポケモン」

ですね。こう書くと、使い方分かりやすいですよねw



ガブ@スカーフ
HP201 すばやさ169
げきりん
じしん
エッジ
何か

サザン@メガネ

(ここだけ略w)

流星
悪波動
大文字
気合玉

グロス@どくどくだま
HP187とくぼう133
コメット
バレット
じしん
トリック


ボルトロス@タスキ
CS252
10まん
めざ氷
気合玉
毒毒


ギャラ@たべのこし
HS252
じしん
キバ
身代わり
竜の舞


ナンス@オボン
HP284 ぼうぎょ121 とくぼう92



とかが、まぁサザンドラ入れるとしたらこう使うなってすぐ思いついた構築ですね。


実際サザンドラを使うかどうかはまた別問題なんですがw

コメントレス

>743さん

アムハングロスは想定して、アムハン耐えまで考慮した調整をします。
アムハンで弱点疲れても耐える種族値というのは、サザンドラの評価を挙げるのに十分でした。

>ぱむさん

ありがとうございました。修正しました。

>H175さん

悪の波動はグロス二発で倒せるとか、ギャラドスが先行して身代わり打つの警戒とか、いろいろありますね。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

まだ安静中

PCの前にいく元気がなく、ベッドの上で膝をアイシング中

携帯からだからコメントレス待ってね
俺の記事は大抵長くて、携帯から編集すると容量制限にかかるw

元気になったら、前書いた新ポケ考察に少し追記して、ここだけじゃなく極限に寄稿する感じにしようかと思案中

サザンドラ入りのサンプルパとか紹介したいね


ガブリアス
サザンドラ
メタグロス
ボルトロス
ギャラドス
ソーナンス

とか俺好みな面子

ボルトロスが、いたずら心毒々でエルフーン対策します。

乱数調整が実用可能になったからこそのパーティーですけどね


錆びたコイル君が乱数調整を一気に進めてくれたので、乱数調整関係ももしかしたら書くかもしれない。

錆びたコイル君が東京大学ゲーム研究会会員というのは、何故かあまり知られていない。

コメントレス

>アップルさん

ありがとうございます。乱数はryz君がやる気満々なので、彼の解説でお願いしますw

>名無し3さん

エルフーンの素早さはどうせ今はみんな振ってないとたかをくくってるんですが、早くなってくると困りますね。

エルフーンの採用率はそのうち落ちてくると予想しているんですが、どうなるかは楽しみです

>ナナシ山さん

ミジュマルは過去の人。今はマッギョ

>ななしのごんべぇさん

ありがとうございます。
水ロトムは、BW用の調整でしっくり行くのがないので考えてます。

僕は今までのメガネ水ロトムのポジションに、メガネサザンドラを採用するほうが興味あるので、しばらくロトムは考えないかもしれません。

>キャリオン・インヴィディアさん

ロトムの配分はだいぶ変わるでしょうね。オボン持たせて、ギャラドスの珠エッジ二耐えとかが増えるのかな?

報告

足を強く打撲して膝が曲げられない状況なので、パソコンに触れることが出来ない状態


なので、更新とコメントレスは少し待ってね


いやーまさか、ガチで膝が曲げられないとは思わなかった

コメントレス

>ぱむさん

ありがとうございます

>名無しさん、君に決めたさん!

以外とこういうのよくあるみたいですねー。滅多にないと思ってたのが甘かったです

それにしても

相変わらず極限から来る人が多いものの、対戦用の調整の話とか乱数調整の話しかなくて、リンクされている中で異彩を放っている日記です。

管理人の中でも、内容分かるの怠け者君とおコダ君の二人だけなんじゃないかなw

トリプル考える前に、

パルシェン
水ロトム
ナットレイ
ボルトロス
テラキオン
奇跡ポケモン
ドリュウズ
シャンデラ
サザンドラ、オノノクス

こいつらのダメージ計算だけ念入りにやっておきたい。

まだ追加ポケでダメージが大体分かるのが、ウルガモスぐらいしかいない。

ウルガモスは、控えめ極振り珠舞めざパで弱点つけば、テラキオンが一撃で倒せるってことまで把握したw

テラキオンと同族の弱点がつける、めざパ水が選択肢に入る初めてのポケモンな気がする。



オノノクスは、耐久がゴミってことは知ってるけど、攻撃性能知らないから調べたい。

オノノクスの耐久がどれくらいゴミかっていうと、極振りスカーフマンダの流星群でハバンのみを持ってても余裕でお亡くなりになるレベル。
鉢巻ガブの攻撃とかハバン持ってても当然死ぬ。


サザンドラは種族値を見て、余りにも微妙すぎて計算する気がまだ起きてないw

使うなら、俺ならHCベースで素早さを微調整かな。
特攻の目標は、ロトムを一確出来る程度を目標にするか、スイクンを二発で倒せることを目標にするかとかそこら辺になるかな。

おれならロトム意識して、Cロトム一確程度、素早さ139程度、残り耐久。みたいに振る気がするけど、まだ真面目にダメージ計算してないから分からない。

コメントレス

>多分コメ1さん

コジョンドは今のところ使う予定がないですね。
素早さがテラキオンに遅いのがちょっと引っかかるので。

どっちかっていうと、精神力猫騙し持ちなことに注目しているので、ダブルトリプルで使いたいです

>※2さん

オノノクスは補正あり全振り逆鱗で、ガブの逆鱗耐えのポケモンをいちげきでたおせるので、そっちに注目はしてます。

>無限トド厨さん

無限トドはみんなが忘れてるから意外と強いような気もします。バンギも減るはずですし。

相性の良かったFCロトムが別のポケモンになってしまいましたが、ナットレイテラキオン辺りがどう構築に入るのかが注目したいです

>名無し3さん

サザンドラはそんなイメージですよね。面白いポケモンだと思います。


テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

主要なダメージ感覚

とりあえず一言言いたいけど、

コメント欄に名無しさんが発生しすぎて、>一人目の名無しさん>二人目の名無しさんって打つのが面倒になってきたから、何でもいいからHN入れてくださいwまじでw

名無しAとか名無しBとか、サトシ2とか、もう何でもいいですからw


まぁそれは置いておいて、新ポケのダメージ量について自分の感覚



ウルガモス

物理耐久:サルと一緒
特殊耐久:ライコウと一緒

大体こうやって覚えてます。

攻撃180程度のグロスでちょうど地震一発でサルが倒せるから、ウルガモスは~みたいに考えます

ライコウは、DS振りで眼鏡流星高乱数耐え。

無振りだとラティオスの珠流星でまぁまぁ高い乱数で落とせる(俺は結構不安を覚える乱数だけど)
で、ラティオスの珠流星がラティアスの眼鏡流星と大体同じ威力だから、ラティアスの眼鏡流星では倒せる確率は高いものの、命中とか考慮するとちょっと不安が残る乱数。

こういうことを覚えているから、過去のポケモンでダメージ計算した感覚で結構育成考えてます。


特にライコウと特殊耐久がおんなじってのは分かりやすいかと。
蝶の舞一回詰んだウルガモスと、瞑想一回詰んだライコウは結構似ているともいえますね。




シャンデラ


控えめ特攻全振りシャンデラの特攻が、HGSSでラティオスを一撃で倒せる程度の特攻に調整した、メガネFCロトムの特攻とほぼ同じ。

つまり、

控えめシャドボ:ラティオスがほぼ一撃で倒せる
臆病シャドボ:ラティオスは耐えることの方が多い

から、スカーフだと控えめの方がいいかな。

とか、こうやって考えることが多いかな。


ここまで考えてすぐ思ったのが、昔調整FCロトムのシャドボ耐えるために、ラティオスよりラティアスの使用率の方が高くなったこと。

今回ももしシャンデラに特性影踏みがついて普通に使用されることになったら、ラティオスよりラティアスの方が使い勝手がよくなると思う。




こんな感じで、新ポケが増えても結構昔のポケモンと似たような能力値のポケモンが多いんで、昔のダメージ感覚がそのまま使えたりします。

ダメージ計算しっかりやることの一番のメリットは、ダメージの感覚がしっかり付いてダメージ量が大体見積もれるようになることですしね。

コメントレス

>クマハクシュンさん

はじめまして。
66はやったことないのでよく分からないですw

ただまぁ、どのルールでもポケモンは、先のターンまで想定してどれだけ選択肢を多く作れて、負け確定となるような手を減らせるかっていうのが大切だと思うので、そういう意味では基本は変わらないだろうと思います。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

ウルガモス

ウルガモスは眼鏡流星耐えしたい構築が自分が考えると多いなーって思った。

単純に眼鏡流星耐えすると、ラティの前で対面で舞えて、それだけでアドがでかい。

CS珠のメリット:バンギが一撃
CSのメリット:HP187特防133グロスが一撃で倒せるので、ハチマキ持ちに交換で出した後に勝てる見込みがある
物理耐久に多めに振り分ける:攻撃178グロスの地震地震バレット耐え

ってあって、どれも中々捨てがたいものがあるけどね。

でも、環境的にどれが今一番注目すべきかなーって言ったら、対面でラティオスに強くなる眼鏡流星耐えかな。

大体眼鏡流星耐えってゲンガーの珠シャドボ二耐えと同じ程度の耐久値になるんだけど、今回ゲンガー止められるポケモンが少ないので、その点でも大きい。

昔は眼鏡流星耐えポケモンがもうちょっといたから、ライコウとかでゲンガーどうにか出来たんだけど、今は眼鏡流星耐えが少ないからテラキオンのインファに合わせてゲンガーとか出てきたら、パーティが壊滅しかねないw

ウルガモス入りの構築例は一個前の記事に書いたけど、注意したいのが

・舞ったギャラドス等を止められるか
・対面でガブやテラキオンに勝てるか
・そもそもウルガモスを出せるかw

というところ、そこで安直に考えたのがあの記事の構築だけど、

ギャラドス等→ナットレイ
ガブ→ソーナンス
テラキオン→ラティオス
ウルガモスを出す→ソーナンス、テラキオン、ガブリアス

ウルガモスを出すってところでテラキオン、ガブリアスがあるのを不思議に思う人も多いだろうけど、考えてあるのが、こいつらが流星群で倒された後にウルガモスを死に出しすること。

そういう意味じゃロトムも相性いいね。本当は入れたかったw

流星群を打たせた後に死に出ししたポケモンが舞うってのは結構基本テクニックなので、それは狙っていきたい。



ロトムを入れるとしたら、ギャラドス対策がロトムにある程度任せられるので、


ガブリアス@タスキ
グロス@スカーフ
ラティオス@メガネ
ソーナンス@オボン
ロトム水@食べ残し
ウルガモス@珠、ラム

でいいかな。この面子だと、ウルガモスはナットレイに後出しするからのラムか、バンギを倒すためのCS珠のどっちかになると思う。




コメントレス


>やっちゃさん

初めまして。

調整の定番は、ポケモンごとに何をやらせたいかを見定めて、やりたいことに必要な最低能力値を設定します。

ガブリアスだと、HP252振りメタグロスをシュカこみで高乱数二発で倒す攻撃164とか、スイクンで珠マンダの舞逆鱗一発耐え+マンダを冷凍ビームで一撃とか、そういう感じです。

それを達成した後に、残りの努力値をどこかに振ることで、具体的に使い方が増えないか考えます。

スカーフガブだったら、攻撃164程度にして残り全部HPに振ると、ハチマキヘラのインファイトと、アイテムなしライコウのめざパ氷を耐えるから、ヘラとライコウにエッジ読み、10万ボルト読みで出してもリスクが少なくなって使いやすくなるから、使い方が増えるとかそういう感じです。

ここで仮想敵の設定を考えるわけですが、構築で辛い相手がいるからバランスを整えるために調整したり、どうしても倒したい相手がいるから調整したりといろいろですね。
どちらを選ぶかは、本当に構築と環境次第です。


でもやりたいことを考えて252振りになることも多いので、振り分けることに拘りすぎないでもいいと思います。

適当にいくつか調整試していると感覚が分かってくるので、まずは適当に人の調整をそのままやってみて、慣れてきたら自分で考えると言う流れでいいと思います。

>アップルさん

ウルガモスは眼鏡流星耐えとバンギ確定は両立できないですね。
出来たらよかったんですが……

ダブルのゾロアークは全く考えたことなかったんでよく分かりませんね。
イリュージョンで何になるかまで考えて横を決めたいんですけど、何に化けると有効なのかまだ想定が出来ません。

>アップルさん

ゾロアークは面白いポケモンだと思うので、考察頑張ってください。

>一人目の名無しさん

偶発対峙って僕は好きな言葉じゃないんで、全部タイマンで統一しますが、エルフーンの対策は難しいですね。

宿り木を受けなくて食べ残しをつぶせるユキノオーが対策としてはすぐ思い浮かびます。

もしかしたら、宿り木を貰ってもソーナンスで無理やり技固定して、ウルガモスで舞に繋げたりするのも有効かもしれません。

どう対策するにせよ、エルフーン自体も読みが絡むポケモンなので、身代わりを壊せない無力なポケモンがいないか注意したり地道な配慮をして、圧倒的な不利な読みあいにならないように注意するのが大切だと思います。

>二人目の名無しさん

公式大会が伝説戦なら考察しますw

一応公式大会で結果を出せたのがGSなので、伝説戦には思い入れがありますね。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

シングル

コメントたまりすぎて返すの面倒になったから、返事ちょっと待ってねw


反響が多いのはありがたいですが、まさかBWでこんなにコメントが増えるとは・・・


BWのシングルパとりあえず考えてみた。


テラキオン
ナットレイ
ウルガモス
ソーナンス
ラティオス
ガブリアス


なるべく新ポケが多い感じで。

詳細↓

続きを読む »

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

シングル考察2

HGSS環境のまとめ

BWのファーストインプレッション

に続き、全体の展望のファーストインプレッション

最初は、

「ウルガモスつえー、蝶の舞とかまじチートだろ」
「ナットレイのタイプやばいだろ……スイクンライコウラティロトムギャラ全部対策できるじゃないか……」
「ドリュウズ面白いな、今までの鋼にはいないタイプ」

という感想から幕を開けたBWシングルだが、発売三日後には誰も予想だにしなかった

ラッキーがトップメタ


という事態に陥る。

原因は、

・進化の奇跡という強力アイテムの登場
・小さくなるがまさかの二段階上昇に強化

という、発売前の予想が全く困難な要因による。

ツイッターで私がフォローしている人が奇跡小さくなるラッキーを用いてランダムに潜ったところ、

「19勝1敗だったよ!12勝は切断されたけどな

という素晴らしい成果だったらしい。


奇跡ポケモンは、今までのDS環境のポケモンとは余りにも違う特徴を持ったポケモンで、今作から初登場したオリジナリティを持つポケモンといって過言ではない。


多分に分からん殺しの面が強いポケモンであるので、トップメタにいるのも一時的なものであろうが、BW環境を手探りで考察している時期が続く間は、奇跡ポケモンは高い位置に君臨しているであろう。


発売初期の特徴としては、

・HGSSから続くタスキガブリアスのブームが止まず
・ウルガモス、ナットレイといった新ポケの使用率が高い
・ボーマンダ、ラティオスより遅いポケモンが新ポケに多いせいで、この二体が相対的強化
・奇跡ポケモンへの対策が未確立
・テラキオンなどの準伝説はまだ使用者少ない。

が上げられる。

注目すべきはテラキオンなどが現在少ないというところで、奇跡ラッキーにとっては恵まれた要因と言える。


環境はしばらくはランダム対戦での手探りの対戦をもとに発展していくと思われるが、奇跡ラッキーは一般のレートあり対戦で必要な要素である「自分よりレートが低い相手には高い勝率を保つ」という点において、非常に優れた能力を持っている。
そのため、レートが叩きだしやすい奇跡ポケモンの評価が高いのはしばらく変わらないだろう。

ランダム対戦初期のレーティングの激しい変動が終わってからが環境の変化の始まりではないかと思う。


コメントレス

>おたわさん

つ地球投げ

>キャリオン・インヴィディアさん

小さくなる強化されたんで、嫌な運ゲーになりそうですね。
零度スイクン持ち出したいレベルw

>二人目の名無しさん

ラッキーは自然回復も強いですよね。

>アンダンテさん

はじめまして。
トリック持ちとはたき落とす持ちは全ての構築に入るわけではないので、ちょっと厳しいですね。
大体の構築で出来る自然な奇跡対策ってのが、まだ確立してないように思うので、どういう対策の流れになるかは楽しみです。

>三人目の名無しさん

無視らしいです。

>四人目の名無しさん

影踏みシャンデラが出てきてからですね。
影踏みが出てきたらラティアスならラティオスと違ってシャドボ耐えるので、僕の周りだとラティアスが増えると思います。

>葉霧さん

奇跡ポリゴンは面倒はいきなり出会ったら硬くて驚くでしょうねーw

ランダムの切断は、そのうちきちんと対策してくれることを祈るばかりです。
あまり多いままだと萎えますからね。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

シングルの新環境

シングル63での個人的な注目


1 ガブリアス

新ポケモンでガブリアスにタイマンで勝てるポケモンが非常に少なく、引き続き環境の主役。

@きあいのタスキ
げきりん
じしん
ほのおのキバ、エッジ
つるぎのまい

が基本となるだろう。夢特性のサメ肌があれば、タスキ同士の殴り合いにも強くなり強化される。

炎か岩かは、主にナットレイ意識か、サンダーウルガモス意識かで変わる。

スカーフ持ちで、蝶の舞持ちウルガモス対策を意識したりするのも当然有効。

HGSS末期と同様、タスキスカーフ鉢巻どれを持たせても活躍できる状態である。

2 ボーマンダ、ラティオス

追加ポケはボーマンダ、ラティオスより遅く、珠流星群一撃で落ちるポケモンばかりである。
相対的な強さは上がった。

注意点は、流星群で相手を倒した後にウルガモスが出てきて蝶の舞を使い始めると、アドバンテージを失うと言う事である。

ボーマンダはともかく、ラティオスはウルガモス、ナットレイの追加でやや辛い面もあるかもしれない。

3 進化の奇跡

グライガー
ポリ2
ヨノワール
ラッキー

の4体に今のところ注目。上に行くほど攻撃性能が高くなるが、下に行くほど耐久性能が高くなる。

グライガーは特殊耐久が低い分この中では圧倒的に倒しやすいが、グライオン以上の耐久でハサミギロチンが打てるため油断はならない。
後出しのポケモンにはたき落とすが決めやすいので、ギロチンはたき落とすはね休め+何か。がオススメ。

ラッキーは、小さくなるが二段階上昇に強化されているので極めてうっとうしい。

小さくなる奇跡ラッキーの対策は、ノーガードカイリキーか、一撃技持ち。零度スイクンが相対的に強化された。


4 テラキオン

ようやく新ポケ。

ウルガモス、ナットレイを無理やり突破できる性能がある。砂嵐が吹いていたら、ウルガモスにはめっぽう強くなる。
バンギラスに投げてある程度安定するポケモンであることも素晴らしい。

攻撃技が、インファイト聖なる剣ストーンエッジぐらいしかないので、ラティオスを投げられるとややきつい点が問題。

また、タスキを持たせたくもなるが、そうなるとタスキガブリアスが採用できなくなるのも問題といえば問題。

だが、従来のポケモンにも強く、新ポケモンにも強いので今のところ一番の注目株である

5 FCロトム

FC後のタイプが変わったので実質新ポケモン。水ロトム、炎ロトムが多くなるだろう。

炎ロトムは、ユキノオーに投げて安定する優秀さ、水ロトムは、水ポケモンに投げた時の優秀さが評価される。

とはいえ奇跡ポケという化け物耐久が増えたので、ロトム自体が採用されることは減るかもしれない。


6 エルフーン

いたずら心の特性が非常に嫌らしく、宿り木や身代わりととても相性がいい。
どのように対策されるのか非常に興味深いポケモンである。

暴風を覚えるので、後出しキノガッサ安定でないのが面倒くさい。

エルフーン単体なら交換を交えながら倒せるが、全体的に体力が少しずつ削られることになるので、相手の後ろにギャラドスなりスカーフガブリアスなりがいた場合に、一気に全抜きされることがあり得るので注意が必要。

7 シャンデラ

対面でガブリアス、ラティ、バンギラス、テラキオン、ボーマンダ、スイクンといったポケモンに有利でなく、更に地震が弱点のためグロスにもそこまで有利でないのが欠点。

しかし、夢特性の影踏みと高い特攻は非常に評価できる。
瞑想+影踏みで、無理やりウルガモスや奇跡ポケモンを倒す光景が見れるかもしれない。

実際は先発で使いづらい上に、交換のタイミングが読まれやすいのが欠点となるだろう

ちなみに、もらい火シャンデラはトレースポリゴン2の後出しで炎とゴーストでダメージが与えられなくなる。

8 ナットレイ

ラティオス、スイクン、ライコウに著しく強いポケモン。
後出しもしやすい。

ボーマンダ、ゴウカザル、テラキオン辺りが後出しされやすいので、電磁波を持たせることをお勧めしたい。
だがそうなると、ジャイロボールでの高威力が期待できないことに注意。

ドータクンと比較すると、防御性能が落ちた代わりに攻め手が作りやすくなったポケモンである。

問題は、ドータクンと比べて炎4倍弱点や格闘弱点の影響で、なにも出来ずに倒される危険性が高いこと。

電磁波をどの程度評価するかという事と、炎技を持ったガブリアスに後出しされると言う事をどう考えるかで評価で分かれるだろう。



9 ウルガモス

蝶の舞が強い。ただ、物理耐久がかなり終わっている。
グロスの地震二発で死ねるレベル。コメット地震バレットで落ちるので、グロスにはコメットに合わせて出したところで蝶の舞が安定でないことに注意。

強いことは強いが、非常に物理耐久が低いので過信出来ない。

10 ゾロアーク

ソーナンスに強いだけでも評価できるが、追い打ち不意打ち、イリュージョンとよいものをたくさん持っている。

ソーナンスに弱いポケモンにイリュージョンして戦ったり、ラティオスに弱いポケモンにイリュージョンして戦ったりするのが基本。

相手も考慮して戦ってくるであろうので読みあいになるが、ゾロアーク自体が対処幅が狭くないポケモンなので、ある程度優位に戦える場面が多い。

耐久面は物理耐久面でさえウルガモスより低い程度だが、一応ガブリアスの逆鱗を耐える程度の調整は出来る。
でもタスキ安定。

11 ズルズキン

硬い格闘ポケモン。竜の舞を覚えるのが嫌らしい。
奇跡ポケモンやナットレイに出して竜の舞を使っていくのが基本になりそう。

意外と対策が難しいポケモンで、奇跡ポケモンやナットレイを入れるときは注意が必要。

手っ取り早く対策するなら、スカーフヘラで殴ればおk。

12 ドリュウズ

砂かきが強いが、技範囲が狭い。
グロスがやや使いづらい面が出てきたので、鋼ポケモンを採用するときの候補に上がる。

メタグロスに比べてだいぶ尖った性能になっているので、構築には工夫が必要ではある。


13 トゲキッス

意外と環境に合っている旧作のポケモン。
ナットレイの電磁波から繋げたりできる

14 ソーナンス

相性の悪い新ポケが増えてアンコールまで弱体化したが、ガブリアスが引き続き強いので相対的に強い位置はキープしている。


ファーストインプレッションまとめ

旧ポケ

ガブリアスが引き続き最強クラス。続いて、マンダラティなどが来る。
グロス、ソーナンスが一段階落ちたが、十分使える。

トゲキッス、ノーガードカイリキーなどがどこまで食い込めるかには注目したい。

仕様変更の合った旧ポケ

ラッキーポリ2サマヨールグライガーは要注目。構築時点で対策を明確に練る必要がある。
ロトムは種族値が足りないので、折角のwifiデビューだが一歩落ちるか。

新ポケ



テラキオン ゾロアーク



エルフーン ウルガモス  



ナットレイ ドリュウズ ズルズキン シャンデラ(影踏み手に入れたら)

D以下

その他


Cに設定したポケモンがどの程度伸びるのか楽しみ。
現時点だと、Aのテラキオンゾロアークが抜けている印象を持った。


コメントレス

>ラムザさん

ボーマンダより遅いポケモンだから、新ポケ使いたい人が多い今の時期はボーマンダが活躍しやすいとしか思いませんでした。

>カニタマさん

ナットレイの技は結構難しいですねー。
とりあえず眠るとか持たせる人が最初は多かったりするんでしょうか?

>一人目の名無しさん

レジスチルに限らず、環境がまだそこまで大きく変わっていないので、奇跡ポケモンに弱くないHGSSの構築をそのまま使うのが結構安定するかもしれませんね。

>二人目の名無しさん

そもそもオノノクスの前から逃げなくてはならない状況も少なそうだと言うw

> キャリオン・インヴィディア さん

ゾロアークはトレインで出てくるか公式でも使えるとは思います。
尤も、公式はどうせシングルじゃない気がするのでどうでもいいですがw

>三人目の名無しさん

よく話題に上がるけど誰も検証していないので、検証待ちですね。

>四人目の名無しさん

ダルマさんは強いとは思いますが、ガブリアスが一線級にとどまっているのでちょっと難しいですねー。
僕ならソーナンスと組ませて使いますね。

>あああさん

検証はある程度知りたいことが分かった感じなので、ご安心ください。

>きょうさん

ボルトロスは強いですが、トップメタに近いガブへの対抗手段を持たせるために、めざパ氷が欲しいのが面倒ですね。
乱数調整が解明されたら一気に使用率が上がると思います。

それまでは、テラキオンにも受けに出しやすいラティオスの方に注目が集まるのかな、と思いました。

> キャリオン・インヴィディア(二回目)

パルシェンだいぶ強くなりましたね。久しぶりにCSガブを持ち出そうか真剣に考慮し始めました。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

進化の奇跡検証

二段階進化するポケモンの一段階進化目に進化の奇跡が適用されるか実験。

実験内容:

ワルビルLv39 ぼうぎょ69で、ブラックシティのLv40ボスゴドラ(山男のガクト)と対戦

結果:

進化の奇跡所持

ダメージ 36とか37とか38とかその周辺

進化の奇跡非所持

ダメージ 最低53、最大62


結論:

1進化目にも適用されます。


具体例をHP ぼうぎょ とくぼう の順に書くと、

特防調整グロス 187 150 133
砂嵐中の無振りバンギ 175 130 180
砂嵐中のHP252振りバンギ 207 130 180
防御252振り補正ありハピナス 330 68 155
防御特化スイクン 207 183 135

↓進化の奇跡所持

防御252振り補正ありラッキー 325 93 187

物理耐久力が上の例でいうとメタグロスより高いですね。大体防御特化ミロカロスと同じくらい。
特殊耐久はハピナスの2割増というと分かりやすいでしょうか。

HP252振りのみのサマヨール 147 225 225

性格補正も努力値も抜きで、物理耐久が防御特化ミロカロスの1割増し程度、特殊耐久が砂嵐中の無振りバンギと同じくらい。

最大物理耐久力は、147-300。ハチマキガブの逆鱗をちょうど二発耐えるぐらい。
最大特殊耐久力は、147-300。珠ラティオスの流星群をちょうど二発耐えるぐらい。勿論この二発ってのは、二発目も特攻下がってない状態で計算してます。


HP252振りのみのポリゴン2 192 165 172

大体ヨノワールと同じぐらい

最大物理耐久力は、192-234。上のサマワールよりちょっとだけ高い。

↓計算ミスしていたから修正

最大特殊耐久力は、192-241。無振りハピナスよりは低い。特化カビゴンと大体同水準

特防特化ポリゴン2は、特化カビゴンより特殊耐久が高く、防御特化ミロカロスより硬いと言う事ですね。

>一人目の名無しさん

旧作から持っていたポケモンのステータスが変わってないので、恐らくステータス計算式は変わっていないと思います。
とはいえ気になるので、自分でもそのうち孵化したら計算し直してみます。

ありがとうございます。

>四人目の名無しさん

ありがとうございます。

>五人目の名無しさん

ありがとうございます。
無振りのステータス115と、種族値115を勘違いしてました。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

トレイン進行中

ひたすらスーパーシングルトレイン

21連勝でポイントアップ
28連勝でふしぎなアメ

がホームの人からもらえると知ってがぜんやる気が出た。


二回目のノボリもきちんと倒しましたが、王者の印スターミーに二連続でひるまされてその後負け。

ただ、100連勝目指すなら確率1%程度引いて運が悪かったと言ってはいけない。トレイン100連勝って難しいんだなぁ。今までタワーとか全スルーしてたから気付かなかった。

特に今回は最初の弱いのがなくて、いきない中盤部分から始まる感じですしね。


使用パ

ガブ@ヤチェ
げきりん
じしん
ほのおのキバ
つるぎのまい

グロス@オボン
HP187とくぼう133

コメット
バレット
れいとう
じしん

ラティ@たま
りゅうせい
サイコショック
10まん
波乗り

結局普通の編成に落ち着いた。

グロスは雷パンチと冷凍パンチで結構迷った。両方打つ機会がある。
雷パンチ持ちと冷凍パンチ持ちで二種類送ってあるから、どっちがいいかよく考えてみる。

扱うコツは、グロスを乱暴に扱う事。バレットパンチ連打で、相手をガブラティの確定圏内に入れることしか考えないで立ち回ることもざら。
グロスで欲張るとろくなことにならない。

それなりに安定して使えるので、細かいサブ技の変更はあってもこれをベースでしばらく使うつもり。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

乱数について

ここまでいろいろやったまとめ。

分かってること(マイナスにしかならないこと):


卵の生成方が今までと違う。
初期seed算出法が違っている。

分かってること(プラスになること):

初期seedは、同じDSで同じ設定で同じ時刻に起動すると、三通りに絞られると思われる。
何故同じ時刻に起動しているのに3パターンに分かれるかは不明。

しかし、ゲームスタート時点の初期seedが同一条件だと三つに絞られると言うのは、一応意味のある内容。


また、DSの設定内容が同じでも、個々のDSによって初期seedに違いが出る。

DSの個体ごとに固有の何かが初期seedの算出に使われている可能性が高い。

>一人目のななしさん、コッペパンさん

知っていることではありましたが、情報提供の書き込みありがとうございます。

>二人目のななしさん

多分使ってみると、電磁波でマヒを受けて止まることが多い気はしますが、それでも面倒なポケモンですね

>アップルさん

ぶっちゃけなにも分かっていませんし知りません

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

シングルトレイン

今NPC用に使ってるパ

ギャラ@たべのこし
ようきHS

こおりのキバ
じしん
りゅうのまい
みがわり



ガブリ@ラム
ようきAS

げきりん
じしん
ほのおのキバ
つるぎのまい

サル@たま
CS252
(一応ガブの逆鱗耐えるぐらい防御に振ってある)


インファ
大文字
めざパ氷
アンコール


ギャラとガブリは大正解。
でもサルが微妙。

相手できついのが鈍い積み系なので安直にサル入れたけど、ここは別のにした方がいいかな。

テッシードが糞重たいから、後出しから対処しやすい奴を入れたい。
でも、トリルヤドキングとかも面倒でこれじゃきつい。

ガブを無邪気な大文字持ちの個体に変えて、タスキ持たせて先発で使うのがいいかもしれない。

ガブ@タスキ
ギャラ@たべのこし
グロス@オボン

にしようかな。

まずはタスキのBP稼がないと駄目だけど。

ギャラも別に変えてもいいんだけど、ちょうどいい変えがない。

本当はガブリバンギグロスで特攻したいんだけど、まだアイテムが足りない。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

孵化

>冥さん

情報提供ありがとうございます。

自分で検証した結果。


1.

卵が出来た後に、リセットしてもう一回卵をもらう。

結果

性格が違う。

考察

個体値性格値の算出法が今までと違う

2.

爺前でセーブして、同じ時間に設定して同じ個体が出るか調べる。

結果

同じ個体が出た。

考察

乱数調整にしかるべき時間が分かれば、今までと同じように乱数調整孵化は可能



となりました。

コメントレス

>名無しさん

最初に検証していた時の勘違いでした。
貰った時に性格値+個体値両方確定します。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

抜けを入れてほしい

ポケモンの友
さんのデータをエクセルで自分でまとめたもの。

特性で抜けているところを埋めたいので、分かっているところがあれば情報求む。

0は、ないというものと、不明というもの両方混じってます。


全国No イッシュNo 名前 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 合計種族値 タイプ1 タイプ2  特性1  特性2
494 0 ビクティニ 100 100 100 100 100 100 600 エスパー ほのお しょうりのほし 0 しょうりのほし
495 1 ツタージャ 45 45 55 45 55 63 308 くさ 0 しんりょく 0 0
496 2 ジャノビー 60 60 75 60 75 83 413 くさ 0 しんりょく 0 0
497 3 ジャローダ 75 75 95 75 95 113 528 くさ 0 しんりょく 0 0
498 4 ボカブ 65 63 45 45 45 45 308 ほのお 0 もうか 0 あついしぼう
499 5 チャオブー 90 93 55 70 55 55 418 ほのお かくとう もうか 0 あついしぼう
500 6 エンブオー 110 123 65 100 65 65 528 ほのお かくとう もうか 0 すてみ
501 7 ミジュマル 55 55 45 63 45 45 308 みず 0 げきりゅう 0 シェルアーマー
502 8 フタチマル 75 75 60 83 60 60 413 みず 0 げきりゅう 0 シェルアーマー
503 9 ダイケンキ 95 100 85 108 70 70 528 みず 0 げきりゅう 0 シェルアーマー
504 10 ミネズミ 45 55 39 35 39 42 255 ノーマル 0 にげあし するどいめ 0
505 11 ミルホッグ 60 85 69 60 69 77 420 ノーマル 0 はっこう するどいめ 0
506 12 ヨーテリー 45 60 45 25 45 55 275 ノーマル 0 やるき ものひろい にげあし
507 13 ハーデリア 65 80 65 35 65 60 370 ノーマル 0 いかく すなかき* きもったま
508 14 ムーランド 85 100 90 45 90 80 490 ノーマル 0 いかく すなかき* きもったま
509 15 チョロネコ 41 50 37 50 37 66 281 あく 0 じゅうなん かるわざ いたずらごころ
510 16 レパルダス 64 88 50 88 50 106 446 あく 0 じゅうなん かるわざ いたずらごころ
511 17 ヤナップ 50 53 48 53 48 64 316 くさ 0 くいしんぼう 0 しんりょく
512 18 ヤナッキー 75 98 63 98 63 101 498 くさ 0 くいしんぼう 0 しんりょく
513 19 バオップ 50 53 48 53 48 64 316 ほのお 0 くいしんぼう 0 もうか
514 20 バオッキー 75 98 63 98 63 101 498 ほのお 0 くいしんぼう 0 もうか
515 21 ヒヤップ 50 53 48 53 48 64 316 みず 0 くいしんぼう 0 げきりゅう
516 22 ヒヤッキー 75 98 63 98 63 101 498 みず 0 くいしんぼう 0 げきりゅう
517 23 ムンナ 76 25 45 67 55 24 292 エスパー 0 よちむ シンクロ テレパシー
518 24 ムシャーナ 116 55 85 107 95 29 487 エスパー 0 よちむ シンクロ テレパシー
519 25 マメパト 50 55 50 36 30 43 264 ノーマル ひこう はとむね きょううん とうそうしん
520 26 ハトーボー 62 77 62 50 42 65 358 ノーマル ひこう はとむね きょううん とうそうしん
521 27 ケンホロウ 80 105 80 65 55 93 478 ノーマル ひこう はとむね きょううん とうそうしん
522 28 シママ 45 60 32 50 32 76 295 でんき 0 ひらいしん でんきエンジン そうしょく
523 29 ゼブライカ 75 100 63 80 63 116 497 でんき 0 ひらいしん でんきエンジン そうしょく
524 30 ダンゴロ 55 75 85 25 25 15 280 いわ 0 がんじょう 0 すなのちから*
525 31 ガントル 70 105 105 50 40 20 390 いわ 0 がんじょう 0 すなのちから*
526 32 ギガイアス 85 135 130 60 70 25 505 いわ 0 がんじょう 0 すなのちから*
527 33 コロモリ 55 45 43 55 43 72 313 エスパー ひこう てんねん ぶきよう たんじゅん
528 34 ココロモリ 67 57 55 77 55 114 425 エスパー ひこう てんねん ぶきよう たんじゅん
529 35 モグリュー 60 85 40 30 45 68 328 じめん 0 すなかき* すなのちから* かたやぶり
530 36 ドリュウズ 110 135 60 50 65 88 508 じめん はがね すなかき* すなのちから* かたやぶり
531 37 タブンネ 103 60 86 60 86 50 445 ノーマル 0 いやしのこころ さいせいりょく ぶきよう
532 38 ドッコラー 75 80 55 25 35 35 305 かくとう 0 こんじょう ちからづく てつのこぶし
533 39 ドテッコツ 85 105 85 40 50 40 405 かくとう 0 こんじょう ちからづく てつのこぶし
534 40 ローブシン 105 140 95 55 65 45 505 かくとう 0 こんじょう ちからづく てつのこぶし
535 41 オタマロ 50 50 40 50 40 64 294 みず 0 すいすい うるおいボディ ちょすい
536 42 ガマガル 75 65 55 65 55 69 384 みず じめん すいすい うるおいボディ ちょすい
537 43 ガマゲロゲ 105 85 75 85 75 74 499 みず じめん すいすい 0 ちょすい
538 44 ナゲキ 120 100 85 30 85 45 465 かくとう 0 こんじょう せいしんりょく かたやぶり
539 45 ダゲキ 75 125 75 30 75 85 465 かくとう 0 がんじょう せいしんりょく かたやぶり
540 46 クルミル 45 53 70 40 60 42 310 むし くさ むしのしらせ ようりょくそ ぼうじん
541 47 クルマユ 55 63 90 50 80 42 380 むし くさ リーフガード ようりょくそ ぼうじん
542 48 ハハコモリ 75 103 80 70 70 92 490 むし くさ むしのしらせ ようりょくそ ぼうじん
543 49 フシデ 30 45 59 30 39 57 260 むし どく どくのトゲ むしのしらせ はやあし
544 50 ホイーガ 40 55 99 40 79 47 360 むし どく どくのトゲ むしのしらせ はやあし
545 51 ペンドラー 60 90 89 55 69 112 475 むし どく どくのトゲ むしのしらせ はやあし
546 52 モンメン 40 27 60 37 50 66 280 くさ 0 いたずらごころ 0 ようりょくそ
547 53 エルフーン 60 67 85 77 75 116 480 くさ 0 いたずらごころ 0 ようりょくそ
548 54 チュリネ 45 35 50 70 50 30 280 くさ 0 ようりょくそ マイペース リーフガード
549 55 ドレディア 70 60 75 110 75 90 480 くさ 0 ようりょくそ マイペース リーフガード
550 56 バスラオ 70 92 65 80 55 98 460 みず 0 すてみ てきおうりょく かたやぶり
551 57 メグロコ 50 72 35 35 35 65 292 じめん あく いかく じしんかじょう いかりのつぼ
552 58 ワルビル 60 82 45 45 45 74 351 じめん あく いかく じしんかじょう いかりのつぼ
553 59 ワルビアル 95 117 70 65 70 92 509 じめん あく いかく じしんかじょう いかりのつぼ
554 60 ダルマッカ 70 90 45 15 45 50 315 ほのお 0 はりきり 0 せいしんりょく
555 61 ヒヒダルマ 105 140 55 30 55 95 480 ほのお 0 ちからづく 0 0
556 62 マラカッチ 75 86 67 106 67 60 461 くさ 0 ちょすい ようりょくそ よびみず
557 63 イシズマイ 50 65 85 35 35 55 325 むし いわ がんじょう シェルアーマー くだけるよろい
558 64 イワパレス 70 95 125 65 75 45 475 むし いわ がんじょう シェルアーマー くだけるよろい
559 65 ズルッグ 50 75 70 35 70 48 348 あく かくとう だっぴ じしんかじょう いかく
560 66 ズルズキン 65 90 115 45 115 58 488 あく かくとう だっぴ じしんかじょう いかく
561 67 シンボラー 72 58 80 103 80 97 490 エスパー ひこう ミラクルスキン マジックガード いろめがね
562 68 デスマス 38 30 85 55 65 30 303 ゴースト 0 ミイラ 0 0
563 69 デスカーン 58 50 145 95 105 30 483 ゴースト 0 ミイラ 0 0
564 70 プロトーガ 54 78 103 53 45 22 355 みず いわ ハードロック がんじょう すいすい
565 71 アバゴーラ 74 108 133 83 65 32 495 みず いわ ハードロック がんじょう すいすい
566 72 アーケン 55 112 45 74 45 70 401 いわ ひこう 0 0 0
567 73 アーケオス 75 140 65 112 65 110 567 いわ ひこう 0 0 0
568 74 ヤブクロン 50 50 62 40 62 65 329 どく 0 あくしゅう ねんちゃく ゆうばく
569 75 ダストダス 80 95 82 60 82 75 474 どく 0 あくしゅう くだけるよろい ゆうばく
570 76 ゾロア 40 65 40 80 40 65 330 あく 0 イリュージョン 0 0
571 77 ゾロアーク 60 105 60 120 60 105 510 あく 0 イリュージョン 0 0
572 78 チラーミィ 55 50 40 40 40 75 300 ノーマル 0 メロメロボディ テクニシャン スキルリンク
573 79 チラチーノ 75 95 60 65 60 115 470 ノーマル 0 メロメロボディ テクニシャン スキルリンク
574 80 ゴチム 45 30 50 55 65 45 290 エスパー 0 おみとおし 0 かげふみ
575 81 ゴチミル 60 45 70 75 85 55 390 エスパー 0 おみとおし 0 かげふみ
576 82 ゴチルゼル 70 55 95 95 110 65 490 エスパー 0 おみとおし 0 かげふみ
577 83 ユニラン 45 30 40 105 50 20 290 エスパー 0 ぼうじん マジックガード さいせいりょく
578 84 ダブラン 65 40 50 125 60 30 370 エスパー 0 ぼうじん マジックガード さいせいりょく
579 85 ランクルス 110 65 75 125 85 30 490 エスパー 0 ぼうじん マジックガード さいせいりょく
580 86 コアルヒー 62 44 50 44 50 55 305 みず ひこう するどいめ はとむね うるおいボディ
581 87 スワンナ 75 87 63 87 63 98 473 みず ひこう するどいめ はとむね うるおいボディ
582 88 バニプッチ 36 50 50 65 60 44 305 こおり 0 アイスボディ 0 くだけるよろい
583 89 バニリッチ 51 65 65 80 75 59 395 こおり 0 アイスボディ 0 くだけるよろい
584 90 バイバニラ 71 95 85 110 95 79 535 こおり 0 アイスボディ 0 くだけるよろい
585 91 シキジカ 60 60 50 40 50 75 335 ノーマル くさ ようりょくそ そうしょく てんのめぐみ
586 92 メブキジカ 80 100 70 60 70 95 475 ノーマル くさ ようりょくそ そうしょく てんのめぐみ
587 93 エモンガ 55 75 60 75 60 103 428 でんき ひこう せいでんき 0 でんきエンジン
588 94 カブルモ 50 75 45 40 45 60 315 むし 0 むしのしらせ だっぴ ノーガード
589 95 シュバルゴ 70 135 105 60 105 20 495 むし はがね むしのしらせ シェルアーマー ぼうじん
590 96 タマゲタケ 69 55 45 55 55 15 294 くさ どく ほうし 0 さいせいりょく
591 97 モロバレル 114 85 70 85 80 30 464 くさ どく ほうし 0 さいせいりょく
592 98 プルリル 55 40 50 65 85 40 335 みず ゴースト ちょすい のろわれボディ しめりけ
593 99 プルンゲル 100 60 70 85 105 60 480 みず ゴースト ちょすい のろわれボディ しめりけ
594 100 ママンボウ 165 75 80 40 45 65 470 みず 0 いやしのこころ うるおいボディ さいせいりょく
595 101 バチュル 50 47 50 57 50 65 319 むし でんき ふくがん きんちょうかん むしのしらせ
596 102 デンチュラ 70 77 60 97 60 108 472 むし でんき ふくがん きんちょうかん むしのしらせ
597 103 テッシード 44 50 91 24 86 10 305 くさ はがね てつのトゲ 0 0
598 104 ナットレイ 74 94 131 54 116 20 489 くさ はがね てつのトゲ 0 0
599 105 ギアル 40 55 70 45 60 30 300 はがね 0 プラス マイナス クリアボディ
600 106 ギギアル 60 80 95 70 85 50 440 はがね 0 プラス マイナス クリアボディ
601 107 ギギギアル 60 100 115 70 85 90 520 はがね 0 プラス マイナス クリアボディ
602 108 シビシラス 35 55 40 45 40 60 275 でんき 0 ふゆう 0 0
603 109 シビビール 65 85 70 75 70 40 405 でんき 0 ふゆう 0 0
604 110 シビルドン 85 115 80 105 80 50 515 でんき 0 ふゆう 0 0
605 111 リグレー 55 55 55 85 55 30 335 エスパー 0 テレパシー シンクロ 0
606 112 オーベム 75 75 75 125 95 40 485 エスパー 0 テレパシー シンクロ 0
607 113 ヒトモシ 50 30 55 65 55 20 275 ゴースト ほのお もらいび ほのおのからだ かげふみ
608 114 ランプラー 60 40 60 95 60 55 370 ゴースト ほのお もらいび ほのおのからだ かげふみ
609 115 シャンデラ 60 55 90 145 90 80 520 ゴースト ほのお もらいび ほのおのからだ かげふみ
610 116 キバゴ 46 87 60 30 40 57 320 ドラゴン 0 とうそうしん かたやぶり きんちょうかん
611 117 オノンド 66 117 70 40 50 67 410 ドラゴン 0 とうそうしん かたやぶり きんちょうかん
612 118 オノノクス 76 147 90 60 70 97 540 ドラゴン 0 とうそうしん かたやぶり きんちょうかん
613 119 クマシュン 55 70 40 60 40 40 305 こおり 0 ゆきがくれ 0 0
614 120 ツンベアー 95 110 80 70 80 50 485 こおり 0 ゆきがくれ 0 すいすい
615 121 フリージオ 70 50 30 95 135 105 485 こおり 0 ふゆう 0 0
616 122 チョボマキ 50 40 85 40 65 25 305 むし 0 うるおいボディ シェルアーマー ぼうじん
617 123 アギルダー 80 70 40 100 60 145 495 むし 0 うるおいボディ ねんちゃく かるわざ
618 124 マッギョ 109 66 84 81 99 32 471 じめん でんき せいでんき じゅうなん すながくれ
619 125 コジョフー 45 85 50 55 50 65 350 かくとう 0 せいしんりょく さいせいりょく すてみ
620 126 コジョンド 65 125 60 95 60 105 510 かくとう 0 せいしんりょく さいせいりょく すてみ
621 127 クリムガン 77 120 90 60 90 48 485 ドラゴン 0 さめはだ ちからづく かたやぶり
622 128 コビット 59 74 50 35 50 35 303 じめん ゴースト てつのこぶし ぶきよう ノーガード
623 129 ゴルーグ 89 124 80 55 80 55 483 じめん ゴースト てつのこぶし ぶきよう ノーガード
624 130 コマタナ 45 85 70 40 40 60 340 あく はがね まけんき せいしんりょく プレッシャー
625 131 キリキザン 65 125 100 60 70 70 490 あく はがね まけんき せいしんりょく プレッシャー
626 132 バッフロン 95 110 95 40 95 55 490 ノーマル 0 すてみ そうしょく ぼうおん
627 133 ワシボン 70 83 50 37 50 60 350 ノーマル ひこう するどいめ ちからづく はりきり
628 134 ウォーグル 100 123 75 57 75 80 510 ノーマル ひこう するどいめ ちからづく まけんき
629 135 バルチャイ 70 55 75 45 65 60 370 あく ひこう はとむね ぼうじん くだけるよろい
630 136 バルジーナ 110 65 105 55 95 80 510 あく ひこう はとむね ぼうじん くだけるよろい
631 137 クイタラン 85 97 66 105 66 65 484 ほのお 0 くいしんぼう もらいび しろいけむり
632 138 アイアント 58 109 112 48 48 109 484 むし はがね むしのしらせ はりきり なまけ
633 139 モノズ 52 65 50 45 50 38 300 あく ドラゴン はりきり 0 0
634 140 ジヘッド 72 85 70 65 70 58 420 あく ドラゴン はりきり 0 0
635 141 サザンドラ 92 105 90 125 90 98 600 あく ドラゴン ふゆう 0 0
636 142 メラルバ 55 85 55 50 55 60 360 むし ほのお ほのおのからだ 0 むしのしらせ
637 143 ウルガモス 85 60 65 135 105 100 550 むし ほのお ほのおのからだ 0 むしのしらせ
638 144 コバルオン 91 90 129 90 72 108 580 はがね かくとう せいぎのこころ 0 0
639 145 テラキオン 91 129 90 72 90 108 580 いわ かくとう せいぎのこころ 0 0
640 146 ビリジオン 91 90 72 90 129 108 580 くさ かくとう せいぎのこころ 0 0
641 147 トルネロス 79 115 70 125 80 111 580 ひこう 0 いたずらごころ 0 まけんき
642 148 ボルトロス 79 115 70 125 80 111 580 でんき ひこう いたずらごころ 0 まけんき
643 149 レシラム 100 120 100 150 120 90 680 ドラゴン ほのお ターボブレイズ 0 0
644 150 ゼクロム 100 150 120 120 100 90 680 ドラゴン でんき テラボルテージ 0 0

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

初期seed実験

これまで分かっていること:

タイトル画面からゲームを始めるまで、かけた時間とか、漢字orかな設定は初期seedには影響していない。

これをもとに以下の実験を行った

仮説:

初期seedはDSの製造番号が関わる。
ブラックかホワイトかで微妙に異なる
ブラックごと、ホワイトごとでは差がない

検証いくつか:

黒1黒2と白+DSorDSliteで実験

起動時刻を

2010年9月18日10時00分10秒

誕生日を

12月04日

にDS二台とも設定して何回か実験


結果1

黒1+初代=18030二連続

とりあえずいったんそこで切り上げ

結果2

黒1+lite=09597、40024、53326、09597

結果3


黒2+初代=56729、55138、18030

結果4

白+初代=12030、36577,36577


感想:

仮説はおおむね正しそう。

裏付けを取るために、上の設定とまったく同じやつで何回か試してくれる人を募集します。

更に、誕生日を大きくずらしたりすると、変化があると言っている人もいたので、(僕はまだ試していません)検証してもいいかもしれません。

コメントレス

>ケイさん

DSの電源入れて時計が表示されている画面で、ソフトを選択する時間です。

>みなさん

検証協力ありがとうございます。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

一つ前の記事

>あああさん

有益な情報ありがとうございます。確かめてみます。


コメント抜粋


>また初期seedの決定が
>DS本体の製造番号とソフト起動日時
>に依存するようになったっぽいです
>(まだ確定ではない)

これ凄いですね。ただDSが古くて製造番号削れていると言うw
本当かどうか複数人で検証する方法を考えてみます

ただ、ネット上で同じ時間設定でもブラックとホワイトで違う初期seedだったという報告を見たことがあるので、もしかしたらBWのソフトの製造番号も絡んでいるかもしれませんね。


コメントレス

>errorさん

製造番号よりはそっちの方が確かにあり得ますね。
初期設定のときにID決定というのは初めて知りました。

過去作に使っているのなら十分あり得ますね。


テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

現在

対戦に関することいろいろ調査中。

おコダ君に確認してもらったこと。

ロトムはFCするとタイプが、でんき+専用技のタイプになる。特性はそのまま。
後で一応自分で全タイプ確認します。

また、ロトムがバトルタワーでもFCのまま使えた。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

クリア

初回クリアにのんびり30時間もかけましたww

調査したいこと

ゴツゴツメット:ダメージ計算の仕方。みがわりに当たって発動するのか。

技の威力がいろいろ変わっているので、それらの情報収集。花弁の舞が逆鱗化しているし。

ジュエル系:ダメージの上昇割合。

追加技は全85種類らしいが、それらをまとめる:



きのみ:弱点半減実、イバンの実などがゲットできるかどうか。

各ポケモンに使える技マシン、遺伝技。

威嚇の仕様変更が本当かどうか。かかる対象がダブルトリプルでどうなっているか。

大爆発のダメージが従来に比べ半減という噂。

ロックブラスト系はタスキを貫通するようになったらしい。つっぱりで確認した気がするが、一応もう一回確認する。


逃げる相手においうちで留めを刺した場合、タスキを貫通するかどうか。

拘り持ちで追い打ち使って、相手が交代した場合に技が固定されるかどうか。

バトレボ特有の、とんぼ返りもちがとんぼ返り持ちに変わった時の固定バグがあるか。
バトレボ特有の、拘り持ちが技Aを打って、こちらの技Aを持つこだわりポケモンが相手を追い打ちで倒した時に、技Aで固定される現象が起きるか。
(マンダの文字をスカーフバンギが起きた時によく起きるバグ)

そもそも追い打ちバグが残っているか。

逆鱗中に猫騙しなどでひるんだ時に、逆鱗がストップするか。

アンコールちょうはつねむり混乱の継続ターンは、PtHGSS準拠か。


そもそも、個体値実数値ダメージなどの計算法が今までと変わっていないか。


なんか知ってることがあったら誰か教えてくださいw

育てやで孵化するとき、パワー何とか系の個体値継承効果が残っているかどうか。
変わらずの石がオスメス両方について持たせたときに効果を持つか。


コメントレス

>N@MIさん

ありがとうございます。バンギが健全になりましたね

>アスさん

確認報告ありがとうございます。これはグロスにとって痛いですね。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

また規制された

特に大切なシステム上の変更(そのうち自分で確認したもの)だけここに。他は追記。

どくどく命中率が90

ロックブラストも90

続きを読む »

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

実況その2

ツイッター規制された

また追記に適当に書く

続きを読む »

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

実況

http://twitter.com/atmark680

でしてるんでこっち見てくださいw

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

BWプレイ開始

追記に適宜プレイ日記を追加する感じで進行する予定。

俺の現在のシナリオ攻略状況が見たい人は、追記を見る感じでお願いします。

続きを読む »

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

一つ下の記事

微妙に加筆修正を出先から携帯でやったりした。多分これですぐ思いつくことは全部書いた……かな?

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

シングル印象まとめ

長いよ。抜けがあるけど、面倒だからもう書かない。




ガブリアス


最初から最後までずっと最強クラス。「つるぎのまい」「ほのおのキバ」ならエアームドも二発で倒せる。
そのため、交代からガブリアスを安全に対策することは諦めた方がいい。ソーナンスで無理やり持っていくのが一番安定した対策ではある。

受けづらい上に、こだわりスカーフ持ちだと耐久に振って後出しもしやすかったりする。

タイマン性能もあり、中々に高い耐久とそれなりに優秀なタイプを活かして後出ししてくる可能性もあり、受けづらさはトップクラスという、DS対戦の中心にいたポケモン。

型も耐久を上げて後出しをとてもしやすくしたスカーフ型や、とくこうを上げてりゅうせいぐんを持たせた型など多岐に渡り、非常に幅広かった。それらの中でも特にバンギラス解禁後のタスキガブは猛威をふるった。

AS252+タスキ+げきりんじしんつるぎのまい何か
という構成で適当に使うだけで最強クラスという凄いポケモンだった。

ゲー研は変人の集まりだから、でんじはを利用したみがわりガブリが一時期流行した。

ロトムがでんじはを撃って、そこにバンギラスが出てきたとする。
その後ロトムででんじはのみ連打してわざと相手に倒させてガブリアスを死に出しすると、すながくれが発動したガブリアスがまひした相手の前に出てくる。

その後は適当にみがわり、つるぎのまいetcで勝負を決めることも難しくなく、初見殺しとしてかなり強力な戦術であった。




メタグロス

ガブリアスに易々と「げきりん」を打たせないためにも、鋼タイプは非常に需要が高まった。

メタグロスは型次第でやれることが全然変わり、型を工夫することで対処できない相手はいないといってもよいぐらい。

対処幅と型が幅広いお陰で、相手にしてると型次第では一気に不利になる圧迫感があるポケモンでもある。

対処幅の広さと、鋼タイプの需要がかみ合い、DS対戦では使用率が常にトップだった。

また、HP187とくぼう133グロスはとても使いやすいので、耐久調整の利便性が分かる入門ポケモンでもあった。



ボーマンダ

受けづらいが、ガブリアスより遅いためにタイマン性能の弱さが指摘され続けていたポケモン。

いのちのたま持ち二刀マンダは受けづらいことは受けづらいが、タイマン性能が高くはないため、環境の中心の型とは言えなかった。

タイマン性能をカバーする桂馬ンダが流行ったり、ガブがりゅうせいぐん持ち始めたから桂馬ンダが絶滅したりと、環境によって特に型が変わっていったポケモン。

桂馬ンダはPtのころがげきりんの習得で一番強かったと言える。Ptでゲンガーが減ったのでヘラクロス対策に桂馬ンダが増えたが、その陰にはスカーフ持ちの「げきりん」連打が非常に強力だったことも上げられる。

途中からは結局元の素早さで負けているマンダでガブリを相手にするのは無理があるということで、ナンスと組み合わせて一気に抜くたまりゅうまいマンダや、スイクンに後出ししてりゅうせいぐんで倒すネオ桂馬ンダに流行が移って行った印象。

どの型も高個体値が要求されるので、乱数調整の影響も強かったポケモン。




ゲンガー

DPで猛威をふるったさいみんポケ。さいみん命中70%だった時代は最強ポケモンだったといっても過言ではなく、シングルの構築はガブリゲンガグロスの三体を確定で組むのでよかったぐらい。

DP時は

ゲンガー@タスキ
むじゃきAS252
シャドボ
きあいだま
だいばくはつ
さいみんじゅつ

がテンプレだったが、稀にカウンターみちずれだいばくはつ全採用のゲンガーなどもいて、ラムを持ったメタグロスがカウンターで処分されると、さいみんじゅつ+だいばくはつで実質3体ゲンガーが持っていく可能性もあるという、とても嫌らしいポケモン。

技の選択肢も多く、さいみんじゅつは分かっていても強力というポケモン。ハピナスに「ねごと」を持たせるのが流行ったのはこいつのせい。

欠点は、ゲンガーに安定して勝てるポケモンはごくわずかだが、ゲンガーが安定して勝てるポケモンはもっと少ないという不安定さ。

さいみんじゅつが弱体化してからは使用率が減ったが、HGSS環境では砂嵐下でのガブリアスを「みちずれ」する
光景も稀に見られた。



ミロカロス

さいみんじゅつ使いその2

DPでは猛威をふるった。ドラゴンに安全に受けに出す耐久力はないので耐久に過信は出来ないが、いったん有利な状況を作ったらさいみんじゅつで相手を圧迫する性能が異常だった。

ミロカロスにタイマンで勝てるポケモンは多くなかったので、そいつが交代際に眠らされたりすれば大変なことに。

ミロカロスはスイクンより特殊耐久が高く、じこさいせいがあるので、スイクンより特殊耐久で優れたポケモンと言える。そのため、水ポケでメジャーなのがミロカロスだったDP時代は、ボーマンダにとって今より辛い時代であったともいえる。

型の一例としては、

@ラム
ずぶとい

H252振り
すばやさ実数値120程度
残りぼうぎょ

なみのり
れいとう
じこさいせい
さいみんじゅつ

がある。当時はグライオンが多かったので、ミロカロスとしてはグライオンより早くしたかった。
グライオンより遅いと、ギロチン二発もらうのでよろしくない。

ゲンガーのでんき技所持率が周りではあまり高くなかったため、ラムミロカロスはゲンガーのさいみんじゅつを意識したポケモンとしても人気があった。





ヘラクロス

タイプ一致120技が二つという極めて止めにくいポケモン。ハチマキ持ちならエアームドさえ二発で落とす。

火炎玉ヘラクロスが最初期の頃流行ったが、いつの間にかスカーフorハチマキばかりに。
ヘラクロスはスカーフかハチマキか分かるまで、とても止めづらいのが嫌らしいところなのに、わざわざアイテムを晒す火炎玉はよくないということだろう。

特殊耐久が高いので、スイクンなどにも交代で出しやすいのが特徴。
また、一致120二つを生かしてスカーフを持たせることも多い。

600族が苦手な相手を倒す、後出し重視のハチマキ型か、タイマン性能を底上げするスカーフ型かという選択肢である。

ハチマキ持ちはねごとを持たせることが多く、DP時は数少ないミロカロスに交代で安定するポケモンとして活躍した。

ラティオス、バンギラス解禁のHGSSではスカーフ持ちが従来に比べて圧倒的に増えた。



ギャラドス

種族値が高い半面技の威力に恵まれていない。また、耐久面や火力面の種族値はいいもののいまいち遅いことも欠点。

基本的にギャラドスはやりたいことを一つ決めて、それに備えて努力値を極振りするのがいい。
HS252のみがわりりゅうのまいや、AS252のいのちのたまりゅうのまい等が特に人気があった。
こいつはいろいろ配分して器用に立ち回れるほどの種族値はない。

現在もソーナンス対策のちょうはつりゅうのまい、スイクン(昔はミロカロス)対策のみがわりりゅうのまい、砂パでのでんじは撒き型など、型が多いポケモン。

極端な強さはないものの、構築時に使い方をイメージしやすいのが特徴。使いやすくて便利なポケモンとして、DPからHGSSまで高い使用率を誇っている。




サンダース

ライコウが乱数調整できるまで頑張ったポケモン。
ねごとを持たせてミロカロス対策したり、どくどく持たせてノイコウ対策したりと、面倒なポケモンの対策が出来たところは昔は強かった。

いのちのたまを持たせると、一回みがわりを決められたらその後の対処が困難になるというポケモンで、普通に殴るだけでもかなり面倒くさいポケモンではあった。



ハピナス

ねごとを持たせてゲンガー対策に大人気な時代があった。
また、覚える技が豊富なので地味に受けづらいことも特徴の一つ。ハピナスへの後出しはかなりリスキーである。

@オボン
れいとうビーム
10まんボルトorかみなり
ねごと
タマゴうみ

がDP時代のテンプレ。

ハピナスは物理耐久も高く、ギャラドス程度だとタイマンでさえ負けてしまう。

DP初期に注目度が高かった二刀マンダにもタイマンで余裕で勝て、それどころか耐久に厚くしたオボンハピなら当時のげきりんがないボーマンダ相手なら後出しからも比較的安定して対応することが出来た。

当時は非常に環境に恵まれたポケモンであったと言える。

Pt以降はゲンガーの減少に伴い需要も減った。ソーナンスが増えたこともハピナスにとっては面倒くさい事態である。

また、よくハピナスの問題点で火力がないことが上げられるが、実際は後出しできる対象が少ないことが問題点として上げられる。相手がハピナスが後出しできる相手を選出しないと言う事でさえざらである。
相手が、タスキガブのようなタイマン性能の高いポケモン中心で選出してきた場合、後出ししづらいハピナスは足手まといになることが多くなった。

10

カビゴン

一番の問題点は特殊耐久があまり高くないことだと言う不思議なポケモン。
メガネスターミーのサイキネ3発で倒れるので、DP時代はスターミーへの後出しさえ出来ないポケモンだった。

ミロカロスには後出ししてもさいみんじゅつを受け、ルンパッパにはやどりぎのたね警戒でそもそも出すことが出来ない。
お得意様相手のハピナスにさえ、後期にはグライオンの後出しからギロチン連打を食らうと言う、アタッカーにも受けポケにも出しづらい非常に逆風な時代があったといえる。

安全に後出しできる対象が少ないので、ライコウetcのどくどく対策として特性はめんえきが段々人気が出てきた。ただでさえ後出ししづらいポケモンなので、有利な相手にはとことん有利にして使おうということであろう。

HGSSでは火力が全体的に落ちてどくどくが流行っているタイミングで出てきて、対策をおろそかにしている相手を一気にたたみかけるポケモンであった印象が強い。
火力が低いポケモンが集まっていると、カビゴンを倒すのは往々にして困難である。

安全に後出しできる相手が減ったとはいえ、カビゴン自体はたたみかけるのが得意な、相手に大きな圧力をかけることが出来るポケモンである。

11

ソーナンス

DP時代はさいみんじゅつが流行っていて使用率が少なかった。
他にも、ギロチン持ちグライオン、やどりぎ持ちルンパッパなど当時自然に採用されるポケモンに相性が悪かったのも痛いところである。


がPtで状況が一変。さいみんじゅつの弱体化+ロトムの登場でグライオンが消える+ユキノオーが多くなってルンパッパが消える。といった環境変化とともに一気にブレイクした。
強力なアイテムであるこだわりスカーフの相手が大得意なポケモンであるので、メタ的にとても強いポケモン。

基本的にオボンのみを持たせれば大抵の攻撃を二発耐えることが出来る。
努力値配分が難しいポケモンではあるが、面倒ならずぶといBD252振りで十分強い。


HGSSになってからはバンギラスという天敵が現れたが、バンギラスがいると更に増えるガブリアスにソーナンスがかなりの圧力なので、結局ソーナンス自体は減らないと言う不思議な現象が起きたりした。

とはいえ、きれいなぬけがらを投入する人も稀に現れたり、全体的な傾向で徐々にソーナンス意識でどくどくの採用率が上がっていったので、そう簡単に使えるポケモンとはならなくなった。

どくどくアンコールから、ポイズンヒールキノガッサに繋げたり、適当に攻撃をアンコールした後にいのちのたま持ちりゅうのまいギャラドスに繋げて全抜きするなど、何かしらの工夫をしないと使いづらくなっていった。

どくどく持ちは徐々に増えていったので、使用率はHGSS初期はかなり高かったものの、後期になるにつれ減っていった。

ソーナンスは「勝ちにつながる一対一交換」を考えさせてくれるポケモンということで、使ってみると立ち回り面で非常に勉強になることが多いポケモンだともいえる。

12

スターミー

安定した強さを誇る良ポケの見本。
DP時代はしぜんかいふくの特性なことも大きなメリットで、使用率が現在より高かった。

ゲンガーより早く、ミロカロスにもタイマンで有利というのは非常に大きなメリットだったのである。

ガブリアスのげきりん一発では乱数が悪くないと落ちないなど、耐久面も絶妙だったことがポイント。

ヤチェガブリをメガネふぶきで一確出来たりして、DP前期は環境的に非常に恵まれていたポケモン。

DP時代はメガネサイキネ連打している光景がよく見えた。
当時はソーナンスが少なく、オフラインでバンギラス、ラティがいないことがしばしばだったので、スターミーのサイコキネシスは非常に強かった。
ソクノギャラドスも多かったため、10まんボルトとギャラドスへの確定数が変わらなかったことも大きい。

が、極振りスカーフマンダのりゅうせいぐん一撃で落ちることや、Ptでのユキノオーの流行で徐々に減り始め、HGSSではスカーフバンギラスが採用率高かったことを受け更に使用率が落ちた。

とはいえ、まだまだ十分強い良ポケである。



13

ユキノオー

Ptになってから、ゲンガー枠が空いたことできあいのタスキが余ったので、タスキユキノオーが使いやすくなった。相手の初手さいみんじゅつが減ったことも追い風となり、タスキユキノオーはPtでは大人気だった。

特にトドゼルガと組んでの無限トド戦術は、強力コンボとしてプラチナで一世を風靡した。

ユキノオー自体の方は、CS252、AC252、HA252、HC252のどれかをベースにして、適宜振り分けると言うのが多かったが、かなり個人の好みが努力値配分に反映されやすいポケモンだった。

ちなみにゲー研のユキノオーはCSベースが圧倒的に多かった。

トドゼルガと組む場合は、相手の水ポケはトドゼルガのコンボの起点に出来るのであまり怖くないので、草技を切るケースも多かった。


HGSSになってからは、ドラゴンへのふぶきに合わせてバンギラスが出てくると、バンギラスがあまり削れない上にこちらのタスキだけ削れるので、窮屈な立ち回りが多くなり使用率が減った。

14

トドゼルガ

霰状態でたべのこしを持たせて、まもるみがわり繰り返しで相手を霰ダメージで削り倒す無限トドが強力。
ヘラクロスでさえ、遅いヘラクロスだと最速無限トドの起点にされる。

構築時点で対策を頭に叩き込む必要があるので、Pt時代は構築への圧迫感が随一だった。
とはいえ、バンギラス解禁後は流石に使用率が大幅に減った。

どくどく所持率が高くなったのは、こいつとソーナンスのせいである。


15

アグノム

スターミーと同じく高速特殊アタッカー。耐久値も結構似ている。こちらも脆いがガブリアスのげきりんを耐えられて、ガブリアスより早いので最低限の耐久はあると言える。

スターミーをより攻撃的にしたポケモンで、対策していないと二体程度は平気で持っていくポケモン。

HP187とくぼう133グロスが増えてからは暴れにくくなったものの、たまに出てきて適当に暴れるとかなり厄介。

ただ、HP187とくぼう133グロス、タスキゲンガー、スカーフヘラクロス、スカーフバンギラス、タスキユキノオー、無限トドといった面々にあまり強くないので、ポテンシャルは高いもののメタ的な意味で採用まで至ることは少なかった。

16

グライオン

ハピナスと組んでのハピナスグライオンループが印象的だったポケモン

流れは、

DPでゲンガー強すぎ。ねごとハピナス入れよう。

ギャラドス、ガブリアス、ヘラクロスといった面々をハピでも後出し対象で意識したい。どうするか。

ヘラクロスをグライオンに丸投げして、ギャラドスガブリアス対策の攻撃技をハピナスに持たせるのがよさそう

サルとかもちょっと面倒

とりあえずゲンガー入れとけば、受けループをつるぎのまいとかで突破してくるガブリアスにも強いからいいだろう。

のように、ハピナスグライオンゲンガーメタグロスが一時期流行った。

特殊ポケモン相手にはハピナスを出し、物理ポケモン相手にはグライオンを出すことで、相手が先に「ハサミギロチン」なりで倒れるのを待つという勝ち筋に重きを置いた構築である。

Ptからはグライオンではロトムが辛いと言う事と、そもそも受けループは無限トドに弱すぎると言う事で減少の一途をたどった。

17

ゴウカザル

受けづらいポケモンの代名詞のように言われるが、実際はもっと受けにくいゲンガー、ギャラドスが苦手なので、採用されることはDPtHGSS通してそこまで多くなかったポケモン。

バンギラスが解禁してからは、悪技を半減できる数少ないポケモンの一体として、ラティアスラティオスが解禁したにもかかわらず少し需要が上がった。

ゴウカザルを使用する場合は、耐性が非常に優れたポケモンとしてガンガン後出ししていくのが好ましいと私は考えている。

HGSSではスカーフバンギetcに対抗するため、耐久に振ったシュカ持ちが稀にいた。


18


ルンパッパ


DP時代はメタグロス受けとして人気があった。ギャラドスに相性がいいのも大きい。

物理耐久に優れたポケモンではあるが、Ptで天敵のユキノオーの増加に伴い姿を消していった。
HGSSではルンパッパでは種族値が低すぎて前線から取り残されていった館がある。


19


ドータクン

対策しづらいポケモンの代表としていつの時代も厄介なポケモン。

ガブリアスに後出しするのがかなり安定する部類であるし、メタグロス相手への圧迫感もとても強い。

問題はさいみんじゅつに頼らないと火力が低いと言う不安定さ。
DP時代もドータクンでさいみんじゅつ使うよりミロカロスでさいみんじゅつを使う方がすばやさの関係上使いやすかったので、使用率はそこまで高くならなかった。

20

トゲキッス

使用率は高くなかったものの、たまに使われるとかなり困った。
トゲキッスより早いスカーフ持ちが増えたり、ロトムバンギラスが解禁されると使用率はかなり低くなった。

タスキゲンガーが強かったDP時が一番強かっただろう。

21

ライコウ

コロシアムは個体値厳選が困難なため、めざパ氷持ちライコウは流石に対策として切っている人が多かった。
DP時は厳選の手間が低くなったノイコウを使う人がそれなりに出てくる。

ノイコウは受けづらく対策が難しい型として、一躍構築時に対策を意識する型に昇格。

ノイコウはゲンガー対策+相手のゲンガー対策のハピナスグライオン対策として使われたが、環境的にノイコウ出現後はユキノオーが増えだしたことがやや逆風とはなった。

HGSSでは乱数調整の発達により、理想個体値のライコウが簡単に手に入るようになり、ライコウが一気に強化。

特殊耐久を挙げてボーマンダのりゅうせいぐんにも無理やり後出しできるネオノイコウ
カゴを持たせて場持ちをよくしためいそうねむる、みがわりねむる
ノイコウ

と型にも選択肢が増えた。

最初はバンギラスに圧されて使用率が低かったが、ガブリアスラティオスより早くスイクンにタイマンで強いので、使用率は徐々に上がっていった。

ノイコウに限らず相手のこだわり持ち対策としてまもる持ちライコウが増えたことが特徴として挙げられる。
まもるライコウは、ボーマンダなどとも相性がよくとても使いやすい。


22

スイクン

HGSSで個体値厳選が容易+乱数調整もとても容易なので、ライコウと同じく強化されたポケモン。

とはいえ、ロトムという同じようなすばやさのポケモンがいるせいで、すばやさに多少振る必要が出てきて、結果的に乱数調整出来るようになる前より脆くなるという不思議なポケモン。

めいそうねむる型はHGSSだと使用率が落ち(ラティオスより遅いスイクンに積む暇はあまりない。)、どくどく持ちやまもる持ちが増えた。

どくどくが増えたことは天敵のソーナンス対策も意識してのことである。

HGSSでの登場時からガブリバンギグロス対策として期待され高い使用率を誇った。
ラティアスライコウの影響で使用率は若干落ちたものの、その強さは健在。
こごえるかぜを持ったスイクンは、タスキガブリに後出しで安定しやすい数少ないポケモンの一体であった。

使用率が落ちた理由は、ロトムより遅いと使いづらい上に、ロトムを意識すると耐久がかなり落ちることが理由の一つだろう。

もう一つ、特に大きな理由を挙げると、ソーナンスや無限トドを意識してスイクンetcにどくどく持ちが増えていって、スイクン自体が相手のどくどくがきつくなっていったことが挙げられる。

末期にはぜったいれいどを持ったスイクンが登場したが、あまり研究されないままHGSS環境が終わったことは否めない。

23

サンダー

やれることが非常に多い便利なポケモン。
ロトムと似たようなポケモンではあるので、Pt以降はロトムと常に比較された。

サンダーの特徴は

はねやすめにより、耐久に振ったリターンが大きくなること。
そもそもの種族値が高いのでロトムよりステータス上有利なところ。
ねっぷうという汎用ほのお技があること。
とんぼがえり。

シャドーボールがないので、交代先によらない高火力な技持ちとはならないところ。
ロトムはいるだけでだいばくはつを抑制できる。
トリック、おにび、リフレクター、ハイドロポンプetc
ロトムと違って、氷岩弱点。

といった辺りである。
以上の点を具体例で挙げると、舞ったギャラドスのエッジで死ぬ点などが、耐久を上げたロトムより劣る点。
逆に、ロトムではきついラティオスのメガネりゅうせいぐん耐え調整が出来たり、スイクンを抜く素早さにするにしてもサンダーの方が容易な点が長所として挙げられる。

ロトムを種族値の差でラティアスボーマンダなどで倒すのが定着化してくると、徐々に種族値の高いサンダーに人気が移った。

10まん
めざ氷
でんじは
はねやすめ

で耐久に厚くして使うのが使いやすいが、いろいろな型がある。

サンダーにバンギラスを後出しすることに拘りすぎると、まひしたバンギラスにみがわり持ちガブリアスが死に出ししてくることもあることは注意しておこう。

24

ハッサム

Ptでバレットパンチを持って一気にブレイクしたポケモン。

特殊耐久を上げてラティ対策に使われることが多かった。

努力値配分は

HA252
HD252
H252+ガブリアスのつるぎのまいじしん耐えまでB+残り適当

の三つが多かった感があり、特にHD252に近い配分が多かった感がある。
ハッサムはしんちょうHD252よりいじっぱりHD252の方が合計ステータスが高くなる上に、いじっぱりHD252でちょうどメガネラティオスのなみのり二発耐えるのが美しかった。

ソーナンスのどくどくアンコールからつるぎのまいを打つ光景なども見れ、やれることが非常に多いポケモンだった。

とはいえ、ガブリバンギグロスロトムスイクンサンダーに有利かというと、極端にきついということはないものの中々厳しくはあるので、そこまで使用率は伸びなかった。

入れる場合は、ラティナンスハッサムの3体がセットの光景がよく見られた。

ソーナンス 物理対策
ハッサム 特殊対策
ラティ いろいろ

といった感じである。

25

FCロトム

オフライン限定の厨ポケ。とにかく面倒なポケモンだった。

タイプも技も優れているため、初期の頃は対処法に多くの人が困った。
結局は種族値が低いことが唯一の弱点なので、ハチマキガブリアスを後出ししたり、メガネラティアスを後出ししたりと、一気に倒す対策が主流となった。

種族値の低さを突かれだすと信頼性が落ちるポケモンなので、HGSS中期からは使用率が大分減ったポケモンである。
特にスイクンに後出しする関係上スイクンよりすばやさを上げる必要が出て、スイクンとすばやさ競争で互いに足を引っ張りながら両方とも結局環境から消えていった感もある。(スイクンが少なくなったのはすばやさ競争の影響より、どくどく所持率etcの影響が大きいが。)

スイクンはすばやさ調整してもまだやりたいことが出来るステータスを持つ極めて優秀なポケモンではあったが、ロトムはスイクン意識するとステータスが大きく落ちてしまうのだ。

が、Pt時代のオフラインにバンギラスがいなく、かつ対処法が知られていないときの鮮烈な印象は多くのトレーナーに焼き付いているだろう。

現在も勿論一定の使用率はあり、メガネ持ちやでんじは持ちで使われる。サンダーと違って耐久を厚く振るとギャラドスのこうげきを耐えることが大きいか。

26

ラティオス

ゲー研だとバンギラス解禁まで解禁されなかったポケモン。しかしラティオスが解禁される頃にはFCロトム、タスキガブ、特殊耐久調整グロス、バンギラスなどが大量にいて、使いづらい面も大きかった。

でも適当にりゅうせいぐん撃ってるだけで強いので十分使われた。

27

ラティアス

オフラインだとFCロトムの影響でラティアスがラティオスより断然使いやすい。

H12B4C228D12S252振りがメジャー。メガネを持って適当に殴るので十分使いやすい。

ラティオスとの違いは、相手のグロスがこうげきを落としてたらハチマキコメットを耐えたり、相手の調整ロトムのメガネシャドーボールを絶妙に耐えること。

環境にいがちなポケモン相手にダメージ計算上相性が良かったので、ラティオスより徐々に使用率が上がっていった。

28

バンギラス

スカーフを持たせるとガブリとラティより早くなり一気に使いやすくなるので、スカーフが多かった。

ガブリアスを倒すにはれいとうビームが一番努力値効率がいいという事と、ソーナンスのミラーコート無効という事から特殊型も多かった。スイクンがバンギラスに有利かというと、特殊型まで想定するとそうとは言えない部分がある。

二刀スカーフ、メガネ、ハチマキなどが多かったが、たまにでんじはを撒いてガブリアスをサポートするタスキバンギなどもいた。

ヘラクロスなどバンギラスが苦手な相手は結構いるが、バンギラスがいないと苦労するポケモン(ライコウロトムサンダーラティ無限トドetc)を対策するのが難しいので、独特の役割を持つポケモンとして非常に高い使用率を最後まで誇った。


ガブリバンギグロスという3体確定で入った構築が非常に多かったが、この3体は努力値振りと技構成を適当にいじるだけで、対処幅を大きく変えることが出来るので、相手にして想定する場面が多く、相手に選択肢を絞らせないことが強さの一番の要因だと私は解釈している。




テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

ネタ埋め

極限覗いたらちょうどいいのが落ちてたからネタ埋め

Q1. 今回はブラックとホワイトどちらを買う予定ですか?

A1. 各三本

Q2. これまでに発売されたポケモンは、どれくらいプレイしたことがありますか?

A2. 初代は赤緑両方プレイ。金銀は一応金を通常プレイしたけど、速効通常プレイしただけで何も記憶がない。多分暇なときに午後一日かけてプレイしてクリアして、即手元からなくなったw
 
 以降所持しているのは

ルビー
サファイア
エメラルド 3
ダイヤ 2
パール 3
プラチナ 3
ゴールド 4
シルバー 2


だけど、クリアしたのはエメラルドよりダイヤが先。

総プレイ時間は多分短い。ゲーム内時間だと2000時間ぐらい?


Q3. 最初のポケモンは3匹の中からどれを選ぶ予定? 理由もあれば教えてください!

A3.ブラックの方が買う人少ない+ボカブ人気ないので、ブラックボカブで始める予定。

Q4. 今回新たに登場するポケモンの一部が既に判明していますが、気に入ったポケモンや気になるポケモンはいますか?

A4. タワー準拠戦:デスカーンが、はがね/ゴースト、ふゆうのポケモンに進化しそうで、嫌らしいポジションになるのではないかと期待。
    伝説戦:ゼクロムのでんき/ドラゴンはカイオーガ対策になりつつ、ホウオウのブレイブバードを受けられるタイプなので期待。ディアルガより早くて特殊耐久があるとディアルガの代わりに使うんだけど、こいつディアルガより脆そうだなぁ。
    その他:ビクティニが幻扱いかどうか気になる。

Q5. 歴代ポケモンシリーズのなかで、あなたが好きなポケモン1位~3位を教えてください!

A5. 一位 メタグロス 二位 ドーブル 三位 ガブリアス 

Q6. これまでのポケモンシリーズで、一番思い出に残っていることといえば?

A6. WCS東京B1大会カテゴリーB準優勝

Q7. ブラック・ホワイトの発売日は9月18日(土)ですが、いつごろ購入予定?

A7. ポケセンで買ったので家に届きます。多分発売日の朝?

Q8. ゲームを始めたら、クリアするまで集中的にやる?それともじっくり日にちをかけて少しずつ楽しむ?

A8. クリアは一気にやります。

Q9. あなたが持っているポケモン関連グッズなどあったら教えてください!

A9. ディアルガドールとルギアドールのでっかいやつ。

Q10. 最後に、ポケモンへの想いを自由に叫んでください!

A10. やったーラムじゃない!

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

HGSSシングル



ガブリアス
メタグロス

(ライコウorバンギ)

(スターミースイクンファイヤーサンダーナンスギャラサルロトムドータクンハッサムカバルドン)から二体

(左の枠からもう一体orラティマンダアグノムゲンガー)


ユキノオー入れると場合分けが一気に増えて煩雑になるから略。
ユキノオー抜きなら、これが自分のHGSS環境での思考パターン。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

発売一週間前

順調にブログのアクセスが増えてきた。そろそろ新作発売ムードが高まってきた感じですかねw

出来たら極限に初心者でも対戦に入りやすくなる入門記事とか寄稿したいんですが、能力と時間が圧倒的に足りない><

あ、よく考えたらこのブログは(URLの通り)プラチナ発売のときに極限DBように作ったブログだから、ちょうど今がブログ二周年ぐらいだ。

いやはや、初期のころからの読者の方がどれくらいいるか知りませんが、
(2009年1月の一日の訪問者は80人ぐらいだったのが、先週は一日平均680人ぐらい。最大時は一日平均800人。)
最初からいる方も途中から来て下さった方も、どうもありがとうございます。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

アルセウス

新作にアルセウス送り込むと、シント遺跡が活用できなくなるから送り込めないことに気付いた。

アルセウスまた配布してくれよ……


間違って配布レジギガス送り込んだりしても、レジ三体がDSで取れなくなる惨事になりますね。


リアルにありそうなのが、新作でははっきんだまが手に入らないから、オリジンギラティナが旧作からはっきんだま送り込まないと手に入らないとかそういう仕様になってること。結構ありそうじゃないww?

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

ゾロアーク

ゾロアーク見てきたけど、セレビィの声優が釘宮なことより、終わった後にゾロアークの声優がロランだったことの方が驚いた。
あれがロランとは全く分からんって。

ミュウツーの逆襲でのカメックスが玄田哲章だったとき以来の驚きだ。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS - ジャンル : ゲーム

プロフィール

@

Author:@
好きなゲーム:パズドラ、スパロボ、ガンダムvsシリーズ
好きな漫画:野獣社員ツキシマ、キン肉マン
好きなアニメ:ゲゲゲの鬼太郎(3期)、ウテナ、エヴァ、ナディア、トップをねらえ!、イデオン、フルメタふもっふ
好きなアニソン:10years after、winners、夢色チェイサー
ゲーム以外の趣味:昼寝

東京大学ゲーム研究会OBですが、現在は同団体の活動には関わっておらず、個人での活動となっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。